リドリー


「なぜなら…今からおまえらは消えてなくなるからだ」


任天堂のゲーム『メトロイド』シリーズに登場するボスキャラクター。
主人公サムス・アランの両親の仇にして、犯罪組織スペースパイレーツ軍の最高司令官(初代除く)であり、
何度も復活したりロボ化したりしては強敵としてサムスの前に立ちふさがる。

ちなみに初代の場合は、取説に「(リドリーは)惑星ゼーベスの先住生物で、マザーブレインによってコントロールされている。」とあり、
当時は番犬のような猛獣設定だったのだが、リメイク版などでは「スペースパイレーツの『幹部の一人』」になっている。
(続編ではこの後サムスによってボコボコになった組織を立て直して最高幹部に上り詰めた設定)

性格は残忍かつ狡猾で高い知能を持つ。体長は約3.7m。
外見としては紫色に近い皮膚を持ち人間の胴体と手足を持ったプテラノドンといったところ。
色は作品によっては暗灰色だったりと安定しない。
体内細胞でプラズマを生成して口から高温の火炎やビームを発射することが可能で、
飛翔によるヒットアンドアウェイや爪や尾による近接攻撃も行ってくる。
OtherMでは体色を黒色に変え一部技を無効化するという芸当も。

なお、ゲーム中で言葉を発することはないものの、漫画版では人語を理解し話すことが出来る場面があるので
知能の高さは相当なものであるという事が伺える。
シリーズのおなじみではあるがオリジナルのリドリーは『初代』(そのリメイクの『ゼロミッション』も)と『スーパー』のみでそれ以外はクローン等別人。
派生型としてパイレーツがクローン技術と機械技術を合わせて造ったサイボーグの『プライム』シリーズの「メタリドリー」
『プライム3』でメタリドリーがフェイゾンによって更に強化された「オメガリドリー」(プライム1とプライム3のメタリドリーは別人)
銀河連邦の施設で冷凍保存されていたクローンリドリーの遺伝子情報を読み取った寄生生物Xが擬態した『フュージョン』の「ネオリドリー」
リドリー自身ではないが『ゼロミッション』でリドリーが自分の力を誇示するために作らせていたロボット兵器の「メカリドリー」(ただし未完成)が登場している。

大乱闘スマッシュブラザーズ』では、
初代のステージ「惑星ゼーベス」の背景と『DX』のオープニング、『X』の「亜空の使者」のボス、『forWiiU』のステージ「パイロスフィア」のやくものとして登場。
+ 亜空の使者での活躍
『forWiiU』の「パイロスフィア」は時間経過で出現し、ステージ上を蹂躙してくる。
一定以上ダメージを与えてひるませると最後に攻撃したファイターの味方になり、援護してくれる。
また、崖の下に潜ってエネルギーを吸収し「黒リドリー(海外ではMeta Ridley=メタリドリー)」となり、性能が強化される。
倒すことが可能で、撃墜数にもカウントされる。

+ OtherMネタバレ



MUGENにおけるリドリー

MUGENでは複数のリドリーが確認されている。
+ endoedgar氏製作 スーパーメトロイド版
+ Sapphire Flame氏製作 ゼロミッション版
+ BaganSmashBros氏製作 NewRidley(OtherM)版
+ BaganSmashBros氏製作 Ridley(スマブラ)版

出場大会