堕瓏



「油断はしない…」


格闘スタイル: 魔哭冥斬拳・呪怨抖勁
       (まこくめいざんけん・じゅおんとうけい)
誕生日: 3月11日(21歳)
身長: 189cm
体重: 79kg
血液型: 不明
出身地: 中国・河北省
趣味: 未確認生物の探索、麻雀
大切なもの: 飛賊の掟、母の形見
好きな食べ物: 極楽鳥の丸焼き
嫌いなもの: トマトジュース
得意スポーツ: 苦手なもの無し

THE KING OF FIGHTERS2003』から登場するキャラクター。
読み方は 「デュオロン」。ファンからデュオとか呼ばれることもある。
中国・河北省を拠点とする暗殺者集団 「飛賊」 の長、龍(ロン)の九人の息子のうちの三男とされる。飛賊内ではと同じ西毒門に所属。
堕「龍」ではなく 「瓏」 なのは、王の血族にふさわしい人間になるためとのこと。 一族を裏切って行方を眩ました父を追っている。
MIAに登場する笑龍(シャオロン)は腹違いの妹。 笑龍からは 「三太子(サンターツ、第三の若君の意)」、「兄上」 と呼ばれている。
モデルは菊地秀行氏の小説およびアニメ・漫画 『吸血鬼ハンターD』 のDと思われる。 ヴァンパイアディーとは元ネタが同じ。
格闘スタイルや一部の技は、漫画 『幽☆遊☆白書』 の死々若丸が元ネタで
デュオロンの格闘スタイル「魔哭冥斬拳」も彼の武器「魔哭鳴斬剣」から。
担当声優は『NBC』のミズチと同じ丸尾恒人氏。

 『2003』でアッシュシェン・ウーとともに主人公チームの一員として登場。
 腕に自信のあるシェンに気配を悟られず背後を取っており、相当な実力者であることが伺える。
 極めて無口だがのような凶暴性は持っておらず、ごく冷静な性格のようだ。 一人称は 「俺」。
 KOF出場を持ちかけたアッシュが何かを企んでいることを察し不審に思うが、深くは追求しなかった。
 謎の多い3人の中でも特に行動などに不明な点が多く、アッシュやシェンとの関係もはっきりしていない。
 確かなのは麟同様、龍を追っているという点で、
 KOF参加を決めたのもおそらくは背後に龍の影を感じていたためと思われる。
 エンディングでは龍と思しき気配を察し、アッシュやシェンと別れるが、その後の顛末は明らかにされていない。
 勝利デモではなぜかK'のことを知っているようなセリフも見られる。

『XI』では紅丸とともにエリザベートに呼び出され、フランスへ赴いている。
紅丸とは『2003』から専用デモが用意されており、麟を通じて知り合ったものと考えられるが、どんな経緯があったのかは不明。
紅丸とごく普通に会話を交わしており、アッシュが神楽ちづるの力を奪ったことをエリザベートに告げていることから、
少なくとも裏で何かを画策したりアッシュの企みに加担する気はないらしい。
エンディングでエリザベートらと共に八神庵の力を奪ったアッシュを問い詰めるも、八咫の鏡の力を使ったアッシュに逃げられる。
この大会では龍にたどり着くことはできなかったらしいが、なぜか麟らしき人物が椎拳崇の力を観察する龍と共に行動しており、
今後の重要な伏線になると思われる。 スタッフが知らずに描いちゃったとかありそうで困るけど

『XII』ではエリザベートを押しのけて参戦(結局家庭用では彼女も出たけど)。
そして出てきたドット絵では異様な滑らかさで腕が伸びる。無論足も伸びる。すごくキモい。
ストーリー上『XI』の続編となる『XIII』では引き続きアッシュを追うエリザベートをリーダーに、シェン・ウーを再びメンバーに加えている。
水と油の如き相性の悪さを見せるエリザベートとシェン・ウーの機嫌を損ねないように苦心する保護者のような立場になっており、
イメージとは裏腹にかなり人間関係に対する気配りは上手いのではないか…と思われる。
尤も、あくまで表の世界では生きていけないと自覚しているため、好んで社交性を持つようなことはないであろうが。

飛賊壊滅時の事後処理の際、からは「実力で言えば、お前が(自分の代わりに)四天王を継ぐべきだった」と言われており、その実力は飛賊内でも高いようだ。
(もっとも堕瓏は、「新たな四天王には経験豊かなお前の方が相応しい」とも答えている。
 現在の堕瓏は裏切り者の息子扱いで飛賊内では嫌われているようだが、それでも二人の間には一種の絆があるのが分かる)
現在では、同じく龍を追って里を出た彼の兄たちと、乱を除いた四天王(麟含む)が全員音信不通になっているらしく、
今後、ネスツ編から続く飛賊サイドとも言うべき龍の周辺の状況に何か進展があるものと思われる。


憂いを含んだ雰囲気漂う、これでもかというくらいの美形青年
サラサラのロングヘアーを(強引に)後頭部の根元で筒状の布で弁髪にしている。
腕輪は両方あわせて4つ着けているように見えるが、実は2つとのこと(つまり片腕に1つづつ)。
イロモノの宝庫と化し、そのまま無かったことにされたかに思われた飛賊から突如現れたビジュアル系である。
あまりに典型的な美形な上に無口・無表情なのだが、「何人をも受け入れる包容力があります」と設定画にスタッフの注釈が書かれている。
ややもすると印象が薄いキャラなのだが、特徴をいうと動きが気持ち悪い。もとい、飛賊特有の個性的なモーションを持つ。
具体的には、ニュートラルポーズの時点で既に足首があらぬ方向にひん曲がっているので、攻撃モーションの察しは付くだろう。
怨霊を操るというのも今までのKOFになかったスタイルであるが、
近年稀に見る筋肉の祭典となった『XII』ではその浮きっぷりがネタにされた。
あと異様に白いSVCアテナと同じくらい白い。顔面も蒼白で、爪も薄紫である。

と、そこかしこから いじりにくい 近寄り難い雰囲気が感じられるが、信用できる人間にはごく普通に接している。
特に出身が同じ国でそれなりに付き合いが長いためか、世界は違えど同じ裏社会に生きていることもあってか、
シェン・ウーとは何となく気が合うようで、二人でいる際はよく喋るタイプのシェンと同じぐらいに(言葉は短いが)口を開いている。
紅丸も単なるチームメイトとして以上に信用できると感じているらしく、旅立つ紅丸を律儀に空港まで見送りに行っている。
そしてアッシュに関しては、『XII』のストーリーにある「アッシュがいるからこそ、シェンとこうしてつるんでいるのだろう」
という一文からも分かる様に、奇妙な友情を感じていた様だ。
『XIII』では斎祀に体を乗っ取られ、変わり果てたアッシュを前にかなり辛そうな表情を露わにしていた。

「何だ?まさかおまえ、こいつのためにこの俺と戦う気じゃないよな?
 冗談だろ?人間ごときが本気で俺に勝つつもりか!?「時」を統べる俺は神も同然なんだぞ?」
「……その顔でそれ以上しゃべるな もうひと言もしゃべるな……!」

エンディングでは、世界中の人間の記憶から彼の存在が消えた中において、
シェンと共に「全部終わったらアッシュのおごりで蟹を食べる」という約束を
おぼろげながらも覚えており、誰もいなくなった会場跡で二人、静かに彼の事を思っていた……
彼等三人の絆は、相当に強かった様だ。

そのギャップが魅力なのだろうか、熱心なファンも少なくないようだ。
趣味はUMAの探索らしいので、人外っぽいの(コレとか)がたくさん出没するKOFはさぞかし興味深いことだろう。

余談だが、5つのリングと先端に水晶球を付けた長い弁髪は総重量で7kgもあるらしい。
後頭部だけ禿げ上がったデュオロンは全く笑えないので、頭皮のケアにはできるだけ気を遣ってほしいものである。
また、『XI』の中ボスである紫苑はもともと笑龍の没案の一つだったそうな。
初登場の『'03』ではやたら細かいドットと滑らかなアニメーションが際立ち、カクカクのシェンなどはかわいそうなぐらいだった。
SVC』のデミトリや『NBC』のアスラなどとタッチがよく似ており、同じドッターが手掛けたのではないかと思われる。


  「闇に棲まうとも闇に支配されず
    影に寄り添うとも影の理では生きぬ……」

原作中の性能

麟同様特殊な動きが多く技の隙が全体的に少ないが、技の性能はかなり異なり機動力はやや低い。
モーションに見合ったクセの強いキャラとなったが、コマンド投げからの崩しや強力な連続技があるので慣れれば強い。

『2003』では地面に足を突き入れて離れたところから出す奇襲技 「幻無脚」 で浮いた相手に追撃が入ったり、
連続入力技 「捨己從竜」 からの派生技 「死両撥生斤」 のやたら長い有利フレームや移動技 「飛毛脚」 による択一固めループ、
リーダー超必殺技 「奥義・多重幻影暗勁」 の分身によるガード不能連携と即死コンボ等異常に性能が高く、
大門五郎とともに 「DDコンビ」 として猛威を振るった。
『2001』のフォクシーに次ぐKOF歴代2位のぶっ壊れキャラとも言われる。

当然『XI』では 「幻無脚」 がヒットしても浮かない、「飛毛脚」 の移動距離短縮とスピード低下、
「死両撥生斤」 の有利フレーム減少など全体的に弱体化が行われたが、
代わりに 「奥義・多重幻影暗勁」 の分身が2体に増え、攻撃判定が安定して発生するようになった。
画面端を背にしての 「飛毛脚裏回りコンボ
(「死両撥生斤→屈P)」 ×2→「多重幻影暗勁」→飛び込み→(「死両撥生斤」二発止め→「飛毛脚」)×n→(「死両撥生斤」→屈P)×2
という連携が非常に強力。最後の(「死両撥生斤」→屈P)×2でシフトを使えば即死コンボ大量生産が可能。
(ただし非常に難度が高く、やられた方もセービングシフトで脱出可能)
結局のところ強キャラなのは変わらなかったが、それなりにテクニックが必要なためお手軽なキャラではない。

『XII』では「幻無脚」が自動サーチ技に変更。飛び道具を撃とうとする相手に当てることが出来たりと遠距離での牽制手段として有効になった。
また全体的に通常技特殊技の射程が伸び牽制能力が上昇。
しかし過去作以上に近距離での切り返し手段が乏しく(無敵のある技が超必のみ)一度攻めこまれると一方的な展開になりがち。
自分から攻め込もうにもジャンプがティッシュな上、捨己従竜が近Cからの派生限定となるなど全体的な火力も減少。
「飛毛脚」である程度幻惑的な動きは出来るものの、基本立ち回りで主導権を握って行くダルシムキャラへと変貌を遂げた。
前2作に比べると弱体化かつプレイヤーに依存する部分が多いため、やっぱりお手軽なキャラではない。


MUGENにおけるデュオロン

  • bad darkness氏製作 2003仕様+アレンジ
ほぼ原作再現だが、ダメージの減少や一部の技の性能の修正などが施されており、原作の狂った強さは抑えられている。
が、実はパワーアップ技「奥義・多重幻夢暗勁」発動中に弱Pを連打するだけで半分持っていける。
キャラセレの小ポトレが色化けしているので、気になる人は自分で修正が必要。
青村氏によりAIパッチがリリースされているが、無茶な連携はやってこない良AIなのでご安心を。
infoseek無料HPサービス終了に伴い、現在は入手不可。
foxy氏がOneDriveにて代理公開している。

みなみ氏のAI+改変パッチも公開されている。
このパッチを適用すると『XI』からの技やシステムが追加される他、バグや色化けも修正され、
同氏制作のデミトリ・マキシモフミッドナイトブリスに対応するようになっている。
『2003』の代名詞ともいえる交代攻撃の追加は感涙もの。
『03』と『XI』のいいとこどりをしたような性能になる上にAIの動きも非常によく、怖ろしく強い。
そのためかデフォルトではAttackが80になっている。
なおATKを100+AIレベル最高にすると十割コンボも決めてくる。

以下の動画は人操作での挑戦例。いずれもAIレベル最高かつATK80設定であるが人操作で挑戦するなら参考にしてみるといいだろう。
2:54~
12:56~

  • アフロン氏製作 XI仕様+アレンジ
現在は公開停止。
基本的な性能面では原作再現だが、何故か龍とのアナザーダブルアサルトが搭載されており、
裏キャラとして2003モードを使用可能。
ただし完全に03性能・XI性能に分かれていると言うわけではなく、XIモードで三角跳びが使えたり、
03モードの幻夢怨霊壁が空中の相手にフルヒットするなど、それぞれにアレンジが加えられている。
J・J氏や1%氏がAIパッチを製作している。かつては緋麿氏もAIを公開していたが現在は入手不能。

  • みなみ氏製作 アッシュチーム
マルチシフトシステムを擬似的に再現し、2003アッシュチームの3人で1キャラとなっているが、ライフバーは共有(1000)。
常時監視で、ステートを奪われて別キャラが表示された際本体を非表示にして代替アニメを表示することで対応している。
デフォルトでAIも搭載されている。

  • DLS氏製作 H-DuoLon(Hell DuoLon)
XIIIドットで作られた堕瓏のアレンジキャラ。コンセプトは禍々しい堕瓏とのことで攻撃の際の血の様な赤のエフェクトが特徴的。
必殺技はストライカーの斧型と犬型の使い魔など設置性の高い技や突進・運送技といったものを揃えている。
デフォルトで10段階に調整可能なAIも搭載されており、ストライカーの常駐設定や特殊カラーによる性能変化も合わせて
強~狂まで幅広い強さに使い分けることができる。

他に改変キャラとしてpiyo氏の「マスター堕瓏」、魔導意思氏の「タブー」、「Dark Duolon」「Evil Duilon」などが存在。

別キャラとしてはゾディアック・ロランジュやKOFMのラスボスであるPsyqhicalが存在する。

出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー