アーマック


モータルコンバットシリーズに登場する。アクの強い忍者達のうちの一人
シリーズには「3」から登場。
名前は「エルマック」とも読めるが、発音上はアーマックが正しい。

戦いで死んだ戦士の魂の集合体と言われる、サイコキネシスを操る戦士。
こっちも似たような技を持つが少し違う。
元はバグから登場したキャラクター(後述)。
3~Trilogyではカーンの軍政のようだが、Deceptionではカーンの魂の呪縛が解けているため、命の恩人であるケンシと共に地球の戦士達に協力する。

+アーマックの由来
初代モータルコンバットにおいて、カラー情報のバグでリープテイルの表示の際にソニア・ブレードの2Pカラーが読み込まれることで緑色が赤く変色して表示される現象があった。
プログラマーのエド・ブーンがバグであることを認めず 「あれは隠しキャラクター、Ermac(Error Macro の省略)だ」 と呼んでいたのがアーマックの元の由来。
続編の2でスモーク、ジェイドの台詞やエンディング後のメッセージでアーマックの存在は否定されたが、3で正規のキャラクターとして採用されることとなった。

なお、似たような話で2にスカーレットという名の赤い女忍者が存在するという噂も立った。
スカーレットは実際のゲーム上では存在しないが、コミック版においてアーマックの恋人として登場する。
リア充爆発しろ
その彼女も『モータルコンバット9』でDLCキャラとして参戦した。
相変わらずバグキャラだった。

MUGENにおけるアーマック

海外で数多く製作されている。国産のキャラはいない様子。

  • Mike Obrcht氏製作
モーコンキャラを数多く製作しているMike Obrcht氏のキャラ。
ニコニコで見かける大概(もしかしたら全部)のアーマックはこちら。
フェイタリティその他も実装済み。
AIも標準搭載しているが、ぶっちゃけ弱い

  • juano16氏
juano16氏の「Soul Ninja」。
defファイルが複数存在しており、これひとつでモーコン忍者を殆ど使用可能
もちろんフェイタリティその他も実装済み。
そこそこ強いAIも標準搭載されており、普通に大会に出すならこちらをお勧めする。
完成度も高いのだが、新MUGEN製のためか、作者の知名度なのか、はたまた入手度の難しさからなのかほとんど見かけない。

  • Shazzo氏
手書きのアーマック。AIは搭載されていない。

  • OMEGAPSYCHO氏
同氏のシャン・ツンの追加変身キャラの一体。本来いないはずのMK1仕様だが元が元だけに違和感がない。
(なんでかって?それは、アーマック自体がなにが元だったのかを考えると答えがわかるぞ。)
リープテイルと差別化するため、技構成がジョニー・カノウ・スコーピオンの3人のMIX仕様となっている。

この他にもアーマックは存在しており、海外でのモーコン人気が伺える。
ちなみに前述のスカーレットがMUGENに存在しているかどうかは不明。

出場大会

その他

週刊「載ってねぇ」(Mike Obrcht氏、juano16氏、Shazzo氏、コンプゲー移植キャラの4体が同時に戦っている)



添付ファイル