「やるしか、無いのか…」

「やるしかねぇよな?」

流派: 活心一刀流
武器銘: 刀「疾風丸」
生年月日: 弘化3年(1846年)9月14日
身長: 5尺8寸(約175.8cm)
体重: 16貫目(約60kg)
好きなもの: 羊羹、清々しいもの
趣向: 港で海をながめること
宝物: 義父の形見の刀
嫌いなもの: (一幕)もう一人の自分
         (二幕)暑苦しいもの、辛い物(覚醒前)
シンボルアイテム: 紅葉
年齢: 17歳(一幕)、18歳(二幕)
利き腕: 右利き
家族構成: 義父・慨世(故人)、義兄・御名方守矢、義姉・
キャッチコピー: 時代を継ぐ少年 -Shining Soul-
CV: 水津浩志(他には、サガット(SVC)、獅子王&真獅子王(NBC)、シェン・ウー花諷院骸羅(斬サム))


SNKの対戦格闘ゲーム『月華の剣士』の主人公。御名方守矢の義弟に当たる。
活心一刀流の使い手で、死んだ養父・概世より四神の一角である青龍を継ぐ事になる。
普段は黒い髪のおとなしく礼儀正しくも気弱で繊細な少年(その一方で、天野漂に対して等辛辣な言動も見受けられる)。
だが、青龍の力を覚醒すると髪が解け金髪になり、性格が攻撃的となり口調も荒々しく変わる
とはいえ非情や粗暴というわけではなく、どちらかと言えば普段は気さくなお兄さん風。
内気でやや非社交的な覚醒前よりも人当たりはむしろいいくらいかもしれない。
ちなみにあかり曰く「わいるどでかっこいい」との事。

同時に構えや動作も覚醒の前後で大きく変わる。
覚醒前は主に両手で刀を振るうのに対し、覚醒後は身体能力も増すのか片手で軽々と刀を扱うようになる。
本人は覚醒することで自分が自分でなくなる様な気がして、この力を恐れていた。
第一幕では嫌いの項目に「もう1人の自分」と挙げているほどである。
小説版では幼少時代から自分の意志とは関係なく何度か覚醒しているらしく、
相当の苦痛が伴っていると言うことになっているが、物語終盤で楓本人が開き直った事もあり、この事は無くなった。
一人称は、覚醒前:『僕』、覚醒後:『俺』。


「見え見えなんだよォォォ!!」
覚醒することでHPの自動減少と引き換えに大幅パワーアップするキャラクターだったが、
続編である『第二幕』では青龍の力への恐れを克服したため、覚醒後の状態がデフォルトとなった。
当然、各種性能は第一幕の覚醒状態より落ちたが。
また、『KOF2000』ではリョウ・サカザキアナザーストライカーとして登場したり、
NBC』ではプレイヤーキャラとして出演している。

ちなみにあかりの好みのタイプである(PS版一幕で公言)。
見た目に関しては4コマでもアンソロジーでも美形の例示扱いされている。
藤田丈士版『月華の剣士』でも宿屋のおばちゃんは「4、5年後には江戸1番の男前になるのに…」と思っている。
どっかの面食い中華娘女装少年に向かって言ったコメントみたいだ。小説版でも宿の女性も「二枚目」と言っている。
義兄といい、義姉といい、美男美女の3人である。

+ そっくりさん?ネタ

原作における性能

戦闘スタイルは飛び道具、対空技、突進技を備えた主人公らしいオーソドックスタイプ。
飛び道具の疾風(はやて)はSNKの主人公らしく、地を這うタイプである。(二幕の覚醒前版以外)
また、崩しに有用なコマンド投げ、前転する移動技、二幕以降は覚醒後のみながら空中での飛び道具も持つ。
超奥義(超必殺技)はいずれも雷を発生させる辺り、いかにも木気(雷も木気)を司る青龍らしいといえる。(超奥義の技名全てに龍の文字が入っている)

『一幕』では、対戦中に超奥義扱いで「もう一人の自分」を覚醒させることができる。
任意に発動可能だが、覚醒後は常に体力が減少し続け、そのラウンド中は元に戻れないというリスクを伴う。
しかし、一度覚醒するとあらゆる技の速度、判定、火力が覚醒前と比べて飛躍的に向上し、前述のハンデを補って余りある強さを見せる。
昇竜技である「晨明・空牙」は技の弱だと発生後まで無敵が続き、ガードさせての有利フレーム数2Fと、
ガードさせて基本的に反確クラスの不利を背負う月華の奥義の中で破格の性能を誇る。
総じて上位~最強クラスの評価であることが多い。

『一幕』エンディングで覚醒した自分を受け入れた事もあり、『二幕』で通常に選択できる楓は覚醒後での姿であり、体力の減少も無くなった。
上記の通り『一幕』では覚醒後の性能が高く猛威を振るったため、『二幕』では性能が削ぎ落とされて大幅に弱体化したが、
「力」「技」共に全キャラ中最大級のリーチを誇る立ちAを主軸にした立ち回りが強く、嵐討からの一発もある為、
中堅上位と評価する人が多い。

「力」では立ちAが仕様上ガードキャンセルされないため、完全に読まれた弾き以外で返すのは非常に難しい。
基本コンボの火力は上々で、目押しを利用すれば4Aから超奥義まで繋がるため安定してダメージを取ることができる。
下段から繋がるコンボが無いのが弱点だが、そこは超奥義でも追撃可能なコマンド投げ「嵐討」を上手く使っていこう。

「技」は立ちAから連殺斬に移行することが出来るため、牽制を兼ねた立ちAからそれなりにダメージを取れるようになる。
ただし「力」に比べるとワンコンボの火力は相当減っているため、立ち回りでチクチクとダメージを取る形になる。
「嵐討」から乱舞奥義が繋がるため、逆転要素が高いのも魅力。

基本的に「力」と「技」の両方ともそつなくこなすことができるが、どちらかといえば力向きとされている。
ちなみに「極」は両剣質の強みを見事に潰し合ってる為、選ぶ利点は全く無い。
詳しくは剣質弾きを参照の事。


また、隠しキャラとして覚醒前の楓も使用可能だが、この楓は覚醒することができない。
『二幕』通常の覚醒した姿よりも通常技や必殺技が弱体化し、尚且つ空中飛び道具を削除された言わば不遇の姿と言うのが当初の評価であった。
しかし削除された空中飛び道具コマンドで空中通常技がキャンセル可能なバグ(空中連殺斬バグ)が発見されると、
ワンチャンスで爆発的な破壊力を見せるキャラへと評価が変わる事となる。
(バランスが崩壊するので大会では永久や歩月バグ共々禁止されている事が多い)

某修羅の国における空中連殺斬バグの例(下の5:54辺りから)

幕末好機!

しかし全体的な性能の低さ、特に以下とも言われる火力の低さが致命的で、ダメージレースに持ち込まれると余りにも弱く、覚醒後には及ばないとされる。
空中連殺斬を完遂出来る前提で中位、無ければ最弱といった所。

『NBC』では覚醒後の姿で参戦。
全体的に『二幕』に似た仕様になっているが、本家にあった2種類の潜在奥義は両方削除されている。
代わりに2ゲージ技に昇格した「活心・醒龍」の威力がかなり高いため、これを主軸に戦うことになる。
キャラランク的には中堅~やや上位といったところ。

+ 原作必殺技一覧
+ 原作でのコンボ

MUGENにおける楓

+ Ildanaf氏 一幕+二幕アレンジ仕様・非覚醒版
+ Ildanaf氏 一幕+二幕アレンジ仕様・非覚醒 Bstyle版
+ bagaliao氏 二幕仕様・覚醒版
+ Ribeiro氏 二幕・非覚醒版+アレンジ仕様
+ アフロン氏 NBC+アレンジ仕様
+ nonokyo氏 NBC仕様
+ jjong1917氏 NBC+アレンジ仕様
+ Zelgadis氏 KOFMEMORIAL仕様
+ がちょんぱ氏 一幕+アレンジ仕様
+ 大垣氏 二幕・覚醒仕様
+ 大垣氏 青龍楓
+ 大垣氏 一幕・覚醒仕様
+ 大垣氏 青嵐楓
+ 大垣氏 一幕・非覚醒仕様

+ 斑鳩氏 KOFアレンジ
+ MDK氏 KOFアレンジ?

改変キャラ

+ Sepher氏 Zemial

大会ネタバレ

+ 大会ネタバレ注意
+ 男女タッグ大会での戦績<ネタバレ注意>


「俺を覚醒(起こ)した…手前ぇを呪いな……」

出場大会

+ 非覚醒版
+ 覚醒版
+ NBC版(NBCドット使用のアレンジキャラ含む)
+ マスター版
+ B-style版
+ 一幕仕様
+ Zemial
+ 未分類

出演ストーリー

+ ...

プレイヤー操作