スレードゲルミル

「我が名はゼンガー=ゾンボルト、メイガスの剣なり!」

バンプレストの『スーパーロボット大戦』シリーズに登場する、ゲームオリジナルのロボット。
初出は『スーパーロボット大戦α外伝(以下α外伝)』。同作で中ボス、そして最後の隠しキャラとして登場する。
パイロットは同作のオリジナルキャラ、 ゼンガー・ゾンボルト 、もしくは『スパロボOG2(以下OG2)』の ウォーダン・ユミル
名前の由来は、北欧神話に登場する「力の叫びの巨人アウルゲルミル”」の子「スレードゲルミル」から。

α外伝での設定では、未来世界にある地球「惑星ゾラ」(出典は『戦闘メカザブングル』)で、
地球の後継者を名乗る組織「アンセスター」が所有している特機。
別の組織からは「大地の守護神」「ドリル野郎」と呼ばれる場面もあり、
後にゾラの伝承にある「伝説の機械巨人」の一体でもあることが判明する。

テスラ=ライヒ研究所で開発された、「グルンガスト参式」と似通った部分があるが、
この機体、実はズフィルード・クリスタルを元に開発した自立型金属細胞「マシンセル」が導入されて変化した
グルンガスト参式そのものである。
OG2ではシャドウミラーが元居た世界から持ち出したグルンガスト参式を、
アースクレイドルでマシンセルを用いて改修した機体という設定になっている。
そのために所属もシャドウミラーとなっており、基本的にヴィンデルやレモンの指令で活動していた。

デザインはスレードゲルミルの方が先に行われており、グルンガスト参式の方がそこから逆算される形でデザインされている。
腰には「DC(ディバイン・クルセイダーズ)」のエンブレムがデザインされている。
OG2では前述のようにシャドウミラー所属ではあるが、シャドウミラーの素性を隠す目的もあって
DCのエンブレムが付けられているという設定となっている。

武装は頭のドリルで敵を粉砕する「ドリルインフェルノ」(α外伝では没武器)、
背中にあるドリル状のスタビライザーを腕に付けて飛ばす「ドリルブーストナックル」、
そして本機最大の特徴である、液体金属によって構成される大剣「斬艦刀」。

機体にはマシンセルが導入されており、ある程度の攻撃ならあっという間に修復可能。ゲーム中でも毎ターン30%もHPが回復する。
しかしマシンセルと深く結びついてるせいで、制御者である大ボス「メイガス」や「アウルゲルミル」が消滅すると機能不全へと陥る。

ゲームに初登場したとき、その圧倒的な戦闘力、実力通りの力強いアニメーション
そして名乗りを上げてから攻撃する武人なパイロットでファンの心をがっちりつかんだα外伝の印象的な機体である。。

特に斬艦刀のインパクトは凄まじく、様々な作品でオマージュされることとなる(もいるが)。
特に攻撃時に、 顔を白黒のアップで抜いてスレードが吼え猛る演出 は必見。
いまやスパロボでも名物演出の一つとなっている。

ちなみに攻略本のインタビューによると初出のα外伝で武装が2つしかなかったのは気合をいれて作っていたら期間内にこの2つを仕上げるのがやっとだったから。優遇されたゆえの悲劇とでもいうべきか。

+ゲーム内の強さ
強い。中盤の壁でありトラウマである。
戦力が整ってない中盤で突如現れ、適当に食い散らかして去っていく面倒くさい敵である。
毎ターンHP回復、長射程のドリルブーストナックル、射程がやけに長い移動後攻撃可能な斬艦刀で
味方が斬殺された人も多いだろう。
終盤でもそれぞれの難易度ルートで出てきて、戦力が十分に整っても苦戦を強いられる。

ハードルートでは倒した後に、オリジナル敵勢力から唯一仲間になる。
スパロボのお約束で戦闘力は敵の時より落ちているが、それでも最強機体の一機。
特に圧倒的なのが耐久力だが、最終盤だけに強化せずに無策に突撃させると、
この強さでもやられてしまうバランスであるため注意が必要。
強化しきれば、たとえ相手がラスボスで、イベントで必中、熱血を使われようが、フォロー不要で負けることは無くなる。

OG2でも敵として登場する。戦力が整ってない時に出てくるのは変わっておらず、HP減少で撤退なので上手い事戦わないと詰む。
終盤で登場する時は味方もインフレし、最後はイベントで一刀両断してしまうため、それほどの強さは感じられない。
もしくはルートが違うので最期をみることなく終わることすらある。

また、『スパロボOGs』でリメイクされた際には、没武器のドリルインフェルノと、新技 「斬艦刀・星薙の太刀」 を引っ提げて登場する。
技2つだけは流石に少なかったと思ったのだろうか。こちらの新システムのおかげで倒しやすくなっており、
最後がイベント戦なのは同じため、微妙感は変わらないが。
なお、「星薙の太刀」はスレードゲルミルのデザインをした富士原昌幸氏による外伝コミック『鋼の救世主』が初出と思われる。
このときは文字通り星そのものをなぎ払うかの如く巨大化させた斬艦刀での一撃となっており、
味方スーパーロボット達の必殺剣総掛りでようやく食い止められるほどの威力と迫力であった。正直ありえん……。
『OGs』では、斬艦刀のマシンセルを固着化せずにそのまま伸ばし続け、 数km とか訳のわからん長さまで伸長、そしてエネルギーの塊同然の斬艦刀を振り抜き、自分の周囲を根こそぎ叩き斬るという演出がなされた。当然ながら 吼える 。流石に「星を薙ぐ」というところまではいかないものの、斬艦刀の振り抜きで 地表が更地と化す ため、『星の表面を薙ぎ払う』という意味ならまさに「星薙」の名に値するだろう。そしてぺんぺん草も生えない土煙立つ地表に、ものすごく伸びた斬艦刀を地面に立てるスレードの姿が。……正直よくこんなの相手に勝てたものである。
ちなみにドリルインフェルノ(回転させていないためただの頭突き、あるいは元ネタとなった攻撃手段か)も同じく『鋼の救世主』で披露しているのだが、
食らわせた相手は よりにもよって頭にコクピットがあるマジンカイザーだった 死んだらどうする!?
・・・その後、頭突きをするマジンカイザーが登場するとは誰も思わなかっただろう。
もっとも、単行本収録のデザイン秘話において、打ち合わせの段階で稲妻の如き天啓で2段ドリルを生やした頭部デザインを思い付き、「ドリルっすよドリル。頭突き一発でマジンガー系ならKOですよ(意訳)」
とか言ってたりするのでむしろこれが正しい闘い方ということか。……なんなんだ、この作者。
(なおこの際、スレードゲルミルの側もマジンカイザーのカイザーナックルによって胸部をぶち抜かれる大ダメージを受けており、カイザーは頭部をやや破損し一時戦闘不能にはなったものの甲児自身は無傷だったため、別にカイザーをかませにしているとかそういうわけではない)
マジンガー系以外もダンクーガ(の頭部に乗ってる忍)やゲッター1(額に操縦席)も危ないと思われる。
ついでに言えば、使う自分自身も相当危ない
(グルンガストタイプの機体は頭部にコックピットがあるので使うとパイロットにも衝撃が来る。スレードは分離機能がある参式の改造機なので下半身にもコックピットはあるはずだが、パイロットが乗っているのは頭)
ちなみに当のスレードゲルミルも頭のコックピットを撃ち貫かれた事がある
パイロットが人間じゃないのとマシンセルの再生能力で即座に復活してドン引きされたけどな

なお、OGsではテスラ研を奪回するシナリオで1回限りだがプレイヤーで操作することが可能となっている。
当然、雑魚を倒してしまうと経験地やPPを損してしまうので、 ハゲ ヴィガジ相手に
「ドリルインフェルノ」や「斬艦刀」でも食らわせて遊んでおこう。
+アニメでの扱いは
アニメ『OG ジ・インスペクター』にも登場。第一話から登場するという大盤振る舞いである。
初代グルンガストと戦闘もし、装甲にVG装甲が使われている事を表現するなど、設定上の物を最大限に使用された。最強技である星薙の太刀が超ショボかった事を除けば。
顛末・結末はゲーム版と大差ない。
+無限のフロンティアEXCEEDでは※ネタバレ注意
名前は「スヴァイサー」。頭部のドリルと斬艦刀の刃を入れ替えてあるものの
どう見てもラスボスはスレードゲルミルです。本当にありがとうございました。
必殺技はドリル槍から繰り出される「星穿の神槍」や頭部のブレードで突撃する「ブレード・インフェルノ」等。

RPGのラスボスらしい正統派な高ステータスで、大火力に加えてデカい重いタフの三拍子。しかも地味に避ける。
状態異常による搦め手はほぼ使わず、純粋に火力以外で怖いところはあまりないのだが、HPが減少してくるとラスボス専用精神コマンドである「戦慄」を高確率で使用するのに加え、行動回数を1回増やす「再動」を低確率で使用してくる。

戦慄は他の上位の精神コマンドと同じく複数の精神コマンドをごった煮した効果なのだが、
「1度だけダメージ1.5倍」
「4度だけ攻撃をMISS・GUARD(2つとも無効化ではなくダメージを大きく軽減する)されない」
「1度だけ受けた攻撃を全てGUARDする」
「次のターンに先制攻撃」
「行動回数を1回増やす(再動と重ねがけ可能)」 ← 注目
つまり最悪の場合は ターン最後に3回行動+次のターン先制でもう1回 で4回連続行動される。まさに俺のターン!
これは戦慄再動祭りと呼ばれ、プレイヤーのトラウマの代名詞となっている。
HPが半分を切ったあたりから一気に削りきらないと、運が悪ければ全体攻撃の連発であっという間に駆逐されてしまう。

ただ、逆に言えば、行動パターン次第では何一つ発動せず、あっけなく倒せる。
また、味方側を育てている場合、「HPが半分を切ったあたりから一気に削り切る」のも実はかなり簡単。
そのため、人によって受けるイメージが全く違うボスと言える。

一番の問題は、ストーリー上においてあまりに存在感が無いと言う点だが
(まあ、EXCEEDで存在感がない敵は彼に限った話ではないが)

+さらにネタバレ注意
隠しダンジョンの最後では大幅に強化(特にHPはほぼ2倍)され、しかも彼より少し弱いくらいの強さの仲間2体を引き連れて再登場してくる。
もちろん戦慄+再動の悪夢のコンボは容赦なく使ってくるし、仲間の2体も半端じゃなく強い。
運が悪いと戦闘開始と同時に全体攻撃を3連発されて全滅したりする。
その強さはパーティー全員が最高レベルでも、しばしば(戦い方を間違えれば呆気なく!)敗北するほど。
見事走破する事が出来れば、彼の武器である「星穿の神槍」を手に入れる事ができる。
これがまた物凄くピーキーな性能で、なかなか使い出がある楽しい武器である。
また、隠しダンジョンは何度でも再攻略可能(ダンジョンを出るとアイテム等も含めて全て復活する)なので複数入手可能。やり込み派のプレイヤーにはパーティ全員ドリル持ちなんて事もよくある。

+操縦者について

「黙れ!そして聞け!」

α外伝におけるパイロットは ゼンガー・ゾンボルト 。29歳のドイツ人。担当声優は小野健一氏。
OG登場以降の愛称は「親分」、「ボス」等。 ボロットとは無関係
未来世界を旅していたプリベンターの前に突如現れ攻撃を仕掛けてきた。
その後にアンセスター側から、パイロットのゼンガーが暴走しただけと述べられ、偶発的なものと言うことになったが、
アンセスターが地球の支配を主張し、プリベンターを攻撃目標とした時に再び戦うことになる。
斬艦刀の使用時にたまに 横薙ぎなのに 「稲妻重力落とし」と叫ぶが、これはスーパー戦隊シリーズの
『科学戦隊ダイナマン』に登場するダイナロボの必殺技「科学剣稲妻重力落とし」が元ネタである。
…技の内容はものすごく高くジャンプして落下の勢いで叩っ斬ると、斬艦刀とは似ても似つかないが、
終盤に敵の本拠地の巨大要塞(全長1km)を一撃で叩き斬った。元ネタとしては申し分ないだろう。
……というか、後にゼンガーの愛機となる「ダイゼンガー」の最強必殺技「斬艦刀・雲燿の太刀」が、
まさにその通りの技(空高く舞い、その衝撃で敵を断つ)というものだったりする。
ちなみにキャラデザの人公認で下着は褌である。後にアニメでも彼の褌姿が披露された。

+正体とネタバレ
スレードゲルミルに登場する謎のパイロットだが、ストーリーを進めていくうちにグルンガスト参式と共に、
人工冬眠施設「アースクレイドル」に配属されたDCの兵士という事が判明する。
(このため、αシリーズではロイ・フォッカーなど彼と既に顔見知りであるキャラクターも登場する)
人工冬眠している間に、アンセスターの 石田三兄弟 マシンナリー・チルドレンに洗脳され、駒として扱われるが、
最終的にはどのルートでも洗脳は解ける。
この時代以前でも駒として大いに活躍したようで、対抗勢力からは「大地の守護神」と恐れられている。
ハードルートで仲間になった場合、終盤の主人公ともいうべき活躍をし、台詞も「メイガスの剣」から
現在では有名な「悪を断つ剣」へと変化する。
最後はアンセスター、そして過去の世界で人類の絶滅を試みるシュウ・シラカワを倒し、
未来世界でアースクレイドルの墓守として見守ると誓い、一人涙を流し彼の戦いは終わる。
なお、この時の彼は紫髪だが、以降登場する際は全て銀髪となっている。

未来が変化したその後の世界『第2次スーパーロボット大戦α』にスーパー系主人公として抜擢。
アースクレイドルが『鋼鉄ジーグ』の敵勢力・邪魔大王国に襲われ、ゼンガーとソフィア以外は死亡、
グルンガスト参式を駆り戦場に向かう。
OGシリーズでもゼンガーは別設定で登場するが、スレードゲルミルには搭乗しない。
α外伝とそれ以外ではかなり性格が異なるため、片方だけのファンも存在する。

なお、最新のクロスオーバー作品「PROJECT X ZONE」にも生身で参戦
しかもカプコンのロボット作品キャラや、セガのロボット作品のキャラも参戦しているため、3大ロボットゲーム夢の共演となった。
普段護身のために携行している刀が変化した霊式斬艦刀を振るって援護するソロユニットとなっている。
掛け合いでは刀を所持していることからサムライと勘違いされたり、またKOS-MOSらを見てシャドウミラーとの技術の差に驚いていたり。
部下オマージュ先部下声が同じデビルハンター、親友の声が同じイレギュラーハンターとの掛け合いももちろんあったりする。
ちなみにユーリ&エステル初登場ステージではユーリたちが賊かどうか見極めるため(まぁ直前に宝箱からアイテム拾ってるので間違ってはいない)
一戦交える事になる(一定ターン経過で終了)がこちらは初期レベルのユーリ&エステルの1ユニットのみにも関わらず
ステータスはボス相応だわ必殺技の一文字切りを使うわでアイテムなしだと耐え切るのすらほぼ不可能という自重のなさを見せ付けてくれた。
おかげでゼンガーが戦闘後二人の力量と人格を認めるシーンに違和感が…
なお、ダンテとの掛け合いで魔を断つ剣なる言葉を出したら、本当にあの作品がスパロボに参戦してしまった宣伝お疲れ様です

OG2では、「メイガスの剣」を名乗る男、 ウォーダン・ユミル が登場。こちらがOGのスレードゲルミル正式搭乗者である。
仮面を着けてはいるものの声や言動はゼンガーそのもの。ただ一つの相違が彼が付くはずの無い組織に属しているという点。
仮面とありえない心変わりは既に第2次αで部下がやってはいるが、彼は果たして…?
+正体とネタバレ
その正体は並行世界の部隊「シャドウミラー」の戦闘用人造人間「W15(ダブリュー・ワン・ファイブ)」であり、
元の世界のゼンガー・ゾンボルトの人格をインプットし、メイガスで操作を行うテストタイプである。
なお、シャドウミラーがいた世界ではオリジナルのゼンガーはアースクレイドルの内乱後、行方不明となっているとのことである。
基本的には命令に従う人形だが、乗り換えイベントのある『武神装攻ダイゼンガー』あたりからラミアと同じ自我に芽生え、
「ゼンガーのコピー『W15』」ではなく、「メイガスの剣『ウォーダン・ユミル』」として戦った。
最後はゼンガーとの一騎打ちに負け、自身を操り利用していたイーグレット・フェフと
ノイエDCのマシンナリー・チルドレンの大半を一刀両断し、ゼンガーにソフィアを託し死亡する。

キャラクター像はα外伝の特に設定されてなかった「アンセスターに操られていたゼンガー」に限りなく近く
最期に見える仮面の下にはゼンガーと同じ顔(でも本人よりちょっと若々しい)があった。
しかし自我を得ようとしているためか、元のゼンガーの性格故か、ゼンガーのふりをして混乱させる意図は本人には全くなく
尋ねられた際は「ゼンガー・ゾンボルトなどではない」と言い切るも、
あんなにキャラが濃すぎるやつが二人もいるわけない と信用されず、本物が出てきてやっと別人と認識されるという場面も。
(一応、「でも今更敵に戻らないだろ」と疑問視していたメンバーはいた)

α外伝のスレードゲルミル戦闘集

OGsのスレードゲルミル戦闘集

MUGENにおけるスレードゲルミル

+ルフトゲルング氏製作
ソウルゲインを製作したルフトゲルング氏によるOGSスプライトを使用したものが存在する。
以前はhyuga氏のサイトで代理公開されていたが、現在は本人のブログで公開している。
パイロットがウォーダンのものとゼンガーのものが存在する。
武器はドリルブーストナックルや斬艦刀、ドリルインフェルノや星薙の太刀も搭載されており、
星薙ぎの太刀は画面上で原作の演出を再現する非常に長く凝った演出である。完成度は98%とのこと。
AIはリュウセイ氏による物が搭載されている。
+パピット氏製作
ですからー氏のテリーマン及び付属の超人製作用スプライトシートをベースに製作された
ファミコンソフト『キン肉マン マッスルタッグマッチ』風ドットのスレードゲルミル。
パイロットはゼンガーのみだが洗脳時と正気時でボイス変更可能。
洗脳時はグルンガスト参式から変化するイントロがあり、正気時はスパロボ関係のキャラとの特殊イントロがある。
また、ボイスにはα外伝を意識してかエコーがかけられている。
武装は虎龍王等の参式関連機体からも取り入れられている他、更新により星薙の太刀も搭載された。
その他、精神コマンドやストライカーも搭載している。ストライカーはギリアムとエルザム(レーツェル)の二人で、
設定によりそれぞれゲシュペンストタイプR/XNガイスト、ガーバインMK-IIIトロンベ/クロガネの切り替えやOFFが可能(デフォルトではXNガイスト&クロガネ)。
また、超必殺技時やイントロなどで時折α外伝時の姿を覗かせる。
更新によりデフォルトAIが搭載された。

出場大会

出演ストーリー

夜風物語 (ゼンガー・ゾンボルトとして登場)



添付ファイル