ヤッ太郎


「てやんでえ、やったろうじゃねえか!」

1990年から1991年にかけて放送されたタツノコプロのアニメ『キャッ党忍伝てやんでえ』の主人公。
CVは山口勝平氏。
アンドロイドだらけで近未来ながら幕末のような雰囲気の世界で戦う猫型忍者ロボットである。
生粋のエドロポリスっ子(江戸っ子)であり、熱血漢だがどこか抜けたところがある放送当時の典型的な主人公キャラ。

普段はピザキャット日本橋本店の店員としてピザの配達等をしているが、事件が起きると一転、秘密忍者隊ニャンキーとしてスカシー、プルルンと共に悪を討つ。
出動の際は表向きはピザ配達の『特急便』として町に放送をし、ピザ屋の一部が変形しリボルバー型の発射装置から飛び出し、現地へ向かう。
この際には通称「いつもの親子」が飛んでいくヤッ太郎達を見て呟くのがお約束となっている。

戦闘においては刀を用いて戦う。
普段は一刀だが、必殺技『ネコ目スラッシュ』を使用する際には二刀流となる。
なおネコ目スラッシュはヤッ太郎の技と言うより妖刀マサマサの力らしく、
マサマサを敵に奪われたときは敵がネコ目スラッシュを使ってきた。カラス忍者なのにネコ目とはこれいかに。

「またまた説明しよう!」
「ヤッ太郎の正義の怒りが限界値を超えた時、
 妖刀マサマサの封印は解け、
 恐るべき力が解放されるのだ!」
「必殺!ネコ目スラッシュ」

また後半からニャゴキングと言う巨大ロボをマサマサで呼び出せる(と言うかピンチになるとマサマサが勝手に呼ぶ)ようになるが、
ヤッ太郎はいつも何かに邪魔されて搭乗できないためプルルンとスカシーだけで操縦するのが毎回のお約束。
最終回でようやくヤッ太郎が搭乗できた。一応主人公だよな?
ちなみにこのニャゴキング、どこぞの瞬殺ロボに似た変形をする。

海外ファンからもタツノコvsカプコンへの登場を希望する声はあったが、すでに版権が海外に売却されているために叶わなかった。

MUGENにおけるヤッ太郎

海外のTsunamidusher氏が制作した、手描きスプライトの物が存在する。
NAME表記は「Samurai Pizza Cats(海外版の番組名及びチーム名)」で、
メインで操作するのはヤッ太郎だが、秘密忍者隊ニャンキーの他のメンバーがストライカーで登場する形式。
攻撃ボタン4ボタン+ストライカー2ボタンの6ボタン。
必殺技は全てストライカー召喚となっており、スカシーやプルルンを呼び出し戦う。
超必殺技では他にもライバルのカラ丸を呼び出したりもする。
声も付いているが、海外版のものである。
AIは未搭載。

出場大会


出演ストーリー