坂上月夜



「このまま姉さんを信じていて、

   本当にいいんでしょうか?」

プロフィール

ETERNALの18禁超銀河級・総選挙RPG『輝光翼戦記 天空のユミナ』の登場人物。読みは「さかうえ つくよ」。Now Summoning。
担当声優は里見小春氏。巫女委員会の委員長として、主人公の歩武弓那の論説部と星徒会大戦で戦うことになる。

原作でのキャラクター

神撫学園の2年生での姉である坂上陽子と共に巫女委員会のリーダーを務めている。
物静かで穏やかな性格であるが、いざ怒らせるとかなり怖い。
本編開始時点ではとある事情により、陽子の指示に従って常に行動するだけの暗めな雰囲気の持ち主であるが、
歩武との出会いによって次第に変化していく。
普段は巫女委員会特別棟である神社に篭っており、集会以外ではあまり人前には現れないが
神秘的な力を有していることもあってその信奉者は多く、部活の垣根を越えて支持されている。

+坂上姉妹の『とある事情』
彼女と姉の陽子は、もともとは神道系の、それなりに大きな新興宗教の教祖の娘であった。
宗教家の娘という特殊な家庭事情ではあったが、両親や教団運営を手伝う信者達にも可愛がられ、姉妹仲良く無邪気に日々を過ごしていた。
坂上家が『それなりに大きな団体』になるためにしてきたことも知らず。

そして本編開始の十年前、信者の内部告発により、教団と坂上の家屋敷に詐欺容疑で
警察の強制捜査が行われたことにより、姉妹は自分の家が何をやってきたかを知ることとなった。
坂上家は洗脳まがいの方法で信者を増やし、数十億円単位のお布施を不当に集めていたのである。

その後、両親とその側近たちは詐欺罪で逮捕され、一家は離散し、まだ小さかった二人は親戚に引き取られた。
その日を境に、それまでよくしてくれた人達や友達も手のひらを返したように冷たくなり、
親戚からも犯罪者の子として腫れ物扱いにされ、陽子と月夜はお互い以外に頼るもののない状況に耐えながら成長し、
周りに脅かされず自分たちだけの力で生きるために努力し、神撫学園への入学を果たしたのだが……。


月夜には姉のような野心はなく、全寮制で奨学金も出る神撫学園という新たな環境で、
親族や自分たちを知る者に苛まれることなく、陽子と一緒にひと時の幸せな日々を送りたいだけだった。
しかし陽子は幸せだった日々への回帰願望と、教団の舵取りを誤ってそれを失わせた両親への対抗心から
学園に巫女委員会を立ち上げ、その信仰の『ご本尊』として、予知能力とカリスマを持つ月夜を委員長に据えた。
困惑する月夜に「これこそが自分たちの幸せになる道なのだから」と頑なに言い張って。

無論これは月夜の本意ではなかったのだが、一家離散後の辛い環境の中で、自分を守り導いてきた姉との絆を
人生の拠り所にし、ずっと彼女についてきた月夜には、陽子の言うことに異を唱えようなどとは考えも及ばず。
『月夜の意思の埒外で幸せをつかもうと野望に邁進する姉と、その陽子の為に唯々諾々と従う自分』という境遇に
漠然とではあるが思い悩み、いつしか放課後に神社を抜け出し、校舎の屋上で夕暮れの空を眺めるのが日課となった。

そして星徒会大戦準決勝の選挙期間に入ったある日の夕方、屋上で対戦相手の一員である歩武と出会い……。


……ちなみに余談ではあるが、彼女たちは双子とはいえ見た目からして二卵性ゆえか、性格や嗜好にも違いが多い。
月夜は少食ではあるがその分質にこだわるたちで、高級和食が好み。
好物は和菓子で、創業400年の老舗で作られている鶯餅をよく注文しているとの事。
一方の陽子はそちら方面では庶民派であり、どちらかといえば洋食の華やかな味が好みらしい。(青玉葱調べ)


歩武との出会い後は、好きだという意思表示を出しており、FDでもその状態である。
なのに、FDにおいてサブヒロイン中一人だけ歩武とのゲフンゲフンなシーンが無かった。というか何故か弓那とry

原作中の性能

武器は。また召喚術も用いる。
本編においては敵としての登場のみ。色はでありこちらの支援を潰す行動(ブラスト)ができるがそれほど苦労する相手ではない。
むしろ、一緒にいる陽子の黒属性によるブラスト不可攻撃のほうが面倒である。
FDにおいて、味方として使えるようになり、同色で既存の仲間である青玉葱御木津藍との選択になるが性能は一長一短。
月夜は防御に優れ、後衛として回復および攻撃ができるようになるのが大きい。代わりに攻撃力および継続ブラスト能力で劣る。
他の仲間との兼ね合いでどちらが良いともいえないので好みで選べる範疇。
最大の問題は、藍に比べて人気において劣るところか。
(月夜が人気が無いわけではなく、人気投票では2回とも10位以内、サブヒロイン中では2位である)


MUGENにおける坂上月夜

rakurai氏によって原作のスプライトを使ったものが作成されている。原作は別ゲーのため、かなりのアレンジが施されている。
基本システムとして地上ダッシュ、二段ジャンプ、投げが搭載されており、投げは追撃可能となっている。
直前ガードとして半天の満月、霊妙の演舞が搭載されており、ジャストディフェンス同様成功させるとLIFEとゲージが増加する(原作において防御スキルに回復効果がついているのを再現)。

原作の技を使用して戦うが、ブラスト技であるバックラッシュは当身技になっている。
このバックラッシュが特殊な構造をしており、ヘルパーに対して当身をすると
トムキラーの要領で相手のステートを奪おうとする。アナザーブラッドの当身よりも、ある意味凶悪。
ヘルパーに攻撃判定さえあれば、本体ステを無理矢理変更するため、
ステを奪われることを想定していないキャラ等に出すと思わぬ出来事が起きる。
バグが起きても大丈夫なように救済処置用記述もされているが、
気になる人はトムキラー許可スイッチをオフにしておこう。

飛び道具、設置技などが揃っている一方、近距離は弱いため遠距離が主戦場となる。
ゲージ技は優秀なものが揃っているが、中でも罪業還しが特徴的な性能をしており、
相手と自分のLIFE差の絶対値がダメージとなるためタイミングがかみ合うと凄まじいダメージになる。
晴天の帳は相手のゲージを0にしさらに一定時間増加させないという技。
ゲージがないと極端に弱体化するキャラにとっては天敵となりうる。ただし、AIはほとんど使用しない。
11Pは常時ゲージMAXとなる。

AIも付属しており、4段階に設定できる(デフォルトは3)。半天の満月、霊妙の演舞の使用確率も変更可能。
デフォルトで強、11Pではかなりのビーム脳になるため相性が出るが凶下位くらいの強さを発揮する。
更新で狂下位くらいの強さの8p,狂中位くらいの強さの9p,狂上位くらいの強さの10pカラーが追加された。

12Pは凶悪キャラ(神キャラ)になり、仕様が大きく変わる。見た目だけはノーマルカラーとほぼ一緒なので間違えないように。
殺傷力が高めで、かなりの防御性能を持ってないと即死する。



「ご覧のありさまです」

出場大会

その他




添付ファイル