シュマゴラス


マーヴルコミックDr.ストレンジ』に登場するヴィラン(悪役)。
異なる次元より来訪した混沌の神*1。異次元を自由に移動する事が出来る。
遥か昔に地球を支配していた「Old Ones」(古きものども)の一柱で、地球を含む幾多の次元を支配した。
分類としては彼らはクラス3デーモン(異次元からの悪魔)で、当時は人類の祖先が主食だった。
人肉は臭いだのなんだのと言われる事が多いが、シュマゴラスにとっては結構美味しかったのかも知れない。
時間旅行者の魔術師Sise-Negによって地球より追放されるが、再び帰還し古代の地球を支配。
その後、3冊の魔道書によって封印されるが現代に蘇る。

見た者が恐ろしいと感じる様々な姿を見せるという能力を持っているため、決まった形を持たない不定形な存在だと思われがちだが、
上の図のように、緑色の目玉が付いた本体から数本の触手が生えているタコに似た姿が 真の姿 である。*2
全次元の生命体の根絶を狙っているらしいが動機は不明。性別も不明(てかあるのか)。
だがカプコンの担当スタッフはメスだと思っており、元ネタと思われる『クトゥルフ神話 邪神シュブ=ニグラス 女神である。

数ある格ゲーの原作付きキャラクターでは、ぶっちぎりの知名度の無さを誇っていたキャラ。
カプコンがゲームのプレイキャラとして採用したいという意向を伝えた際に、
マーヴルの担当者すらその存在を知らなかった という逸話を持つほど。
『MSH』発売当時、 「『Dr.ストレンジ』作中でシュマゴラスは3カット程度しか登場していない」 という逸話が有名になった。
…が、これは誤りで、実際には 「Dr.ストレンジとシュマゴラスが直接戦ったのは2回のみ(対峙したのも含めば3回)」 というのが正しい。
1回目はDr.ストレンジの魔術の師「エンシェント・ワン」の肉体を媒介に地球に侵入しようと目論み、精神世界でストレンジを圧倒するも、
「エンシェント・ワンを殺害し、進入経路を遮断する」という最終手段で阻まれている
(この事件で死亡したワンは、ストレンジに最高の魔術師「ソーサラー・スプリーム」の称号と力を譲り渡し、その後も何度か霊体として登場してストレンジを見守っている)。
2回目は遂にストレンジと本格的に対決し、死闘の果てに両者は実質的な相討ちとなる。まぁストレンジは速攻生き返ったけど。ずるいでシュ
…と、こんな感じで本人の出番は少ないながらも、その存在感はかなりのものである。
なお、本人が登場する前にも配下の怪物達や自身の信奉者を差し向けるなど、いかにも悪の大ボスっぽく暗躍してたりもする。
その後は回想シーンなどにちょくちょく姿を見せ、時にはファンタスティックフォーやニューアベンジャーズと戦ったりしている。
2018年には久々に『Dr.ストレンジ』本編に登場し、その強大な力を存分に見せ付けた。

流石に現在では完全に忘れ去られたキャラクターではなくなり、
(海外での最強スレみたいな)マーベルキャラ最強は誰か、アメコミキャラ最強は誰か、といった議論の場には上位常連キャラとして名が挙がる。
…まあ、相変わらずマーベル社内での認知度は低いんだけどな!*3

これで貴方もシュマゴラス博士でシュ


カプコンのゲーム作品におけるシュマゴラス


『MARVEL SUPER HEROES』に登場した事で国内外問わず知名度が急激に上がり、
MARVEL SUPER HEROES VS. STREET FIGHTER』以降の作品にまで登場する人気(?)キャラになった。
ちなみにゲーム内のストーリーでは、宇宙よりでっかくなって全宇宙を滅ぼしたり、
『MVS』のダルシムEDではダルシムとカレーを食べながら語り合ったりとやりたい放題である。
さすがは混沌の神、カオスであられる。
+ダルシムED
語尾に「シュ」を付けた所謂「でシュまシュ口調」で喋り、そのギャップが話題になったでシュ。
勿論これは日本だけの個性なのでシュ。…疲れる。
ただ、そういった喋り方や仕草・行動などに愛嬌があるとして、一部のファンからは「萌えキャラ」としても認識され、
専ら彼等からは「シュマたん」「シュマちゃん」と呼ばれている辺り、不思議な魅力を持っているようだ。

そもそも、シュマゴラスの外見は上述のように西欧諸国(地中海の辺り除く)において不吉の象徴として忌避されている「タコ」に、
同じく不吉の象徴である「単眼」を組み合わせたデザインのため、西欧諸国においては不気味なキャラクターとして認識されている。
原作のシュマゴラスはクトゥルフ的邪神のようなオーラを放出している邪悪なキャラクター(人類基準)なので、
ドーマムゥやメフィストのようなオカルト系スーパーヴィランと言った所か。ていうかマジで怖い。

一方、日本では「タコ」はポピュラーな食材かつユーモラスなイメージであるし、
単眼」のイメージも一つ目小僧などに代表されるようなどこか憎めない妖怪程度のため、
(国民的認知度を誇るこんなキャラもいるし)、
どちらかと言うとユーモラスなキャラクターとして認識されているようだ。
…というか、
  • 表情豊かな瞳 時々エロい
  • 特徴的な語尾(~でシュ/まシュ)
  • かわいらしい動作
  • 不遇の性能
と、格ゲーの萌えキャラに必要な要素が全て揃っている。
もう萌えキャラでいいんじゃないかな?
大体こんなに可愛いのに萌えキャラのテゴリじゃないのがおかしいんじゃないかな
ほらんよこのかわいさ
萌えるでしょ?
ね?

『MSH』での1Pカラーは紫色。どう見てもタコです、本当にありがとうございました。
本来は緑で、『MSH』での2Pカラーもそちらだったが、『MVS』以降は逆転してデフォの1Pカラーが緑・2Pが紫になった。
ちなみに原作のコミックでも初期は紫で、後に緑色になっていた。
一時期色が変わっていた理由は同じ緑色のハルクと被るからだとか。

そんなこんなでアメリカで彼の地位が向上したのかと思えばそういう事は無く、
2010年7月に発売されたマーブルキャラクター大辞典こと『MAEVEL ENCYCLOPEDIA』では、
関連キャラの項目に少々名前が出るだけで、キャラ項目が無いという省かれっぷり。まあ、当たりm(ry

しかし2011年2月17日発売の『MVC3』に参戦
人気キャラを出したいMARVEL側を新妻プロデューサーが「日本では人気」と説得して、DLCでこそあるものの参戦させた。

どうやら少なくともカプコンのスタッフに相当愛されているのは間違いないようである。
……いざ発売されて動かしてみると今までと比べどうもキモさが上がっているが何、気にすることはない
ボイスもこれまでのものと比べるとハイテンションかつ、何を喋ってるか分かりやすいものになっている。
英語の勝利ボイスは怖めな事を言っているが、勝利台詞では
反逆者のはずのドーマムゥに「カオスディメンション良いとこ一度はおいででシュ」とフレンドリーに話しかけたり、
アマテラスに「つぶらな瞳……君の瞳で乾杯でシュ」とアマ公の可愛さを讃えたり相変わらずほんわかなカオスぶりを発揮している
(ただし、よく読むと「君の瞳乾杯」であり、結構エグい事を言っている)。
なお、余談だが対デッドプールの勝利台詞から見るに、シュマちゃんも第四の壁の向こうを認識している模様。
が、シュマちゃん曰く「知ってはいけない次元でシュ。カオスというよりタブーでシュ」だそうで、意図的に無視しているらしい。
さすが混沌の神は格が違った。

4:24~ キャーシュマチャーン!

+…まではよかったのだ。…が!
『MVC3』のバージョンアップ『ULTIMATE』でシュマゴラスのアレンジコスチュームが用意されたのだが、
本当にシャレにならないレベルでキモくなってしまった。
もはやキモイを超えてグロテスク。蓮コラレベルである。
文字で解説するなら…単眼がチャームポイントだったのに、眼が増えた。10個ぐらい。肌の質感もパワーアップ。
このアレンジコスチュームが動画で出た瞬間、スレ住民は阿鼻叫喚。シュマゴラスが来たら問答無用で(対戦を)蹴るとまで言われてしまった。
+動画。俺のシュマ愛はそんなのに負けない!と言う人はどうぞ
まあ、設定上は「見た者が恐ろしいと感じる姿」を取れるはずなので、こういう姿がむしろ正解なのかもしれない。
欧米で本来の単眼シュマちゃんの姿が恐れられているのと同様に…。

ちなみに実はこの複眼アレンジにも元ネタがちゃんとあり「 クォゴス (Quoggoth)」というキャラクターの再現なのである。
このクォゴスはシュマゴラスに作られた存在で、シュマゴラスに反旗を翻したがシュマゴラスはクォゴスを殺せなかったので封印したらしい。
この名前でググればシュマゴラスと絡み合うシーンなど元のイラストも見付ける事が出来る。
+画像:クォゴス VS シュマゴラス。一応閲覧注意


後にPS3とXBOX360では2013年12月頃に、Vitaでは2014年6月一杯に公式のダウンロードコンテンツ配信が終了され、
公式サイトも消滅し新規の方がシュマ達を手に入れる事は完全に不可能となってしまった時期もあったが、
2016年12月~翌年3月にかけて発売・配信されたPS4とXBOX ONE、PC版では最初から他のすべてのDLCと合わせて同梱され、再び日の目を見ている。

+能力
日本におけるマイナーさから、能力がよく知られていない彼は「凄く強い」というのが共通認識だが、それは確かに間違ってない。

シュマゴラスは自らの生まれた次元においては事実上の全能であるようだ。
悪魔である為に、彼もやはり他者からエネルギーを摂取しなければならない。
たとえ他次元であろうと強力な事には変わりなく、ブラストはもちろん惑星規模で魔力を使用する事も可能。
他にも次元を越えて他者とテレパシーで交信、あるいはコントロールする力を持つ。
魔術師達の執拗な妨害のせいか地球の次元に侵入するのは、彼ですら困難のようだが。
破壊力の高い攻撃で損傷を受けても再構築する事が出来るし、「もしかしたら不滅ではないか」という設定も存在する。
非常に邪悪な存在である「シュマゴラス」の名はあらゆる次元の黒魔術使い達に知られているらしく、そっちの業界では有名人なのだろう。
海外のマーベルユニバース最○スレではなんとギャラクタスより上位にランクインしている。恐らく自分の次元内でのスペックで参戦しているのだろう。

ゲームに登場するシュマゴラスの強さが常識的な範囲に収まっているのは、
おそらく低次元に位置する地球に来ているためその能力が制限されているからと考えられる。
このあたりは、パイロンなんかに近いかもしれない。

+MVC3のED

「こんな状況を説明するのにちょうど良い人間どもの格言があるでシュ。『倒せないなら同化せよ』」


地球を征服に来た筈がギャラクタスを倒し、世界を救ってしまい救世主として新聞に載ってしまったシュマゴラス。
そんな彼はなんと地球の日本でクイズ番組の司会者をつとめていた。(しかも番組名が『シュマってポン!』という冠番組持ち)
なにやってるんだアンタ。でも世界を救ったヒーローがクイズ番組の司会者ってだいぶ落ちぶれてないですかね

「どうも、司会のシュマゴラスでシュ。1問目は恒例の、108択クイズからでシュ。 」



原作での性能

ゲーム中の主な戦法は飛び道具「ミスティックステア」で牽制しながら姿勢の低くなるダッシュで接近し、
小技から投げ判定持続時間が長いコマンド投げ「ディバイタリゼーション」を重ねつつゲージを溜め、
ハイパーコンボの「カオスディメンション」を狙うというもの。
作品を重ねるごとに「ミスティックステア」の性能が変わっているが、狙い所は一緒。
ちなみに、「ディバイタリゼーション」は『MVC2』だと当ててもレバガチャでノーダメージで抜け出され、
更に抜け出されても出したシュマは成功後の決めポーズをとっているので反確という、完全に死に技になっている。

「カオスディメンション」は発動すると中段攻撃判定を伴って光った後、一定時間内に相手を掴むと技が成功し、
大ダメージを与えるという投げ技のようなもの。発動時の打撃をあて浮かせた所を掴むのが常套手段。
実はこの「カオスディメンション」、仰け反ってたりガード硬直中の相手も掴む事が出来るので、
発動した後相手に小技をガードさせ硬直中の相手を掴むという荒業も可能。言うまでもなくガードされなくても掴める。
所轄ガード不能の打撃投げ属性技であり、相手が地上にいようが空中にいようがお構いなしに捕獲でき、
さらには技後ダウン中の相手にそこから追い討ちが掛けられる(『MSH VS.SF』のみ不可で、『MSH』および『MVC2』は可能)という、
非常に高性能な技である。
そのためかどうかはわからないが、初登場『MSH』ではゲージストックが1本しか持つ事が出来なかったり、
以降の作品ではLV3専用ハイパーコンボだったりと、シュマゴラスを象徴する超必殺技である事は確定的に明らかである。
ついでにマグニートーのフォースフィールドも、『マーヴルスーパーヒーローズ』では無視して掴めていた。
あと、この技は相手を異空間に送り込んでるらしいが、高い高いしてるだけにしか見えな(ry

他には、ハイパーコンボ「ハイパーミスティックシュマッシュ」などがある事はあるが、
3ゲージ使うだけあって威力が段違いな「カオスディメンション」の方が狙い所もあるため若干影は薄くなっている。
ケズリには使えるけど。また『MVS』では「カオススプリット」という分身技もあった。

ちなみに、シュマゴラスのキック投げは相手の体力を吸い取り、回復するというものであるが、
この体力吸引投げ、 相手に触手を絡め何かを吸い取る というもので、当時女性キャラにかける男性プレイヤーが後を絶たなかったらしい。

『MVC3』でも基本的には変わらず、うねうねした挙動と飛び道具で奇襲するテクニカルなキャラクターという位置づけ。
上から降ってくるめくり技は優秀で、中段下段ともに高速でありコマ投げも完備と崩しに不足はないが、
遠距離戦になると独特の飛び道具が独特過ぎてダメージを取り辛いためやや苦手。
また、ハイパーコンボはクセが強くダメージが安定しづらい上にコンボ難易度も比較的高い。
ミスティックステアを用いたコンボ延長で火力自体はかなり高いのだが…
そして何より絶望的なのが機動力。
ワープも空ダもなく空中戦が非常に苦手な上、地上ダッシュの初速がなぜかぶっちぎりで遅いためウェーブダッシュが機能し辛く、
間合いを詰めるのに兎に角苦労するキャラ。触ってもコンボムズいけど。
またさらに、3対3のキャラが飛び交い展開が目まぐるしく変化する本作で珍しくタメ技を2つ持つ。
もちろん慣れが必要で、これも使いづらさに拍車をかける。
海外評価が日本より段違いに低くなっているのは本体立ち回りの辛さが原因である。
でもレイレイナルホド並みの評価ってのはちょっと辛すぎやしませんかね?

アシストとして見た場合、
新技「ミスティックレイ」が発生は遅いものの下から上へなめ上げるような軌道でビームを撃つという、ほぼ全画面にわたるすさまじいカバー範囲を誇る。
これをアシストとして選んだ場合相手は空中行動を極端に制限され、地上でも回避は困難とかなり凶悪な技と化す。
基本的には「シュマゴラスを選ぶ」という事はこのミスティックレイアシを目当てとして選択する、という事になる。
単体でも崩せるため、先鋒よりは中堅、大将向きのキャラクター。
ただし前述のとおり触る機会に乏しいため、立ち回り系アシストを2つ付けて補うというのも手ではある。
特にドーマムゥとの原作コンビは、
他のキャラでは使いづらいドーマムゥアシによるダウン拾いからのコンボルートがあるため立ち回りも火力もグッと強化されておススメ。
ドーマムゥとしてもビームアシ系の使い勝手であるミスティックレイアシは使いやすい事だし。
総じて、近距離戦は得意だがそこまでたどり着くのが大変なキャラである。


余談だが、レベル3HCになったカオスディメンションは連打で大きくダメージが伸びるのだが、適用されるのは地上版のみ。
空中版はレベル3HCとしては最低クラスのダメージであるため注意。


MUGENにおけるシュマゴラス

MUGENではSludge氏やkong氏のものがニコニコ以前から公開されている。
kong氏のものはいくつかのオリジナル技の他、AIも入っており中々強い。
また、「カオスディメンション」は威力が大幅に低下した代わりに1ゲージ技となっている。
天井の低いステージだとエリアルコンボに組み込み当ててもダメージが与えられず解放されてしまう事も。

それらに加えて、ゴマ氏がSludge氏製のシュマゴラスを改変したものが存在。
搭載されているAIも優秀で、タッグ戦では「もやっとボール」こと、「Clone Shower」「Clone Call」の連発で抜群の制圧力を発揮してくれる。
何気にブリス対応。また2012年6月に久しぶりの更新が入り、ボイスをMVC3仕様に変更出来るようになった。
詳しくは下記動画で。
2012年には11月には影縫氏によって、このシュマゴラスに対応した改変パッチが公開されている。

ブラックハートオメガレッド等を製作したCyanide氏によるシュマゴラスも公開されている、こちらはMUGEN1.0専用。
6ボタン式である事や音声など、基本は『MVSF』以前の物に近いが、『MVC3』のハイパーミスティックレイが追加されており、
ビームで前方を薙ぎ払うモーションもきっちり描き足されている。

また、にんにく氏によって神キャラ改変されたアザトースというキャラも存在している。
元ネタはクトゥルフ神話に登場する盲目白痴の最強の邪神、「アザトース」。
魔王と呼ばれる事もある。ヨグ=ソトースやナイアルラトホテップ等を生み出したと言われている。

この他、シュマゴラスを改変して作られたあるキャラが存在している。演出がかなりスプラッタ。
気色悪いSEで、サイコクラッシャーなんかも使えたりするが、火力に乏しいのがツラい。
ちなみにこれが本来の沙y……ああ!窓に!窓に!!


ニコニコMUGENでは登場する度にキャーシュマチャーンといった声援が付くほど大人気である。
ストーリー動画での扱いも、萌えキャラ・美少女然とした配役が多い。
……が、たまに混沌の神らしいカリスマを発揮する事も?


「お前にはシュマゴラスがどんな形に見えたでシュか?」



出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
凍結
更新停止中
【Azathoth】

出演ストーリー

+一覧
DIOの喫茶店
Drえーりん診療所
K&K
MUGEN'S EVERYDAY'S(シュマちゃんグッズ)
MUGEN STORIES INFINITY
MUGEN学園カラス部
MUGENの銃士
~Restaurant Dolls~(羨ましくないハーレム構成要員)
Reverse Night(料理?)
Transfer Avengers
your name is my name!
イングリッドの愉しい学園生活
狼は安らかに眠れない!
温泉女王と温泉に(第五話)
風と星の夜話(カリシュマ)
狩リー屋ドノヴァン繁盛記
クロス・イン・ワンダーランド~夢幻武闘劇~(主催、男性人格)
この世界の片隅で(改変)
ジャギ学熱血青春日記
紳士先生オズわ!
紳士と少女
大闘領 -Sengoku Legend of the Gainers-(無限戦記枠)
月宮あゆの幸せな毎日。(かませ)
てんこちゃん愛してる!
なこるる茶屋
はい、○人組作って運動会
はたらけアイスマン
パチュリー・ノーレッジは静かに暮らしたい
彼岸日和(ただし外見はこれ
ヒナナイの剣
宝石少女とツギハギのカミサマ
無限坂グーニーズ(CV池田秀一)
無限戦記
無限のウォルターク
無限の果てに。
もえるく。
女神異聞録アルカナ
香霖堂夜想曲

その他



     ヽヽソノ
    ~\)ソ(/~
  ~~(.<@>.)~~
      )ハ(
     ノノハヽ、


*1
日本では「異界の次元カオスディメンションを支配する神」と紹介される事が多いが、
実は「カオスディメンション」なる次元は原作には存在しない。
どうやらこれは、『MSH』での同名のハイパーコンボと専用ステージ名から来る誤解が、いつしか固有名詞として定着してしまったものであるらしい。
本来のシュマちゃんは数百の次元を統べるすごいお方でシュ。

*2
シュマゴラス自身は「見た者が恐ろしいと感じるネガティブな姿の 幻影 」を見せるという能力を持っており、
実際、ストレンジの前にも巨大な顔の幻影の姿として現れたことがあるのだが、
その後、作中初めてご本人がお馴染みタコ型の姿でストレンジと直接対峙した際に「これが 真の姿 」であると明言している。
つまり様々な姿を取るというのはあくまでも幻影についての設定に過ぎず、本来の姿は例のタコ型であるというのが正しい。

しかしその後、『MSH』開発時にカプコンがマーべル側に設定の詳細を確認した際、
決まった形を持たず 、見た者が恐ろしいと感じる姿を取るキャラクターである」と説明されたとの事。
これにより「シュマゴラス本体の姿そのものが不定形である」という誤解が広まってしまうことになった。
さらにここから尾ひれがついて「ストレンジやエンシェント・ワンが タコ嫌い だったからこの姿になった」等といった、
ストレンジ達に対して妙な捏造設定が飛び火してしまう風評被害が一部で囁かれてしまう事態にも……
(ちなみにアメリカ圏ではタコやイカと言った多足の軟体動物、及び単眼を気味悪がる人が多い)。
『MSH』のゲーム中でも「お前にはシュマゴラスがどんな形に見えたでシュか?」という勝ち台詞が使われているが、
これに関しては(不定形と説明されて誤解した状態で制作されたとは言え)一応は幻影についての事と取れなくもない。

作中での出番が少なく、一応(幻影だが)上記のように「ストレンジが恐ろしいと思う姿」で現れたことは確かなので、
その辺りを先方のスタッフが誤解したのかも知れない。ぶっちゃけ先方がシュマちゃんの設定どころか存在を忘れてたから
ま、まぁ設定がコロコロ変わるなんてアメコミでは良くある事なので仕方ない。

*3
「ねとらぼ」が「マーベル社の人にシュマゴラスがあまり知られていないというのは本当なのか」という噂を実証するため、
2017年に六本木ヒルズで開催された「マーベル展」にて、
ねとらぼ記者が来日したマーベル・コミック編集長であり副社長のC.B.セブルスキー氏に、
「シュマゴラスを知っているか」をインタビューした所…

まず通訳の人に「シュマ?なんですか?シュマゴラス? それはマーベルのキャラですか? 」と訝しまれ、
さらにセブルスキー氏本人も……
なんと知らなかった。
シュマちゃん、君は泣いていい。

+一応……
その後、同じく来日していたマーベル社の重役トム・ブリーヴォート氏に尋ねることを勧められ、
ブリーヴォート氏にインタビューしてみると…
シュマゴラスじゃないか!ドクター・ストレンジに登場するヴィランだね
と、満面の笑みで答えてくれた模様。よかったねシュマちゃん!

なお、このトムさんはマーベル社の中で最もキャラクターに詳しい役員だそうで、
マイナーキャラのシュマちゃんのこともきちんと把握していたようだ。流石。

しかし流石のトムさんも、
「日本の格ゲーファンには『シュマちゃん』と呼ばれており、人気がある」と伝えられた所、
へぇ~ 」という反応で、日本でのコアな人気についてはさすがに知らなかったようである。