御木津藍

  
    |┃三     ∩___∩
    |┃      | ノ      ヽ
    |┃ ≡   /  ●   ● |
____.|ミ\___|    ( _●_)  ミ
    |┃=___    |∪|   \
    |┃ ≡   )   ヽノ   人 \


「動きが甘い。まるで射的の的」

わた 、御木津藍とはETERNALの18禁超銀河級・総選挙RPG『輝光翼戦記 天空のユミナ』に登場する影のヒロインである。
名前の読みは「おきつ あい」。「らん」ではない。 誰だよオケツ言った奴は出てこいよ!ぶっ殺してやるよ俺が! Now Eating。
ついでに「おつきあい」でもない。
神撫学園の1年生で歩武達の後輩。神撫学園の星徒会長を決める超選挙・星徒会大戦で初戦を突破した弓那達の前に
突如謎の転入部員として現れ、以後共に戦っていくことに。担当声優は遠山枝里子氏。
シリーズの続編である『輝光翼戦記 銀の刻のコロナ』にも他の論説部メンバーとともに参戦している。

原作でのキャラクター

どこか不思議な雰囲気をまとったクールビューティーキャラ…… なんてことはなく
不思議ちゃん+腹ペコキャラという属性を兼ね備えた作中屈指のネタキャラ。
自分のクラスでも愛称は「青玉葱」「UMA」などである。解け込みは完璧(本人談)らしい。
やたらと銃の扱いに慣れていたり人間離れした量の食事をぺろりと平らげたりするが至って普通のどこにでも居る日本人(本ry)らしい。
感情が高ぶると目が赤く染まる癖なんかもあったりするが断じて何の変哲も無い日本人(ry)である。
本編の時こそシリアスな役回りを演じることもあったが、FDではほぼ100%ネタ街道を突っ切ってしまっている。
というかFDでは丸々一章分の騒動の引き金を作ったりした。

銀の刻のコロナではさらに暴走は止まらず学園祭の食べ物根こそぎ食らいつくし都市伝説ブルーオニオンと呼ばれ
学園祭で開かれた弓那のコンサートに勝手に○林幸子風の衣装着て強制参加するなど暴れまくった。
銀の刻のコロナFDでは他の論説部とはぐれた後なぜか野生化。魔物を従えクイーン藍様と名乗り
野菜泥棒するというもうヒロインだったころの面影はどこ行ったレベルの暴走っぷり。
さらに歩武にすら「嘘みたいだろ?あいつヒロインの一人だったんだぜ?」とか言われる始末・・・
ああ、青玉葱よどこへ行く。

ファンからの人気は結構高く、人気投票で4位にランクインしている。
メインヒロインの中では最下位な上に、サブヒロインである神楽那由他にすら負けているが。
(とは言え那由他は後のFDでメインヒロインに昇格するほどの人気キャラなので仕方のないことではある)

+本編ネタバレ注意
その正体はやっぱり地球人ではなく、アルゴダ星という星から弓那を監視するために来たアルゴダ人のエージェント。
本名は アリュート=グムラ=リンス 。藍という名前は自分と姉の髪の色から付けた名前らしい。……藍色だよね!
姉であり、アルゴダ星大統領直属の近衛騎士であるディーレ=グムラ=田村タリムに強い憧れを抱いており、
彼女の前では何かと優等生ぶろうとするが、彼女の方は話を聞かない藍に呆れている。
FDのおまけシナリオでは三文芝居をしたり、戦隊モノの如く増えたり色々混沌となった。

開発初期はクールビューティーなアサシン(もしくはエージェント)という路線だったはずが、
SD原画師が原案の横に食べ物を描いてからこの方向が決まったらしい。描いた奴……前出ろ、前だ! よくやった。
……食べ物からどうして不思議ちゃんまで加わって、こんなネタキャラになったかは定かではない。


原作中の性能

を武器として扱う、青属性のキャラ。
まず、藍といえばハイドロブラスター、ハイドロブラスターといえば藍。これは所謂ブラストスキルという存在なのだが、
効果は相手のバックヤードスキルを打ち消すというもので、このゲームの中でも1,2を争うほどの超重要スキルである。
本編内でブラストスキルが使えるのは藍のみなので、必然的に彼女の存在は重要なものになってくるのだ。崇めよ、称えよ。
そのせいで雲母から「横槍女」とか言われるのは、仕方ないといえば仕方ない

尤も、そのブラストスキルで止められないアンチブラストスキルや対ブラスト用ブラストスキル「チェインステイシス」、
さらにそもそもブラスト対象にできないディスインタラプトスキルというものもあるのだが……
アタッカーとしては、歩武が心理攻撃型なのに対しこちらは論理攻撃型(物理、魔法の違いのようなもの)である。
一応、心理攻撃も使えるのだが彼女のステータス的には論理攻撃寄りなので、殆ど使われない実情である。
チャージショットしたり相手が落ちるまでどれだけ撃ち続けられるかしたりとやはり銃を使ったものが多い。
後半での攻撃力は歩武に次ぐ高威力となるが、論理防御力を持つ防具がドロップ限定であるため下手をすると蒸発する。
ただ、後衛スキルは同時に3つしか持てず、ブラストスキル2種で枠が埋まってしまう関係上、ブラストが必要なく、かつ論理防御に長じている相手の場合、
後衛で行える行動がほとんど無くなってしまう欠点を以前の青属性から引き継いでいる。
また、ブラストしなければならない相手の場合前線に出られないので前線としての活躍は歩武には劣る。

ルートスキルは「エターナルファンタズム」。4ターンの間、オーディエンス値が変動しない(総量が微量に減りはする)というもの。どういうことかと言われれば、このゲームにおいてオーディエンス値というのは技のゲージであり、これが一定量ないと攻撃できない。四色で配分されたオーディエンス値を上手く調整しなければ前衛も後衛もスキルも使えない。
つまりオーディエンス値を調整してこの技を放つことで、相手の攻撃を封じつつ、こちらはゲジマユしてずっと俺のターン!をすることが出来る。
専ら藍ルートのラスボス専用といわれるスキルである。
もう一つは論理攻撃で最強といわれる「エクセッシブフォース」。別名「歩武フォーエバーキャノン」
何気に全体攻撃である上、論理防御が低い敵だと一掃出来たりする。

FDにおいては青属性の仲間が増えたことにより立場が微妙に危ぶまれたが、月夜と違って高火力なアタッカーとして活躍できる。向こうは論理防御寄りだしね。
また、月夜と違って継続スキルをブラストすることもできる利点がある。巫女姉妹が揃うと消えてしまう利点ではあるが。
加えて、ネタ技に見せかけたガチ技の「蒼穹のアイ」がやたらと使える。前衛スキルだが、相手の全能力を下げる上4ターンも持続する。

銀の刻のコロナでは終盤で仲間になる。他のユミナ勢が軒並み強化されていたが彼女の代名詞であるブラストスキルが
今作において圧倒的に弱体化(MP消費激しい、他のスキル使ったほうが早く敵倒せる、相手の行動を完全に封じる完全上位交換スキルの存在)
などのせいでいまいちぱっとしない・・・
しかし、青属性で唯一の全体攻撃スキル持ち、フィールドスキルの狙撃は遠くの相手にダメージを与えられる便利なスキル。
ステータスも攻撃、防御共に高め、と特筆するほどの売りがないだけで使えないわけではない。
コロナFDではブラストスキルのMP消費量大幅低下という追い風を受け圧倒的に使いやすくなった。
さらに前回では終盤の参戦であったが今回は序盤から参戦するため高いステータスの全体攻撃持ちキャラとして
大暴れしている。


MUGENにおける御木津藍

お馴染みrakurai氏によるものが存在。前回の雲母から僅か6日という超スピードでのリリースとなった。
これで論説部の4人全員がMUGENに揃ったことになる。MUGENで星徒会大戦が見られる日も近いか?
氏曰く突貫工事とのことだが、技はひと通り揃っており使用に関して特に問題はない。
藍の性格を考慮して全射撃攻撃が味方殺し技になっている。スイッチ式なのでオフにすることも可能。
当て身技で自分ごと吹っ飛ぶのはご愛敬。

原作の「グラビティスパイラル」が再現できなかったということで、代わりに「グラビティビュレット」が搭載されている。
銃による攻撃が中心の遠距離用キャラクターとなっており、上記のブラストスキルも当身技としてしっかり存在。
射撃技は地上で撃つとやや硬直があるが、空中で撃てばほとんど硬直が無いため、小ジャンプを繰り返せば凄まじい勢いで連射出来る、と言う小技もある。
というか AIの基本戦術
月夜と同様シフト効果付き防御を再現しているため、インディゴ・リベレイションにより体力が回復する。
一応近接用の攻撃もあるが、無敵技やガーキャン、投げなどが存在しないため、基本的には近づかれたら負けな模様。
他のユミナキャラと同様、カウンター(1.5倍)とクリティカル(2倍、1%)が存在する。

例によってデフォルトでAIも付属しておりLvも1~3に設定可能(デフォは2)で、そのまま動画使用も可能。
インディゴ・リベレイションの発生確率も設定できる。
最新の更新によって11P選択時に分身が出るようになった。分身の数や無敵の有り無しは設定可能。
味方殺し有りの状態で分身モードやるとお互いに潰し合いを行うかなりカオスなことになる。


出場大会

プレイヤー操作




添付ファイル