ツヴァイザーゲイン

「ツヴァイよ、共に阿修羅となろうぞ…」

バンプレストの『スーパーロボット大戦』シリーズに登場する、ゲームオリジナルのロボット。形式番号EG-XX。
初出は『スーパーロボット大戦A(以下A)』。同作の5機の主人公機の一機『ソウルゲイン』の二号機(テスト用予備機)のカスタム機で、ラスボスを務める。略称は「ツヴァイ」。

ソウルゲインに、剣撃タイプの主人公機『ヴァイサーガ』の要素も取り入れ、さらにEOT(未知の技術)も組み込まれ、
その性能とバランスはソウルゲインを凌駕する。
攻撃も上記の二機と似通ってるのが多いが、「ツヴァイ」(独語で2の意味)の名のとおり
2体、もしくはそれ以上に分身しての兵装ばかりで、分身してロケットパンチを繰り出す『残像玄武弾』、
また分身して剣で敵を切り刻む『闇刃閃』、これまた分身し敵に乱舞攻撃を仕掛ける『麒麟・極』などがある。

操縦方法は普通のコックピット式であるヴァイサーガとは違い、ソウルゲインと同じ
ダイレクト・アクション・リンク・システム』と『ダイレクト・フィードバック・システム』が採用されている。
また、ソウルゲインと互換性もあり、アニメ『ジ・インスぺクター』では実際にソウルゲインがツヴァイザーゲインの腕を使用していた。
『スーパーロボット大戦OG(以下OG)』では、ソウルゲインの『マスタッシュマン』のように連邦からは『ホーンドマン(直訳で角男)』というコードネームで呼称される。

最大の特徴は、秘密裏にツヴァイに導入されている『次元転移装置(OGではシステムXN)』であり、
ツヴァイザーゲインがあれば大部隊を空間転移させたり、次元を超えて転移することも可能である。
また、この装置を利用して空間ごと吹き飛ばす『次元転移弾』という爆弾として使う事もできる。
次元転移弾は半径50kmを消滅させる威力を持ち、Aのラストでは主人公はこれを使って
アクシズを落下軌道からそらしたのである。
しかし、OGではこの次元転移装置は完全ではなく、完全に起動させるにはあるパーツが必要となっている。

+ ゲーム内での実力は
+ アニメでの扱いは

+ 操縦者について



MUGENにおけるツヴァイザーゲイン

無虚氏によるOGSスプライトを使用したものが公開されている
原作技は大体搭載されており、さらにゲージ無し版としてソウルゲインの青龍鱗や玄武剛弾も使える。
2ゲージ版の『闇刃閃』、3ゲージ版の『麒麟・極』等は初段をヒットさせると敵をロックする。分身もし、ゲームのアニメーションもしっかり再現されている。
『麒麟・極』使用後は数秒間スーパーアーマーと攻撃力上昇も付加される。11P、12Pでは原作同様ライフの自動回復も付加。
AIは標準搭載されている。

出場大会




添付ファイル