タイガー・M


「世界ヘビー級チャンピオン、タイガー・M・マッタクツヨシ!」

ナック制作のアニメ『チャージマン研!』の63話「殺人ボクサーを倒せ!」に登場するボクサー
本来はタイトルの通り「タイガー・M」という名前なのだが、
ナレーション実況の「タイガーM、全く強し!」という台詞回しが余りにもテンポが良いため、
そのまま一つの名前に聞こえることから、よく「 タイガー・M・マッタク・ツヨシ 」の名前で呼ばれている。

アリゾナ育ちの世界ヘビー級チャンピオンで、過去 50戦50KO勝ち と無敗を誇る。
しかも彼に立ち向かって 死亡した選手が13人、死亡しないまでも再起不能に陥った者が20人超 という
とても人間とは思えない強さ。 まあ実際人間じゃなかったんだけど。
繰り出す重いパンチは、時に刃物を突き刺したような音や銃声がするほど。 SEの使い方間違えてるだけ?チャー研にしてはマシなほうです
常識的に考えて挑戦者が戦うのを嫌がると思うが、 そんな細かいことを気にしてたらチャー研は成り立たない ので目をつぶろう。
たった一人死なせたせいで干された某ボクサーの立場はどうなるって? 気にするな!!
作中でも、挑戦者の熊寅選手を殴り殺すという恐るべき事態を引き起こしている。
だが何故か実況は「あぁ恐るべき事がこのリング上で起こりました! 熊寅選手がタイガー・Mを! 」と
全く逆のことを言っている。声優が間違えてしまったのか、脚本に誤植があったのかは定かではない。まぁチャー研だし。
(なお「熊虎選手がタイガー・M!」と言っているという説もあり、この場合は熊虎選手が過去の選手達と同じくタイガー・Mの餌食になってしまった、と解釈もできる)

その正体はやっぱりジュラル星人。だが変装した泉研のアルファガンで、仲間と共にあっさりと倒された。
そればかりか、変身前の肉弾戦ですら変装前の研に負けるという体たらくである。
殺人ボクサーもチャージマン研の前では赤子同然!


MUGENにおけるタイガー・M

バイクマンなどで知られる牛鬼氏が製作。現在は公開停止。
MUGENとは別の、ある2D格闘ゲームエンジンでの同キャラのドットを基に、手描きしたドットを使用していた。
基本的にただパンチするだけしかせず、投げもキックも無いごく単純なキャラなのだが、
通常技目押しでつなぐ事が出来たり、ラッシュを連発しガードしていても画面端まで持って行く
運送まがいの技もあるなど意外に(?)強力。
さらには、あえて正体を晒してビーム攻撃する技も存在した。

2012年2月23日の更新でドットスプライトが一新された。
ストZEROM・バイソンのモーションをベースにしてあった。

亞氏によるAIも制作されていたが、ブログおよびOneDrive解約により入手不可。

出場大会



以下尺余り











          .







                                                ~



添付ファイル