R-9LEO



───その名はレオ。

旧アイレム製作の、『R-TYPE Ⅱ』の次に発売されたSTG『R-TYPE LEO』の自機。
本編とは違う平行世界で開発された機体で、その世界は R-TYPE共通の敵であるバイドが存在しない世界 である。
そのためバイドの切れ端を用いて開発されたフォースを装備しておらず、代わりにビットが強化されている。
(ビットも元々はバイドの切れ端を使わずにフォースを開発する経緯で生まれたものなのだが、そのへんも開発経緯が違うのだろう)
「エデン・パラドックス」と呼ばれる人工惑星エデンの暴走事件を鎮圧するために投入された。
この機体の最大の特徴はレーザークリスタルを取得することで機体の上下に一度に二つ装備されるサイ・ビットと、それを敵機に向かって自動誘導で発射するサイ・ビット・サイファで、
サイ・ビット・サイファはエネルギーゲージが無くなるまで敵を追尾させ続けることができるが、その間は本体は丸腰なので守りが手薄になってしまうという弱点を持つ。
その戦闘力は凄まじく、わずか2機のLEOでこの事件を鎮圧したと言われている。
なお時間軸は平行世界で起こった第一次バイドミッション(初代R-TYPE)にあたる。

原作プレイ動画はこちら。

またシリーズ最終のSTG作品『R-TYPE FINAL』でも開発機体の一つとして登場する。
こちらは変態技術集団TEAM R-TYPEが如何様な手段を以てか別次元の本機体のデータを入手し開発したとされている。
波動砲は基本的なものしか装備されていないが、新たに装備されたフォースと、元々のサイ・ビットがそれを十二分に補っている。
というか強力なフォースとおまけ程度の波動砲が装備されて本来のLEOの死角が全て無くなったせいで、LEOとLEOⅡは最強機体の一角だったりする。

戦術SLGである『R-TYPE TACTICS』にもⅡから登場。
性能は亜空間潜行を排除し、各種レーザーとポッドの機銃を取り替えたダイダロスといった具合。
サイビットシュートはチャージに5ターンかかるがストライダーのバルムンク(水爆ミサイル)並の威力を誇る。
ただし、フォースを装備できず、ストライダー系統のようにバリアもないため防御がもろくわりとギャンブル性の強い機体。


MUGENにおけるR-9LEO

卵寒天氏によるものが公開されている。R-TYPE LEOのもの。
STGを一通り原作再現しており、ビットとレールガンが主武装。残機制で初期設定では3機。
そしてSTGゆえにボタンを押し続け攻撃を当て続けるだけで、のけぞりのあるキャラはほぼ完封できる。
グレイズ飛び道具反射のないキャラはまず太刀打ちできない。
ただし復帰時無敵はないため、画面に長く残る攻撃や全画面技に弱く逆に完封されてしまうことも。
かなりピーキーな性能といえる。
AIは乱入者によるものが制作されている。

出場大会




添付ファイル