まだ!僕の夢は魔物使いトーナメント


魔物使い、再び。

解説

あの魔物使いトナメが帰ってきた!今回も魔物使い15名が151匹の魔物の捕獲に挑む大会。
今回も前回にも増してカオスな面子が揃っている。今回は最初からMGMGシステムがあったり
ルールも少し変わったりしている。

ルール

  • 魔物使いキャラが順番に、ランダムセレクトで選ばれた魔物と戦う。勝つとその魔物を捕まえることができる。
  • 魔物使い同士の戦いになった場合、両者は「最も新しく捕まえた魔物」と組んでタッグバトルを行う。勝ち側は負け側の魔物を奪うことができる。
  • 同じ魔物は2回しか出現しない。
  • 6匹捕まえると決勝トーナメントに進出。決勝枠は8名。決勝は魔物同士の戦いとなり、魔物使いは戦わない。
  • AIレベルは基本的にMAX
  • 1本勝負、ライフ130%(前回は150%)、開幕ゲージMAX。

魔物使いがんばれマジがんばれシステム(略してMGMGシステム)

  • 敗北時 の残りタイム下1桁がMGMGポイントとして加算される。
  • MGMGポイントの数値がATKにプラス。
  • MGMGポイントの10倍の数値がデフォルトライフにプラス
  • 残りタイムの下1桁が0の時は0として計算。(前大会の時は10だった)
  • タイムが表示されない時は9として処理する。
  • キャラ毎のMGMGポイントの数値は各キャラの試合前に表示。

決勝ルール

  • 6匹の魔物をチーム戦(3匹)・タッグ戦(2匹)・シングル戦(1匹)に割りふり試合を行う。タッグ&シングルは2R先取制
  • 取ったラウンド数がチームの得点となる
  • タイムカウント999、チーム戦時の回復量調整
  • 能力デフォルト
  • 開幕ゲージMAX

最終トーナメント

  • 決勝リーグを抜けた4チームによる普通のトーナメント
  • 点数が高い方が勝利
※同点の場合は代表魔物を抽選王で1匹選出しシングル戦で勝った方が勝利
  • 魔物の割り振りは『決勝リーグで最も得点が多かった構成』で固定される
※その構成が複数あった場合は失点の少ないものを採用
それも複数なら先に組まれたものを採用

出場キャラクター

魔物使い側

+ ...

魔物側

+ ...

関連大会


コメント

+ ネタバレ注意


マイリスト