ピシャーチャ


「ぐおぅ…うおぁ…あぁあ!」

ピシャーチャとは

ピシャーチャ(Piśāca)とは、インド神話における食人鬼(グール)の1種である。しかし、その正体は媒体によって様々な解釈がある。
①凶悪な犯罪を犯した者が神の呪いによって悪霊に変化させられたもの。『ブリハット・カター』のカーナブーティ等。
②悪鬼の母であるクローダヴァサー(怒り)によって生まれたもの。ちなみにピシャーチャの女性形はピシャーチー(Pisaci)。
③単に「悪鬼」という意味を示す単語。叙事詩に出てくる場合はだいたいこれ。
④持国天の従者。仏典では「畢舎遮(びしゃしゃ)」、「毘舎遮」などと音写され、持国天に仕えている。
おそらく一番メジャーな設定は①である。

恐ろしい、化け物じみた姿をしているともされているが、変幻自在であり、確かな事は解らない。
化けられるだけでなく、人の口に入ることで取り憑くこともできる。あくびをするときには口を覆うか、指を鳴らして悪魔よけしないと取り憑かれるという。
世界最古の医学書「アタルヴァ・ヴェーダ」にも人にとり憑いたピシャーチャを追い出す為の薬草やマントラ(呪文)が記されている。

夕暮ごろからブータ、ヴェータラ、ヤクシャなどの悪魔とともに火葬場に現れ、墓所を荒らして埋葬された者の死肉を食い散らかす。
その姿を見ただけで9ヶ月以内に命を落とすらしいのでとても厄介。
生きた人間や家畜・植物も襲い生気や血を吸うこともある。また、地味な能力として人間に腹痛を起こさせる術を使う。
持国天に仕えている方のピシャーチャは、召喚すると傷を治したり、財宝をもたらしたりしてくれるらしい。

神の呪いによってピシャーチャになってしまうと、
それによって起こる空腹感はどんなに死肉を貪り喰おうが満たされる事はなく、
巨大に発達した両指の爪は死肉を口元へ運ぶことを困難にし、
裂けた下顎は、死肉に噛み付く事が出来ても決して咀嚼する事は出来ず、
喉元から腹部まで大きく裂けた胴体には内臓がない為に噛み付いた死肉を腹に溜める事すら出来ないという苦しみが永遠に続く。
メガテンのピシャーチャのデザインはこの記述が元になっていると思われる。

こんな感じでピシャーチャ本人も周りの人々もひどい目に合うという誰も得しない悪霊である。
おそらくはピシャーチャという存在は、伝染病に対する恐怖や戒めを具現化したものだろう。
皆も外から帰ったらちゃんとうがいと手洗いをしようね!

女神転生シリーズのピシャーチャ


初出作品はファミコンの「女神転生Ⅱ」である。
出自からして悪鬼邪霊の類である為か、種族は「悪霊」や「幽鬼」など大属性“DARK”悪魔の常連として登場している。
「女神転生Ⅱ」「真・女神転生」の頃は、序盤に大量出現する雑魚悪魔ぐらいの扱いであり、
グラフィックも同族悪魔であるグールやコープスの色違いでしかなく、殆ど名前を覚えられることさえ無かった。(`ェ´)ピシャー

だが「真・女神転生デビルサマナー」でボス悪魔(ただしかませ犬扱い)として固有グラフィックを獲得してからは次第に存在感を強めていった。
真・女神転生ⅢでHP・MPを吸収する万能属性スキル『吸血』を敵味方いずれにおいても実装。
更に真・女神転生ⅢNOCTURNEマニアクスクロニクルエディションでは、
トラフーリ/エストマ/リベラマ/リフトマ/ライトマ/宝探し/見覚えの成長といった探索に役立つスキルを網羅したお得なピシャーチャが15000マッカで売られており、
旅のお供にピシャーチャ・一家に一台ピシャーチャという感じで連れ歩いてもらえることが多くなった。

「真・女神転生 STRANGE JOURNEY」では高確率で対象を爆弾化するスキル『バイツァ・ダスト』を所持していた。
爆弾化率は80%と高く、爆弾化した時に攻撃を受けると爆発し本人は死亡。更に本人のHPぶんのダメージをそいつの仲魔に与えるという凶悪な能力である。
瞬殺され驚愕したプレイヤーも多く、いざピシャーチャを仲魔にしてみたらバイツァ・ダストは敵専用スキルでこっちは使用できないという事実にまた驚愕することとなる。

こうして今ではピシャーチャはなかなかの難敵としての存在感を発揮しており、
twitterにもピシャーチャのbotが存在するくらい、ピシャーチャー達に愛されている(?)。


MUGENにおけるピシャーチャ

MUGENでの悪魔キャラ召喚に定評のある、つきむ氏の作成した手描きのピシャーチャが存在する。
悪霊らしい不気味な挙動の攻撃と、様々な魔法で戦う。
体力とゲージを吸う投げ技「吸血」や、0.5ゲージ消費のくらい抜け「トラフーリ」の強さが光るが、
ランダム効果の「宝探し」や自分も大ダメージを受ける「特攻」など安定しない技も多い。
ちなみにダカダカ勢である。
ちゃんこ氏によるAIがOneDriveで公開されている。

+ 基本操作
+ 通常技
+ 必殺技・超必殺技



出場大会


出演ストーリ-