ガルムレイド

「イグニション!」


スーパーロボット大戦』シリーズに登場するロボット。メカデザインは青木健太氏。
PS2のゲーム『スーパーロボット大戦MX(以下MX)』およびそのPSP移植版の『スーパーロボット大戦MX ポータブル』に登場する。
パイロットはオリジナルキャラクターのヒューゴ・メディオ、サブパイロットはアクア・ケントルム
名前の由来は、に登場する二つ首の番犬「ガルム」と、英語で襲撃という意味をもつ「レイド」。


メンテナンスフリーを可能とする機動兵器『MODEL-X』を開発するため、ツェントル・プロジェクトの元で作られた
『TEアブゾーバー』というカテゴリ機体の試作7号機。
試作5号機・6号機とは違い、サイズが大きく装甲が固い特機(所謂スーパーロボット)タイプであり、
この機体は接近戦を得意とする。
攻撃手段は、肩の牙状のパーツ「ファング・グリル」を拳に装着してロケットパンチを射出する「ファングナックル」、
膝の回転ノコギリに電撃を纏わせ膝蹴りを行う「サンダースピンエッジ」、
肩と腰のファング・グリルを解放して放出したエネルギーを纏い、拳で敵を一撃粉砕する「バーニングブレイカー」等。

自然界の四つの力(重力・電磁気力・強い核力・弱い核力)に次ぐエネルギー「ターミナス・エナジー」を利用するエンジン『TEエンジン』が搭載され、
ターミナス・エナジーはどこにでも存在するため、実質永久機関である。
しかし、ガルムレイドに搭載されているTEエンジンは試作型のため出力が不安定で、それを制御するために
パイロットとは別に出力制御担当を要する複座機体となっている。
そのため、パイロット同士の会話でも「ブルーゾーン」「イエローゾーン」「レッドゾーン」といった単語が良く見受けられる。
不安定故に補助動力源としてバッテリー等も併用しており、こんな設定だとエネルギー関連のユニット能力がつきそうなものだが
安定化した後継機含めてそんなものは一切つかず、 たまにあるイベントや会話はともかく、通常戦闘では出力の安定、不安定といった要素は全く無い。
…不安定を再現されるよりはましだが、その手の設定どおりのユニット能力を持つ味方が同作品にいるだけに少々残念。
後に参戦した第2次OGでもEN回復はつかず、同じく永久機関を搭載している超機人のようにフル改造ボーナスでもつかなかった。
しかしTEアブソーバーの完成形であるガルベルスにはさすがにEN回復(大)がついていた。

スパロボにおいてアニメーションが進化し、動きを魅せるためにオリジナルの乱舞攻撃が増えていた中で、
テンションの高い前準備から一撃の元に敵を粉砕する『バーニングブレイカー』は特に人気が高く、
今なお根強い人気がある機体である。 後継機はまた既存武器による連続攻撃になってしまったが。

+ パイロットについて

(以上、Wikipediaより抜粋及び一部改変)


MUGENにおけるガルムレイド

MUGENにおいてはMXのドットを用いたZ.A.I.氏勢作のものが公開されている。
原作の武装は大体搭載されており、ブーストナックル等原作にない技も搭載されている。
原作ではモーションの一部であった『イグニション』は2ゲージ技となっており、
一部の技にスーパーアーマーがつき、攻撃力が上昇する強化技だが、ガードが出来ないというデメリットも持つ。
イグニション発動中のみ、必殺技の『バーニングブレイカー』が使えるが、
使用後は一切ゲージが回復しない仕様となっている。

ちぃたま氏によるAIが公開された。

出場大会