アナザーK'



「やるじゃねぇか…。」


元々はK'没デザインであり、K'のアナザーストライカーとして登場。
名前のとおり、ノーマルのK'とは外見が違う。彼を召還すると地上の相手にはナロウスパイクを放つが、ノーマルのK'とモーションが違う。


MUGENでは

NAO&M.氏のおかげでようやくプレイヤーキャラとなり、AKOF公式キャラにも選ばれた。
ドットはKOF99~2002仕様の改変だと思われる。企画AKOFの主人公とも言っていい位置のキャラである。
同じくAKOF参戦キャラのヒエルとは兄妹のような間柄らしい。
AKOFのストーリーを見る限りでは、オリジナルより人間として出来ている様に見えるような……。

+プロフィールなど
格闘スタイル:暴力
誕生日:不明
年齢:不明
出身:不明
身長:184cm
体重:67kg
血液型:不明
趣味:夢を語ること
好きな食べ物:ビーフジャーキー、ビール
得意スポーツ:無し
大切なもの:ヒエル
嫌いなもの:ネスツ

秘密組織『ネスツ』によって製造されたKシリーズの内の1人。K'のクローンであり、彼と同様に右手で草薙の炎を操る。
オリジナルとは違い肌や髪の色、髪型が異なるが、声や戦闘スタイルなどはほぼ似通っている。
アナザーK'(Another K')から転じて『AK(エーケー)』と名乗っている。
兵器ではなく『人』として生きることを望んだ彼は、施設内にいたヒエルという少女とともに組織を脱走した。
ネスツ崩壊後、各地に残された組織の施設跡を巡っていた彼らは、ある時K9999アンヘルに遭遇し戦闘となる。
しかしその最中に『Kシリーズを抹消する者』を名乗る、白い炎を操る謎の男の襲撃を受けてしまう。
ヒエルとともに辛くもその場から逃れたAKは、自分たちが『人』として生きるために倒さねばならない敵がいることを知り、
過酷な戦いに身を投じヒエルを守ることを決意する。
(以上。製作者のreadmeより。)

性能面ではオリジナルと同じ技が多いが、性能が若干異なる。
エアトリガーを放つと若干前方に跳ねる。ミニッツスパイクは範囲は狭いが隙が少なくなっている。
超必殺技では、ヒートドライブが無い代わりに、アナザーストライカー時代の
ミニッツスパイクを彷彿とさせる突進技・アトミックスパイクが追加されている。
また、チェーンドライブはグラサンを投げることなくそのまま突進する。
オリジナルと違い超必殺技にも派生があり、ショートドライブから様々な技に派生する。
その中にはマキシマが使うバンカーバスターなんてのも。
ぶっちゃけショートドライブさえ決まってしまえばどれでも派生できるので、プレイヤーの好みで使うといいと思う。
なお、彼のMAX3はショートドライブからの派生である。

……が、ニコニコではAI対戦動画が盛んなために、その姿を見る事は殆ど出来ない。
本家のK'には様々なバリエーションがあるというのに、あまりに哀れ。
一部でAIも研究されているようだが、製作者氏が放置状態なので公開は絶望的か。

正確に言えばNaoや同氏のK'と同様で、起動コマンドが存在しないだけで元々AIは入っている。
…しかしこのAI、素体となったKAKU氏のK'に組み込まれていたAIそのまんまであるため、AIを起動させると
本来彼が持っていないはずのヒートドライブを放ったり、グラフィックも通常のK'になったりする。
もっとも、CNSなどは素体と大きく変わってはいないため、AK用の新技への対応など、少し弄るだけで問題は解決しそうではある。
さらに、NAO&M.氏製作キャラの中で一人だけボイスや効果音が小さいなど、ちょっと不遇である。

おまけに、設定的にはあくまで一人のKシリーズでしかないため、他のキャラとの設定的な絡みがほとんどなく、
AKOFの企画が現在も盛り上がっている一方、主人公的存在なのに孤立していて少々寂しい。

また、Alex_MUGEN氏によるXI仕様のものも公開されている。

  • 森ノ中氏版アナザーK'
2012年2月に森ノ中氏によって新たに制作されたものが公開された。
カットインやボイスも搭載されている。
10段階のAIも搭載されているため今後の活躍が期待される。

「テメェじゃ役不足なんだよ!」 *1


出場大会

出演ストーリー