カーミラ




「我が暗黒の力の恐ろしさ、その身をもって知るがいい!死ねえぇぇぇい!!」

プレイステーション専用格闘ゲーム『ツインゴッデス』に登場するラスボス
名前に関しては吸血鬼小説の巨頭である「吸血鬼カーミラ」と同じだが、別に吸血鬼でもなければ関係者でもなんでもない。
おそらく適当にそれっぽい名前を引っ張ってきただけである。

ラスボスにも関わらず、パッケージにはデカデカとその顔が映っており、
説明書のイラストでは二人の王女を脇へ押しやって中央で仁王立ちをしているなど、 異常に扱いが大きい

概要

5人の手下「ノーム・ゴーム」「エルフ・ジーニー」「レッドドーン・ジャイアント」
「アンクル・ファットマン」「プリンス・ゴールドラッシュ」を率い、ラブ王国を一瞬にして壊滅させた魔女。
その実力のほうもかなりのもので、(プレイヤーキャラが弱いこともあって)
高難易度時に攻略しようとすると凄まじい苦戦を強いられることとなる。
なお 敵キャラクターの中で唯一の実写キャラクターである

演じたのは「SACHIKO YOSHIDA」なる人物(何故か役者の名前が全てローマ字表記)。
それ以外の情報は明かされておらず、結局「よしださちこ」なる人物が何者なのかは現在では闇に葬られている。
(Google検索でも同名のAV女優が出てくるのみで、カーミラを演じた「よしださちこ」氏の情報を見つけることは
 出来ないという葬られっぷりである)
実写キャラにも関わらず、声を当てたのは別の人物で声優は緒方恵美氏。
wikipediaなどのページを見て勘違いされることが多いのだが、
あくまで 緒方恵美氏は声を当てただけであり、カーミラに扮していたわけではない
魔法攻撃を使うたびに「死ねえぇいッ!」とシャウトする気合の入りっぷりである。

キャラ性能としては、ボスキャラクターだけあって非常に強力。というか
根本的にプレイヤーキャラの性能が非常に悪いため難易度によっては異常な強さと化す。

その強さたるや、道具屋で売っている
「攻略に有用な情報が書いてある」と説明書には書いてあるが特に攻略に有用な情報は書いていない詐欺商品 の「ウラ情報」に
さあ、今度の敵は最終ボスの魔女カーミラだ。
暗黒の力を使いこなすだけあってムヤミに強い!
それに、あいつには弱点らしい弱点がないんだ。
今まで倒した魔物たちとはケタ違いの強さだ。
カーミラを倒すには、あいつの必殺技には必殺技を、
魔法には魔法で反撃してやるんだ。
暗黒の魔女カーミラも無敵じゃない。
あきらめずに戦えば、きっと勝つことができるはずだ!
などと、 とにかく頑張れといわんばかり のアドバイスが書いてあるほど。まるでどこぞの尖兵である。

挑む際には最大HPを上げてくれる「モカの実」と、中ボスポジションである「プリンス・ゴールドラッシュ」の魔法、
「ブラックホール」を発動させる効果のある「魔晶」を買っておくと比較的難易度が下がる。
というか、これ以外のアイテムにほぼ存在価値が無いのでこれ以外の選択肢は無い。

飛び道具、ジャンプした後空中から突進してくる技、そして誰がどう見ても春一番な技と
見た目に反して高性能な技を揃えた正統派ボスキャラクター。
上記の「ウラ情報」には「必殺技には必殺技を~」と書いてあるが 真っ赤なウソ で、
プレイヤーキャラ二人の技の攻撃判定が異常に小さいうえに食らい判定が大きく、
カーミラの必殺技の判定が異常に強いため 必殺技に必殺技で当たるとほぼ負ける
魔法に関しては魔法で潰せる場合もあるので間違ってはいないが、基礎攻撃力の差から
そんなリスキーな攻略をするとかえって難しく ウラ情報が完全に罠 である。

+ 実際の高難易度の場合における攻略方法

エンディングでは神のパワーで浄化。なぜかウェディングドレスのような衣装になり、
嬉しそうなニーナとシリンが映りスタッフロールに突入するという意味不明っぷり。
解釈するならば「暗黒の力が浄化されて元に戻った」ということだろうか。


『ツインゴッデス』とは


プレイステーション初の格闘ゲーム。 ポリグラム(現ユニバーサルミュージック)が1994年に 定価7800円 で発売した。
制作費の殆どが声優につぎ込まれており、そのしわ寄せがあちこちにまわっている。
実写キャラとカートゥーンアニメキャラが戦うという違和感バリバリの対戦形式や、プレイヤーキャラの小さすぎる攻撃判定、
無駄に凝っている割にゲームに反映されていないバックグラウンドストーリー、少なすぎるプレイヤーキャラ(2名)、
長いロード時間、昭和の香り漂う演出など、ツッコミを入れ始めたらキリがない。

ツインゴッデスのストーリーはOPで全て説明される。
OPは某星間戦争風に流れる英語字幕と共に飯島直子氏のナレーションで進行する。
このOP、3分近くあるのに一度始まってしまったら スキップ不可能である
ムービーが 始まる前に スタートボタンを連打しておけばさっさとタイトル画面まで飛べるのだが、
ちょっと気を抜いている間にムービーが始まってしまったら、もう後は黙って見るしかない。
そういう場合は さっさとリセットボタンを押してスタート連打からやり直した方が良い

+ こんな感じ。なげえ…

ゲーム上意味のないストーリー説明が終わると、おもむろに主題歌が流れる。
ちなみにこの時画面上には何故かプレイヤーキャラ二人の スリーサイズが表示 されたりしている。
カーミラ様もこの時は目を赤く光らせたりと大活躍である。
+ 神曲注意

主題歌が終わって、30秒のロード時間を乗り越えるとタイトル画面になる。
ここで 「レジェンドバトル」 を選ぶとようやくゲーム開始である。
そこから先は君たちの目で確かめて欲しい。


MUGENにおけるカーミラ様

サクラカ氏が原作の画像を用いて製作したカーミラ様が存在する。
ゲージを使うが敵の投げ以外の攻撃を吸収する魔法ガードが強力。
直接攻撃にはガードポイントがついているものもあり、かつ全て空ガ不能。
2ゲージ技「コール・トゥ・フィアー」は相殺不能な上削りダメージが大きい。
開始イントロや敗北時のムービーが長いが 仕様 である。
+ 技説明
AIは作者によるものが標準搭載されている。
IX氏による外部AIも存在する(最新版は2013/09/11更新版)。5段階にレベル調整可能。
2013年12月26日にペパーミント氏のAIも公開された。こちらは10段階にレベル変更できる。

主役2人タッグと戦った際の特殊イントロと敗北時のムービーが見れる動画

+ 大会ネタバレ注意

出場大会