ソーナンス


「ソォォォオオオオオナンッス!!!」

『ポケットモンスター』シリーズに登場するモンスターの一種。初出は第2世代『金・銀』。
水色の身体と帯状の長い手、真っ黒で目のようなものがついた尻尾、そして「> <」な表情が特徴(常にこの顔)。
光が嫌いで洞窟など暗い所を好んで住み、性質はおとなしく自分から攻撃してくることはない。
しかし尻尾に危機が迫ると体を大きく膨らませて反撃してくる。
理由はわかっていないが、ソーナンスにとって尻尾はよほど大事なものなのかもしれない。
また、図鑑に書かれている特徴がゲーム中の性能にも反映されているという数少ないポケモンである。

初登場時は技が4つしかなかったが、第3世代で進化前のソーナノが登場し、この時にのみ覚えられる技を合わせて7つに増えている。

データ

タイプ:エスパー
分類:がまんポケモン
高さ:1.3m
重さ:28.5kg
特性:かげふみ(相手はポケモンをチェンジしたり逃げる行為ができなくなる)
夢特性:テレパシー(味方が使用した、味方を巻き込む全体攻撃わざを回避する)

種族値

HP:190
こうげき:33
ぼうぎょ:58
とくこう:33
とくぼう:58
すばやさ:33

並以下の攻撃性能と桁外れに高いHP(ハピナス、ラッキーに次ぐ3位)が特徴。

しかしそんなことより、あまりにもピーキーすぎる性能のほうが目をひく。
  • 自分から能動的に攻撃できる技がない。こうげきはラッキー、ハピナスより高いが、直前に受けたダメージを倍返しする反撃技しか攻撃方法がなく、まともに攻撃できる技がわるあがきしか無い。とくこうに至っては完全に死にステ。
  • 特性「かげふみ」の効果によって相手のポケモンは交代ができなくなる。(ただし一部の技やアイテムにより解除可能)
実戦では、対物理の「カウンター」か対特殊の「ミラーコート」で反撃したり、相手に同じ技を出させ続ける「アンコール」で縛ったり、
自分が瀕死になったとき相手を道連れにして倒す「みちづれ」を使うなど、自身の身を削るかなり変わった戦い方になる。

ポケモンはシステムの仕様上、育成時に物理技の威力を司る「こうげき」と特殊技の威力に関わる「とくこう」のうち
どちらか片方のステータスを選択して伸ばし対応する技を覚えさせるのがプレイヤーの間では基本となっており、
ポケモンの種類によってはどちらに特化させたほうが有利なのか明確な型が決まっているものも多い。
このような型がはっきりしたポケモン相手ならば、ソーナンスは特性「かげふみ」と「アンコール」で交代と補助技を封じて攻撃を強制し、
高いHPで攻撃を受け切って反射技で一方的に沈める戦法を取ることができる。
もちろん物理で来るか特殊で来るか判然としない所謂「両刀型」のポケモンや反射不可能な技を使うポケモンもいるため、
かなりの知識と読みが要求される玄人向けのポケモンといえる。
なお、「カウンター」はゴーストタイプにはダメージを与えられず、「ミラーコート」もあくタイプに対し無効であるため、特殊型の悪物理型のゴーストのような相性の悪い相手には
とことんなす術がないという弱点がある。
特にあく・ゴーストタイプを併せ持ったヤミラミ・ミカルゲが相手だと「みちづれ」しか相手を倒す手段がなくなってしまう。
ちなみにソーナンスの分類は「がまんポケモン」だが、どんなタイプにも無効化されない反射技「がまん」を覚えることができない。

+ 一部のバージョンでソーナンス同士がかち合ってしまうと…

余談だが第4世代以降のグラフィックだと♀のソーナンスには口紅の様な赤い模様がついている。

+ アニメ版のソーナンス

大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズではモンスターボールから出現する一体として登場。
攻撃を加えられると勢いよく左右に振れてカウンターで反撃し、敵味方問わず接触した相手を吹っ飛ばす。
アニメ版、及びスマブラでの声優はタケシと同じうえだゆうじ氏が担当している。


MUGENにおけるソーナンス

ニート運送氏により製作されたものが存在する。
原作通りカウンター技中心の戦いをする。
なお、当て身と言っても効果時間中に対応した攻撃を受けると極小ダメージを受け、攻撃をするといった
mugenのステートを奪いダメージを無効化する当て身とは違う。連続ヒットするマスパなどの当て身に成功すると
火力がエグくなるが削り殺される場合もあるので注意。
一応カウンター以外の攻撃もあるがダメージ無し(敵体力が満タンなら1)、
しかしこれらには相手を特殊な状態にする効果がある。
勝つには当て身を決め続けなければならず、うまくいかないとジリ貧になりがちではあるが
相手の行動を制限できる「かげふみ」とライフを回復出来る「たべのこし」があるので粘っていこう。
また、直前に出した相手の始動技を使用させる「アンコール」は直前の始動技ならゲージ技だろうが条件があろうが特殊ゲージなども無視して問答無用で使わせる便利な技。他にも、AIは自重気味である、頭の上に設置しもう一度ボタンを押し続けると相手に当たるまで高速追尾する「しんぴのまもり」は
喰らい中にも出せるのでコンボ中断にも使えると、中々
さらに、援軍として進化前のソーナノを呼ぶ事が出来る。こいつもやることは当て身。
デフォでAIもあり、なかなか強い。

出場大会




添付ファイル