ストーム1


『誰か…誰かが戦っている…誰かはわからない、どうぞ』

『俺は見たぞ、ストーム1だ!ストーム1が戦っている!たった一人で…!』

サンドロット開発・D3パブリッシャー発売の3Dアクションシューティングゲーム『地球防衛軍3』の主人公。
地球防衛軍(以下EDF)遊撃部隊ストームチームのリーダー。読みは「 ストーム・ワン 」。彼女とは無関係。
(3のEDFには他に突撃部隊のレンジャーチームや偵察部隊のスカウトチームなどがおり、作中ではレンジャー2やスカウト4が活躍)
兵種は従来のシリーズで言うところの陸戦兵で、主に実弾系の火器を使いこなす。
1とXbox360版3は陸戦兵のみだが、2と3PORTABLEではペイルウイングというエネルギー武器と飛行ユニットで武装した特殊兵士が存在する。
4ではペイルウイング相当のウイングダイバーと言う兵種に加え、設置武器メインで乗り物や航空支援を扱うエアレイダーという兵種と
両腕にそれぞれ2つの装備ができ、ハンマーやパイルバンカーが主力のパワーフレームで身を固めた兵種・フェンサーが登場。

そのレパートリーはアサルトライフルやロケットランチャーなどの標準的な武器に、
特大の長射程ミサイルや艦砲射撃並みの威力を誇る超スナイパーライフルといった強力な武器から、
火炎放射器や設置してボタンで起爆するC型爆弾・設置する銃のセントリーガンや指向性地雷のインパルスなどの特殊兵器、
果ては重すぎて遠くに投げられず自爆するグレネードや頼りない炎を出すバーナーといったネタ武器まで何でもござれ。
そのうえ訓練によって様々な戦闘車輌を使いこなす技量も持っている。
操縦できるのは最新鋭エアバイク、 自走砲 戦車、ヘリコプター、二足歩行ロボット。
特にエアバイクとロボット「ベガルタ」は高難易度の生命線になるほど。 難易度にあわせて戦車とヘリもパワーアップすればいいのに
さらに地上では緊急回避を利用することでかなりの速度で移動できる。
これは『3』作中においてはEDF隊員の中でも彼のみが使える能力である。
その能力はプレイヤーの操作のウデ次第ではあるものの、一人で多数のフォーリナー(侵略者)を相手取っても
逆に全滅させられるほどの高い戦闘力を引き出すことも可能なポテンシャルを持つ。

上記以外の設定は存在せず台詞も一言も発しない、プレイヤーの分身とも言うべきキャラクター。
『ストーム1』という呼称もそのままストームチームのリーダーを意味するコールサインなのでとことん没個性である。
ただ、ポリゴンモデルの顔は旧作に比べると割と細かく書き込まれておりバイザーから透けて見える。
透けて見える顔は一昔前の特撮の主人公のような凛々しい顔である。

+ 味方からの扱い
+ 『地球防衛軍4』でのストーム1


ニコニコにおけるストーム1

やはり「 おじいちゃんの地球防衛軍3 」が最も有名だろう。
最終ステージの熱い展開、XBOX360の音楽再生機能を使った場面にぴったりの曲、
更にプレイヤーが高齢のおじいちゃん(うp主の祖父。ボケ防止にゲームを始めて以来ヘビーな領域に踏み込んでいったとか)
ということもあって、『伝説の老兵』としてβ時代の英雄として語られていた。
…が、2010年12月28日、使っていた曲が違反していたとして150万再生を前に本家動画は消されてしまった。
しかし有志によって再うpされている。
なお、おじいちゃんは普段はあまり使われない、対空地雷「Y11対空インパルス」を愛用している。

地球の命運はたった一人のおじいちゃんの手に委ねられた。 こちらは投コメ字幕つき動画。

この動画に影響を受けた動画も多数存在し、また元々縛りなどやりこみ要素が強い作風であることから
ニコニコでは数多くのプレイ動画が投稿されている。
その他、『 ニコニコRPG 』などのニコニコ動画を題材としたクロスオーバー作品にも出演を果たしており、
上記動画のイメージを引き継いだ“伝説の老兵”としての設定で姿が描かれるケースが多い。

またこの他にも通称「ベガルターの人」が制作した『蒼き流星SPTレイズナー』風のダイジェストMADなどもある。
注意:こういうゲームではありません。

+ ちなみに


MUGENにおけるストーム1

+ way-oh氏製作
+ medesu氏製作

出場大会


『ストーム1は、たった一人でマザーシップと交戦中。
繰り返します。ストーム1は、マザーシップと交戦中!』



添付ファイル