弾幕 Fighting Championship


解説

弾幕グランプリNewシリーズ。通称弾幕FC
今大会は、タイトルマッチを含むワンマッチ形式。
シングルはライト級、無差別級と新たにハード級を新設。
ハード級はライトと無差別の間、強~凶下位あたり。
タッグ戦線では、シングルで思うように勝てないキャラが意外な活躍を見せたり。
AIは基本超反応一歩手前、タッグはLIEF設定170%

無差別級、ライト級の王者は弾幕グランプリHARD、タッグの王者は 弾幕タッググランプリ の優勝者が初代王者となる。
新設されたハード級は、初代ヘビー級王座トーナメントを行い決める。
戦績優秀な者が王座挑戦権を獲得。
通常は2本先取だが王座戦は3本先取となる。

対戦カード発表後、3つの動画に分けて試合を消化。
有名所からややマイナーなキャラまで幅広く取り扱っているのと、11回に渡る大会の中で形成された歴史が大きな魅力。
だからこっちを見てないとネタバレするかも。
絶対王者のあいつを、破ることはできるのか……!?


出場キャラクター

並べ方は初代王者以降、今大会試合出場順

無差別級

+ ...

ハード級

+ ...

ライト級

+ ...

タッグ

+ ...

関連大会


コメント

  • 記事作成乙です -- 名無しさん (2011-04-15 07:24:00)
名前:
コメント:



マイリスト