ヴァイサーガ

「これぞ、奥義・光刃閃…!」

バンプレストの『スーパーロボット大戦』シリーズに登場する、ゲームオリジナルのロボット。形式番号VR-02。
初出は『スーパーロボット大戦A(以下A)』。同作の5機の主人公機の一機である。
パイロットは同作の主人公アクセル・アルマー、もしくはラミア・ラヴレス。

拳と肘(とエネルギー的な物)のみで戦うソウルゲインとは正反対に、手持ちの武器を使い技で戦う特機。
武器は、手投げ用の燃えあがる苦無「烈火刃」、腕部に装備されている鉤爪「水流爪牙」、
そして、本機の主武装であるロボット用の長剣「五大剣」を使った技「風刃閃」や「奥義・光刃閃」等を用いて戦う。
また背中に纏っているマントは、敵攻撃を防ぐこともできるくらい頑丈で、シールドとして使う事が出来る。
他の特機に比べ、装甲は若干薄いが、それを補えるほどの加速・運動性能を持ち、分身による回避も可能となっている。

操縦形式はソウルゲインとは違い普通のコックピット式だが、システムに「ダイレクト・フィードバック・システム」は搭載されており、
機体の追従性はソウルゲインに劣るが、最大加速は遙かに上回る。

また、『スパロボ64』に登場する「ヴァイローズ」と設定や見た目が似通っているため、
何か関連性があるのではないかと言われているが、現在のところは不明である。
ちなみにヴァイローズは足技主体の格闘戦機体であり、性能的にはあまり似ていない。

+ ゲーム内の強さ
+ アニメでの扱いは

+ 操縦者について


MUGENにおけるヴァイサーガ

R-2を製作したZ.A.I.氏によるOGSスプライトを使用したものが公開されている。
パイロットはラミア・ラヴレスで、ボイスやカットインに彼女のものが使われている。
武器は原作で使用した物が搭載されているのに加え、AでのモーションとGBA版OG2でのモーション、そしてOGsでのモーションを再現したものがそれぞれ別の技として存在している。
まず、「水流爪牙」は地上で放つとOG2の動き、空中からだとAでの動きになり、1ゲージを消費する技ではOGsのような回転するような動きとなる。
「風刃閃」と「光刃閃」はどちらもOG2風の方が消費ゲージが少なく、A風の方は発生が遅い分ガード不能の一撃を浴びせる技となっている。
もちろん光刃閃の方が上位の技のため、ゲージ消費と威力が風刃閃よりも高く設定されている。
原作通り運動性はやや高めで上記の剣技が強力な他、飛び道具として「烈火刃」と「地斬疾空刀」も搭載されているため、
技のバランスも良い。また、更新されてカットインが入るようになった。 原作通りよく揺れる。

リュウセイ氏のAIが公開されている。
また、このAIを搭載すると12Pカラーが追加され、
常時低ダメージ・攻撃判定拡大・スーパーアーマー追加等という強化カラーとなっている。使用する際は注意しよう。

2014年12月26日の更新よりデフォルトAI、技、および投げが追加された。
「五大剣」は切り上げのみの技だが、ジャンプでキャンセルが可能なため空中で追い討ちが可能。
空中で出すことも出来、こちらはモーションが変化する。
「見切り」は当て身技。成功すると一閃して反対側に抜けるので画面端からの脱出にも使える。
「分身」は1ゲージ消費のガードキャンセル技。成功すると相手の後ろに瞬間移動する。
「地斬疾空刀」はインフィニティバトル風の空中版が追加。
少し斜めに行った後に空中を滑っていくものと地面に着地後に滑っていくものの二種類があるため牽制に使える。
また、各種ゲージ技が空中で出せるようになった。
特殊ダッシュも追加され、相手の後ろに瞬間移動することが出来る。空中可。
これらの更新により、制空権および相手の背後を取りやすくなった。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25205033

出場大会



*1
入手フラグと言うのは簡単にまとめると、
  1. エキドナから戦闘中に機密通信装置を入手する。
  2. 特定のステージでアクセルと戦闘(ここの戦闘回数によってヴァイサーガかアシュセイヴァーかが決まる)
  3. ラミアを育てる
であり、しっかりアニメでも表現されて登場されたため、OGファンならニヤリとする展開であった。
なお、ゲームでも1,2のフラグが成立したかは入手ステージまでわからない(フラグを立てても その場では何も起こらない )。
更に 作中では、ほぼノーヒント であるため、非常に厄介。



添付ファイル