AMIDA


AMIDAとは、アーマードコアに登場する アイドル 生体兵器である。名前の由来はあの阿弥陀如来。AMIBAではない。 あっちもアイドルだが

AMIDAについての詳細

射突型ブレード(通称:とっつき)や火炎放射器といった特徴的なパーツと、生体兵器の開発に定評のある 変態企業 キサラギが開発した生体兵器で、
大きさはACと比較しても全高3~6m近くあると思われ、かなりでかい。
非常に好戦的で食欲旺盛、動くものは全て攻撃対象とし、非常に高い生命力、繁殖力、環境適応力を持っている。
一応の制御方法として一定以下の温度では活動を停止する様に設定されているらしく
あるミッションでは冷凍(仮死)状態で保存されているAMIDAを見る事が出来る。
逆に言うとそれ以外の制御方法は存在しない訳だが。それでいいのかキサラギ(AMIDAの研究が途中であった事も一因であるだろうが)。
一応、これでも歴代の生体兵器の中では、制御方法がはっきりしてるだけマシなほうなのだが。
交尾のあと、♂は♀に進んで食われる運命にある、これは現実の蟷螂の交尾にも見る事が出来る現象でもある。
尚、NXの続編におけるLRではどうやら企業間契約で生態兵器全般の開発が禁止されており、
AMIDAの開発継続はUNKNOWN(AC型)の時と同様キサラギの一部鷹派が独断で行っていたらしい。
どちらのケースも最終的に自分たちの手に負えない状況にしているあたり、懲りないというか学習しないというか…。

余談だがこの危険極まりないAMIDA、あるミッション後におけるレポートでおっかない事に野生化の可能性が示唆されている。
繁殖力と環境適応力がどれほどかははっきりしていないが、下手するとインターネサイン並の脅威になりかねないだろうか。

ACNXとACLRにおけるAMIDA

初登場のNXではゆっくり近づいてきて自爆し、周囲に超高熱と体液を撒き散らす。
最初は歩行しか移動手段を持たないが、ミッションの進行状況によってはジャンプによる移動もできるようになる。
比較的序盤の狭いステージで登場することとNX特有の爆熱仕様もあって、操作に慣れるまでは自爆に直撃し、熱暴走によってAPを削られることとなる。
その 愛らしい 特徴的な見た目と動作で一部のレイヴンを虜にした。

続編のLRでは品種改良がなされたのか自爆はせず酸を吐いてくる。
また、雌雄の別(小型=♂ 大型=♀)や飛行種などバリエーションに富んでいる。
特に飛行種はAMIDA自体が飛行している事に驚愕している隙に加えて
異様に高い攻撃力と機動力で多くのレイヴン(プレイヤー)達に羽の音のトラウマを植えつけた。
(ニコニコ大百科より抜粋、一部改稿)


MUGENにおけるAMIDA

MUGENでは3種類のAMIDAが存在する。
+ ka2obushi氏製作 AMIDA
+ Jurica氏製作 メカAMIDA
+ Jurica氏製作 羽AMIDA

出場大会

出演ストーリー