ヘブンズゲート


プロフィール

通り名:ヘブンズゲート
本名:不明
性別:男
出身:不明
年齢:27歳
誕生日:10月17日
身長:179cm
体重:104kg(装備重量:65kg)
血液型:故郷では血液型を知る習慣が無かったので不明
髪の色:緑
目の色:青
利き手:右
職業:門衛
家族:現在は独り暮らし
結婚・恋愛:不要
長所:真面目
短所:出世欲が無い
好きなもの:向上心のある者
嫌いなもの:品行方正に欠けるもの
趣味:様々な装備品の観賞
目標:全ての者に「天」の門衛にふさわしいと認められること
ひと言:「この戦いが私の新たな力とならんことを」
+readmeより設定
どこかの場所とも、何らかの概念的なものとも言われる「天」。
彼はその実力を買われ、24歳にして「天」の門衛を任された男である。
「天」の門衛は「ヘブンズゲート」と呼ばれ、彼が門衛と勤める前にも何人かいたという。
門衛に就いて以来ずっと彼は休むことなく門衛を続け、多くの侵入を試みる者と死闘を繰り広げてきた。
彼の前に全ての侵入者は退けられ、彼の実力を疑問視する声はいつしかほとんど絶えた。
彼自身、自分の実力に自信を持ち始め、門衛の仕事を誇りに思っていた。
しかし、彼はふと思った。「自分の実力は世界でどれほどのものだろう」と。
その考えが浮かんだ時から、彼の体はそれを確かめたくて日々うずいていた。
そんな時に彼の耳に飛び込む総合格闘の世界大会「M.U.G.E.N.」の知らせ。
そこには普段牙を向けることなど考えもしなかった「天」の住人の幾らかも参加するという。
彼は自分の実力を試す絶好の機会と考え、上司に頼んで一時休暇をもらい、戦いの地へと赴くのであった。

ちなみに彼の装備品はその上司が好意で自ら作って与えた品であり、特別な銘柄は無し。
彼は感謝しながらも内心そのデザインをあまり気に入っていないようだ。

リック氏の製作したオリジナルキャラ。ゴッドプレス類似技とかアトラスの3D格ゲーではない。
剣を持ってるため紛らわしいがヘブンズソードでもない。(上記の設定にもあるように武具は正式の名称が無い)

設定をかいつまんで書くと「天界の門番がMUGEN界に腕試しに来た」といった感じ。(最初は神(準神)の門番という設定だったらしい)
鎧で顔が隠れており全く喋らないので無機質な印象を受けるかもしれないが、設定を見ればわかるように素の体重が異常に軽いのを除けば結構普通の人(?)である。
実はボイス自体はSNDに収録されているのだが、発声の記述がされていない。
余談だが、製作者であるリック氏と東方キャラのカットイン絵で有名なmoiky氏によってそれぞれ描かれた彼の素顔がpixivにて投稿されていたりする。

性能はカラーによって大きく変わるがおそらく高カラーでの神キャラ性能が最も有名だろう。
このカラーではトップクラスの殺傷力を持ち撃破が困難なキャラを数多く倒している。
ただしこのクラスのキャラとしてはライフが削れやすく「時間こそ掛かるが本来倒すことは可能」なんて相手には逆にやられるなんて事もたまにある。
例としてある大会コードホルダー1PカラーにKO負けされている。

殺傷力の高さが有名だが低カラーなら並~強キャラとなりその出来栄えも良い。強いて言うならこの鬼と同じ。


ちなみに11Pは論外性能。

+8Pカラーについて
8Pカラーは未完成であり作者が見栄えを気にしているため「個人的な使用に留めていただけると助かります」と書いてあるが

  • ヘブンズ8Pは私自身の評価としては出来が悪いですが、
  • 動画に使ってくださるということはそのキャラを出したいと思ったわけですので、
  • その気持ちを無下にすることはできません。
  • よって今私が何らかの呼びかけをすることは無いと思います。

動画での使用を禁止しているわけではないが、一応大会で使う際はランクに気をつけて迷惑がかからないよう注意しよう。


出場大会


出演ストーリー

M&U(「上」の実力者)
M&U-R
M&U-L
M&U-D
Lost_Memoris_Town ムラクモ達の上司)
鬼穣子の昔話(修行中)

その他

月刊MUGENランキング(2010年12月号)
週刊「載ってねぇ」(Vol.11)



添付ファイル