高嶺悠人

「俺は、前に進むことしか出来ない……」


プロフィール

Xuseの「永遠神剣シリーズ」の登場人物。時の運行を守るかーなーり強いライダーとは関係ない。居合使いの親族とかでもない
『永遠のアセリア』に登場している。声優はPC版、PS2版、ドラマCD共通で紫月澄人。PSP版では中村俊洋。
2巻で打ち切られてしまったOVA版では、が担当した。
永遠のアセリアの主人公であり、物語中の存在感も抜群であり人気は非常に高い。その人気を妹に分けてくれ

原作でのキャラクター

元々は、浅見ヶ丘学園の高等部に通う学生。
実父母、養父母と2度に渡り両親を失っておりそれ故に義妹の佳織を非常に大切に思っており、行動原理の第一は佳織である。
同級生の一人である秋月瞬は瞬が佳織に執着していることもありお互いに敵視しあっていた。
佳織以外には親友の今日子、光陰を除いて他人をあまり信用しておらず、
両親を二度も失っているという理由から、自分自身すら不幸を呼ぶ疫病神として嫌っていた。
この経験から他人に頼らず自立して生きて行くため、学校の後には夜遅くまでバイトに明け暮れていた。

ある日を境に謎の頭痛と幻聴に苛まれるようになり、謎の女性との出会いを経て、
異世界「ファンタズマゴリア」(命名は佳織)へ佳織と共に召喚される。
召喚された当初は 名無しのスピリットに童貞を奪われ、 ある理由から寝たきり状態で異世界のため言葉も通じなかったが、
エスペリアという少女の献身的な介護のもと、次第に体力が回復させるとともに、言語を習得しコミュニケーションが取れるようになっていく。
しかし悠人が召喚された理由は、神剣「求め」の使い手(エトランジェ)として召喚主であるラキオス王国の戦力とするためであった。
そして、王命により召喚に巻き込まれていた佳織を人質に取られ否応なく戦いを強いられることになる(召喚術によりエトランジェは王族に手出しできない)。
その戦力は悠人本人以外は人と姿形はそっくりで下位ながらも神剣をもっており、戦闘力は高いのだが
人間のような権利などは全く認められておらず死ねばマナの塵となるだけの「スピリット」と呼称される少女たちだけであった。
しかも、「求め」(通称、バカ剣)は本来持っている力を失っていたため、マナを渇望しておりその欲求にも絶え間なく晒され続けることともなった。
+ ネタバレ注意

ちなみにファンからの愛称は「 ソゥユート 」。これはファンタズマゴリアの言葉である聖ヨト語で「ユウト様」という意味で、序盤の未翻訳状態ではこの呼称が多く使われるためと思われる。
(序盤で悠人が聖ヨト語を習得するまでは 実際に台詞が聖ヨト語で表記・発音される
この他にもとても細かく異世界の言葉が考えられており、異世界の人間が何故か日本語をしゃべっているというようなことは無い。
異世界の言葉を覚えていく過程が細かく描写されるというのは異世界ものとしても稀有であり、シナリオとしてその点の評価も高い。
そのせいか次回作は色々言われることに……あれだよ、言葉はものべーがなんとかしたんだよ!

原作中の性能

ゲーム中の性能は、いわゆる器用万能型。
得手不得手が分かれるスピリット達とは違い、どこに配置しても固有のスキルで一流のスペックを発揮できる。
シナリオではやたら未熟者扱いされるが、その性能は全キャラ中でもトップクラスである。
特に(バッドルートを除き)確定でエターナル化するため、終盤はオールラウンダー(全ての役割を同時に担う)として安定して使える。
更にレベルが上がると超火力全体攻撃のオーラフォトンノヴァや味方超強化のエターナル等、強力なサポートスキルも覚える。
まあ数回周回済みじゃないと、とてもじゃないが覚えられないけど。

性能とは特に関係はないが、 「インスパイィィアッ!!」「ホォォォリィィィ!」 など、技名を言う台詞の独特な発音がよくネタにされる。
また、これらのスキルは味方を補助するサポートスキルであり、かけられた側はかけた側への感謝の言葉を述べるのだが、
終盤のユートは大抵オールラウンダーとして運用されるため、その際などに自分にサポートスキルをかけて自分にお礼を言う光景が毎回見られ、自演乙として親しまれている。

参考動画


MUGENにおけるソゥユート

ナツユメ氏による、原作スプライトを使用した物が公開されている。現在β版。
原作のモーションが少ないため、スピードを変える等して弱中強が表現されている。
超必殺技コネクティッドウィルは一発で5割、オーラフォトンノヴァは8割全画面等、原作的な性能になっている。
またラウンド移行時にはサポートスキルがランダムで発動し、性能が強化される。
どのスキルが発動するかはラウンド毎の残りゲージで変動する。
さらに12P性能も搭載。
12Pを選択すると常時サポートスキル「エターナル」が適用され、その効果により攻撃力と防御力が2.5倍とガード時の削り無効が発動、
更に常時ゲージMAXになり、オーラフォトンビームが常時特殊verになる。

デフォAIは入っていないがsuzuki氏によるAIが製作されている。
2013年3月更新版からは一部技の詠唱が簡略化される改変が施された(DEFファイルを弄れば通常通りにも変更可能)。
これにより、ゲジマユや12Pなどでもスムーズに戦闘出来るようになった模様。

2015年10月にはロウ・エターナル勢などを製作した練習不足氏によりボイス音量やスプライトの調整パッチが公開された。
オーラフォトンビーム相殺時に分身するバグやサポートスキル発動時フライングするバグなどの修正パッチも公開されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27437632
また同氏による性能改変パッチも公開されており、オーラフォトンノヴァが多段ヒットになるなど技の発生から挙動まであらゆる面が変更されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27584235

出場大会




添付ファイル