R-GUN

「デッドエンド・シュート!」


スーパーロボット大戦』シリーズに登場するロボット(PT:パーソナルトルーパー)。メカデザインはカトキハジメ氏。
主なパイロットはイングラム・プリスケン、ヴィレッタ・バディム(プリスケン)、マイ・コバヤシ

SRXおよびバンプレイオスの砲撃戦用武器として開発された、RWシリーズの1号機。
取り回しの悪さを補うべく、変形機構を持ったPTとしての運用が採用された。
(なお2号機は同様に追加装備の重力剣だったが採用は見送られ、後に改修されてヒュッケバインMk-III用の強化装備になった)
頭部はR-1のそれをベースに小型化が図られ、R-3と同様の高性能センサーを装備する。
R-2を上回る出力のトロニウム・エンジンを搭載するため、Rシリーズの機体よりも基本スペックは高い。
しかし、その出力が不安定なのは相変わらず、そのうえ調整の手間が馬鹿にならないらしい。
そしてR-GUNにプラスパーツを付けたのがR-GUNパワードである。
また、それとは別にエアロゲイターの技術で改造して強化した形態として「R-GUNリヴァーレ」が存在する。
(なお、リヴァーレは「R-GUNに異界の存在を憑依させた」とも言われているが詳細は不明。
 その姿は原形をとどめていないどころかそもそもサイズからして比較にならないほど大型化しているため、ほぼ別物と考えるべきだろう)

主な武装は両肩に装備されている、組み合わせてブーメランにもなる剣「ビームカタールソード」
ビームと実弾の両方が撃てるライフル「ツイン・マグナライフル」
プラスパーツにより追加された両肩部の砲身「ハイ・ツインランチャー」など。

そしてR-GUN本来の姿ともいえるのが「メタルジェノサイダー」形態である。
ヨガ顔負けの変形機構により重粒子砲「トロニウムバスターキャノン」に変形するそのインパクトは、
合体のために“アジのひらき”になるR-2に勝るとも劣らないものがある。
緊急時には単体でもその形態になって強力な砲撃を行うことができるが、その真価はプラスパーツを追加し、
SRXやバンプレイオスの腕と接続することによって発揮される。
それが、「天上天下一撃必殺砲」(正式名称:ハイパートロニウムバスターキャノン)である。
二つのトロニウム・エンジンの生み出す超出力を念動力によって集束するこの一撃は、まさに文字通り
一撃必殺の破壊力ですべてをなぎ倒す最強武器となっている。
(なお、R-GUNは元々SRX用の装備のため仕様の違うバンプレイオスの腕とはそのままでは接続できない。
 そこで、プラスパーツとは別にさらにエクスガンナーと呼ばれるパーツと合体する必要がある。
 また、バンプレイオスが使用する際は「天上天下一撃必殺砲・改」と呼称される)

なお、初出は『ヒーロー戦記』の流れを汲むPSのRPG『スーパーヒーロー作戦』である。
月で実用化されることなく放棄されていたものを同作の主人公であるイングラム(もしくはヴィレッタ)が
発見・改修したものであり、彼(或いは彼女)の乗機として数多のヒーロー達とともに悪の野望に立ち向かった。
初出であることもあって、後の参戦作品とは仕様が若干異なっているようである。
メタルジェノサイダーモードと元はSRX用の砲として作られたという設定は健在であり、
ゼットンとの戦いでは暴走同然にメタルジェノサイダーモードが初起動、ゼットンを一撃で葬り去った。
その後パンドンとの戦いで封印されていたSRXが復活したことで本来の機能を発揮、天上天下一撃必殺砲にてパンドンを撃破している。
スパロボでやれ!

(wikipediaより転載、一部加筆修正)

+ ゲームでの活躍

MUGENにおけるR-GUN

ミフ氏により制作されたOG2ドットのものが公開されている。
カラーによってイングラム、ヴィレッタ、マイの声それぞれ使えるようになる。
また声以外にも性能が微妙に変わるようになっている。
イングラムの12Pカラー時のみボス性能になり大幅に性能が上がる。
上記した武装以外にもOG2で使用できた武器がいくつか技として使用できる。
他にもアニメでのみ使用したAMガンナーとの合体技も搭載されている。
デフォルトでAIも搭載されている。
更新によりイングラムモードでアキシオンバスターを使用する際、
こいつを初めとしたパイルバンカーによる攻撃を受けると即死するようになった。

出場大会




添付ファイル