芸者


「あーらえっさっさー」


芸者とは

そもそも「芸者」というのは、舞踊や音曲・鳴物で宴席に興を添え、客をもてなす女性のこと。
江戸時代中期ごろから盛んになった職業であり、今でいうコンパニオンに近い存在。
どう考えても格ゲーには向いていない職業だが、
徹底的に「欧米人が全力で勘違いした江戸時代」的な世界観を追求したゲーム『富士山バスター』に紅一点として参戦した。
超ミニ着物の嬉しくない生足で戦うが、鉄壁なので安心して欲しい。ボイスは京都弁で、妙に間延びしていて気が抜けてしまう。
続編の『大江戸ファイト』では、女性キャラ枠をくノ一にとられてリストラされてしまった。
+ そのくノ一であるカスミちゃんの画像

芸者の性能

突進系のキャラ。というかこのゲームはだいたい皆こんな感じである。
原作でCPUの芸者と戦う時は突進技「鶴の舞い」に注意。
中段属性で画面端まで届き、強なら 全ヒットで六割五分飛ぶ 上にガードしてもそのまま投げに持っていくと極悪な性能。
もう一つの必殺技は、対空技「蝶の舞い」だがこっちは特に無敵もないのでそこまで脅威ではない。
蝶の舞いのコマンドは4ボタン同時押し。これは珍しい。
「空転シャチホコ投げ」は掴まれた側はレバガチャで投げ抜けが可能。

ちなみに、プレイヤー側が芸者を使う場合は強キックだけ出してればクリアできる。


MUGENにおける芸者


もちろん作ったのはmass氏である。原作ドットで、AIも付いている。
オリジナルの1ゲージ乱舞技「富士山乱舞」が追加されている、
バックステップ・空中ガードができるようになった、
鶴の舞いは4ヒットまでしかせず、しゃがみガードできるように弱体化、
などとおおむねスタンダードな方向にアレンジされている。
AIレベルは10段階あるが、「主に10で動作確認をしたので他のレベルはオマケ程度に考えてください。」とのこと。
隙あらば挑発(ゲージ溜め)を狙ってくるなど、ウザ可愛いキャラに仕上がっている。

「勝ったどすえ」

出場大会


その他