ギガンテス


巨人の原野が霧に包まれるとき 怒れる巨人が姿を見せる…
はるかに雲を突き抜ける その姿を目にする者は
ここが巨人の原野と呼ばれる 本当の理由を知るだろう

アクションRPG『パタポン3』に登場する通称「ちょちょ見えボス」の一匹。DQ?モンスター違いですな。
いかれる巨人の原野に現れる伝説の大巨人であり、原作では最も始めのうちから戦えるちょちょ見えボスである。
+ ちょちょ見え?

雲より高い大巨人の名は伊達ではなく、過去登場したすべてのボス、施設よりもはるかに大きい。
あんまりにも大きすぎるので体を大きく曲げて、見下ろすような形で戦うのだがそれでも画面に収まりきらないほど
勿論そのデカすぎる巨体から繰り出される攻撃の範囲は尋常ではなく、ほとんどの攻撃がもはや回避不可能である。

『パタポン3』のボスは弱ると暴走を始め、予備動作直後に行動を行うようになる仕様があり、
パタポンシリーズはプレイヤーが一定リズムで太鼓を鳴らしてパタポン達に命令を下さないといけないゲームである為
こっちがコマンド入力している間に相手は2回3回動いてきたりする。

実際は編成しだいでは特にスキルもいらず推奨レベルでも勝ててしまえる程度な上(ただし倒しきれず暴走させてしまうと悲惨)
レベルの上がった終盤ではチームにとっては特に倒すメリットもなく専らギガンテス(笑)呼ばわりである。

+ 巨人の王ギガンテキング

MUGENにおけるギガンテス

にんにく氏の手描きによるギガンテスが存在。
特徴はまず、とんでもなくデカい。当たり前のように画面よりも大きく、
アポカリプスデビルガンダムオンスロートを軽く凌ぐ背の高さである。
ただしこちらは細身の為あまり画面の占有はしない。
このサイズにして圧倒的にぬるぬる動くのでそこも注目のポイント。ほとんど画面外だが

性能としては、まず体力が通常の15倍とかなり大きく設定されている。
歩行時の足踏み含め5種類の攻撃を持ち、そのうち3種は範囲がとても広くまず避けるのは不可能な上にピヨり属性が付加されている。
幸い原作同様予備動作が設けられている為に見てからガードは余裕であるが、
暴走モードに入ると呼び動作が短くなり見てから反応するのが辛くなるため手がつけられなくなる。

なお試合開始からしばらくは対戦相手を気にもとめず棒立ちしているが、この間は攻撃し放題。

更に見た目が多少変わり、大きさも強さもさらに上(体力はなんと通常の150倍!)になったギガンテキングも公開されている。

余談だが、戦闘時の身の屈みっぷりから棒立ちしている時の背の高さを想像してみると、その途方もないサイズに驚くだろう。

参考動画

出場大会




添付ファイル