青影のマサチオ

「氷分身の術!」

オンラインアクションMORPG「アラド戦記」に登場する敵キャラクター。
及び、2010年4月~6月に日本アラド戦記で行われていた変身イベントで使用できるキャラクターの一つ

原作設定

現在のアラド戦記で通常ダンジョンの最後を飾る「西部線奪還」に登場する二足歩行する亀型ネームドモンスター。
ボス部屋一つ前で確定、直行ルートから逆方向に行くとのナヌーと半々?の確率で出現する。
一つ前のエリアの「列車上の海賊」のネームドモンスターであるフックフィッシュ、刃の牙の二体とナヌー、マサチオの四匹は鋼の鱗海賊団の副船長にあたる。
また、列車上の海賊のボスモンスターである黒鱗のムサンバニが船長、火盾(でんせつ)のボッティチェリーが艦長(海賊なのに?)にあたる。

無法者の組織であるカルテル(デスペラードの項目参照)を退けた冒険者達、その反攻作戦のために
カルテルが侵攻作戦のために物資を運ぶのに使用していた海上列車を奪還するため、海上列車に乗り込むミッションが上記二つのダンジョンにあたる。

原作中の性能

  • 敵としては
通常攻撃は稀にスリップダメージを与える出血効果が付いていて横に判定が長い。
手裏剣投擲は3Wayに投げる手裏剣分解、一定確率でブーメランのように帰ってくる手裏剣回帰の二種。
キャストタイムの後にプレイヤーの背後に回り、居た場所に分身を出しつつ凍結判定を持つ攻撃を仕掛けてくる。
なお、攻撃を受けたとき一定確率で分身を召喚する。
下手にヒット回数が多い攻撃を使うと分身まみれになってストレスがマッハになるため要注意
ヒーローズロードとよばれる最高ランクの難易度で挑んだときは氷の分身の周囲に居ると凍結するという、どっかで見たような攻撃を仕掛けてくる。

  • 変身キャラクターでは
ぶっちぎりのぶっ壊れキャラクターである。最終ダンジョンとよばれる古代および異界ダンジョンで変身を使用できないのがせめてもの救いか
ダッシュ攻撃がソウルブリンガーの鬼影閃とよばれる前方広範囲の敵をロックしつつ切り抜けるスキルに酷似した攻撃を クールタイムなし で使用できる *1
これを往復して使うだけで完全に動きを止めることが出来る。
モンスターとしてのマサチオが使用していた手裏剣投擲とはバリエーションが違い、「手裏剣」は三つ同時に投げ、ゆっくりとぐるぐる回りながら前に進んでいき、
「手裏剣・影」は前方で渦を巻くようにぐるぐると回転する。
なお、この手裏剣二種は洒落になっていないレベルでの出血ダメージがあり、通常ダンジョンのボスモンスターであれば手裏剣を投げてダッシュ攻撃で固めているだけで終了してしまうぐらいに恐ろしい攻撃力を持っている。少しはバーサーカーに分けてやれ
他にも前方広範囲に凍結判定持ちのブレスを撒く氷の息吹、ヒット後一定時間後に大ダメージを与える影法師切り、一番遠くの敵に急降下して攻撃を仕掛けるなど、技のデパートとしての側面を持つ。
本家にあった分身も使用できるが、そこまで強調するほど壊れてはいないっていうかダッシュ攻撃と手裏剣と氷の息吹だけで十分


MUGENにおけるマサチオ

MUGENではsedec氏が製作したmasaccioが存在している。
ゲーム内の変身版を基準にしており、ドットもそれに準拠している。変身版だけあって、イントロではキャラクターが変身している。 *2
MUGEN内に合わせるためややデチューンが施されている。(無制限に使えたダッシュ攻撃が1ゲージ技になっている、手裏剣が空中ヒット時に浮かせる判定が弱化しているなど。)
手裏剣二種が設置技として強かったり、氷の息吹で凍ればターンを強引に掴むことが出来る。
その反面、切り返しが弱く一度潜り込まれるとあっというまに倒される中~遠距離キャラクターだろうか。
AIはデフォルトで簡素なものが搭載されている。強さのランクとしては恐らく強と凶の境界線あたりだろうか

出場大会