ゾッド


「言葉は無粋!!押し通れ!!」


キャラクター概要

白泉社発行の隔週青年誌『ヤングアニマル』連載の、
三浦建太郎作のダークファンタジー漫画『ベルセルク』に登場する、「不死者」の異名を持つ人外の戦士。
本作の主人公であるガッツとは宿敵関係であり、幾度か剣を交えている。
声優はTVアニメ及びゲーム版では、『北斗の拳』のラオウや『ドラゴンボール』のリクームで知られる内海賢二氏が、
2012年・2013年公開の劇場アニメ『ベルセルク黄金時代篇3部作』では、ストリートファイターIV
ザンギエフのCVなどを務めている三宅健太氏が担当している。
その正体は、人智を超えた異形の存在である「使徒」と呼ばれる怪物。その中でも群を抜いた力を持つ
実力者であると同時に、何よりも戦いを渇望し強者との戦いに最上の喜びを見出すという戦闘狂でもある。

闘争と殺戮の日々を繰り返し、彼が戦場であげた首は何百何千とも言われており
さらにゾッドが死んだと噂される度に他の戦場に姿を現す事から「不死(ノスフェラトゥ)のゾッド」と恐れられている。
戦場では伝説的な戦士として語り草にされているほか、傭兵たちの間では彼を戦いの神として崇めている者も。
彼の武勇伝が知られている物だけで、百年以上も前から語り継がれていることも不死のゾッドと呼ばれる由来の一因である。
原作では素性が謎に包まれている登場人物が何人か存在するが、彼もその中の1人である。
同じく謎に満ちた人物であり、千年もの長きに渡り使徒と敵対している「髑髏の騎士」とは
古くからの好敵手であり、互いの過去についても幾らかの面識があるらしい。

作中で判明している数少ない事実とは、彼が人外の者であること、少なくとも300年以上に渡り生き続けていること、
果て無い闘争欲を満たすため100年の間にありとあらゆる戦場を練り歩き
ひたすらに闘争と殺戮を繰り広げていたことが彼自身の口から語られている。


人間形態は一目見て分かる程に屈強な肉体を持つ巨漢である。
また、斬馬刀戦斧といった大型の武器を好んで使用する。
体格は言わずもがな、戦闘能力においてもガッツを凌駕しており
ガッツとの一度目の戦いでは、彼を完膚無きにまでに圧倒し絶体絶命の窮地にまで追い込んだ。
(無論、その当時の彼が弱かったわけではなく既に卓越した戦闘技術を身に付けていた。)
素手で人間を引き千切り、甲冑を身に付けた兵士をも容易く両断する程の膂力を持つ。
さらに並大抵の攻撃ならば物ともせず、まさしく人間離れした力の持ち主である。
その強さは、城攻めの際に送りこまれた50人の切り込み隊を、武勲を目当てにゾッドに
奇襲をかけた300人の傭兵団を事も無げに皆殺しにするなど、まさしく怪物そのもの。
戦闘狂であるが為に、戦いを邪魔する者には決して容赦せず
ガッツとの決闘に横槍を入れられた事で激昂する一面も見せた。

使徒形態は人間の姿から一転、異形の怪物へと変貌する。
変身後の見た目は雄牛の様な後肢と角、獅子の頭部と前肢、蝙蝠型の翼、大きく長い尾、
全身は獣毛に覆われた黒い巨獣という、まるでキメラを思わせる姿である。
凄まじい膂力を誇り、鋭い爪で鋼鉄や岩盤をいとも簡単に切り裂く。
さらに、腕を切り落とされても即座に接合させる程の治癒能力と飛行能力も備えている。

原作では、ガッツの出生と過去を描いたエピソード「黄金時代篇」で初登場した。
ある戦争の攻城戦において鷹の団と交戦し、先遣部隊として送り込まれた50人の切り込み隊を一人残らず惨殺。
部隊の仲間を殺されたことで業を煮やしたガッツは城に乗り込み、単身でゾッドに戦いを挑むも圧倒的な力で窮地に立たされてしまう。
(ちなみに、ゾッドによれば自身の剣戟を相手が持ちこたえたのは50年ぶりらしい。)
機転を利かして何とか一撃を打ち込むガッツだったが、久方ぶりの強敵に狂喜したゾッドは魔獣の姿へと変貌。
満身創痍のガッツに止めを刺そうとした時、リーダーのグリフィス率いる鷹の団によって阻まれる。
ところが、決闘を汚されたことで激昂したゾッドにより兵士たちが次々と蹴散らされていく中で、
その隙をついてグリフィスがガッツを救出するも、ゾッドに追い詰められてしまう。
この時、2人が咄嗟に見せた連携で片腕を斬り落とされるも両者を圧倒するが、 グリフィスが所持していた
真紅のベヘリット *1」を目にすると、謎めいた予言を言い放ちその場を飛び去ってしまう。

その後は、様々な事情と経緯を経て鷹の団は逆賊として王国軍に追われる身となってしまう。
逃走の日々を続けるも、国王により追っ手を命じられた罪人のみで構成された部隊「黒犬騎士団」の
追撃を受けてしまい乱戦となる。黒犬騎士団の頭格であり、ゾッドと同じく人ならざる存在の使徒である
ワイアルドはグリフィスを殺そうとするが、その矢先に再び姿を表したゾッドの手にかかり逆に殺されてしまう。
そして城攻めの時と同様に、意味深な言葉を残して立ち去るのだが…。
この数日後に本作、いや漫画史上に残るであろう最悪のエピソード 」が巻き起こる。
+ 黄金時代篇以降では

使徒の中でも有数の猛者であり、なおかつ古参の存在と思われるがその思考や行動原理は他者と比べて独特である。
前述の黄金時代篇では、敵将との戦いで窮地に陥ったガッツに己の大剣を投げ与え命を救った。
また「蝕」によって開かれた異空間で使徒たちが狂宴に興じる一方で、門番の役割を努めていたゾッドは
蝕に対してまるで興味を示しておらず、さらには異空間から脱出してきた「髑髏の騎士」と
半死半生のガッツらを見逃すなど、明らかに他の使徒と比べても異質な一面を持ち合わせている。
また、あるエピソードではガッツ一行と新生鷹の団の双方にとって共通の敵である
強大な力を持つ存在に対抗する為に、一時的にガッツと共闘し見事に退けた。
まあ、共闘の最中にも互いに本気で殺し合うとしてたわけだが。
+ 斬り裂いてみせろ あの雷雲を!

常に強者を求め続けているが、もはや大抵の人間では相手にならない為に
自身の同族とも言える使徒たちを相手に戦いを挑んだことも幾度かあったが
欲求は満たされるどころか、ただ空虚感だけが残ってしまうらしい。
そんな中でも、髑髏の騎士とガッツは己の欲望を満たすにふさわしい数少ない敵であり
彼ら相手には嬉々として戦いに臨み、特に髑髏の騎士は終生の宿敵としても認めている。

彼自身が使徒である事から、己が超えられなかった絶望の中から這い上がり、そして人の身でありながら
化物を打ち倒し生き抜くガッツに、心の奥底では憧れを抱いている事をある少女に指摘されている。
前述のように、ゾッドが強者に対して執着を見せているのはそれが理由なのかも知れない。
(以上、Wikipedeaより一部転載、改変)

また、ゲーム版である「ベルセルク-喪失花の章-」(DC)と「ベルセルク-聖魔戦記の章-」(PS2)の両作品にもしっかり登場している。
前者では中ボス、後者では何とラスボスとして登場し、ガッツ達の前に立ちはだかった。


MUGENにおけるゾッド


長らくの間、 マスコットのゾップル ライバルであるガッツの強力なストライカーとして活躍していたが
この度、GN先行者クラリックなどで知られるmaruhen氏の手で正式にMUGEN入りを果たした。
同氏制作のキャラ達と同様に、3Dモデリングを用いて制作されている。
ボイスは内海賢二氏…ではなく、何とライオンといった野生動物の音声を加工したものを使用。
さらにキャラのモチーフとなっているのも、maruhen氏が色々な海外の土地を訪れた折に
アラスカで実際に見かけたというグリズリーから着想を得たとの事である。・・・・すごい作者だ。

本体の現行版はver. 1.0で、氏のサイトで修正パッチ(ver. 1.2)と共に公開中である。
こちらの解説動画にてサイト先へのリンクも表示されている。なお、改変や再利用なども自由。
SFFファイルの容量が約80MBと若干重いが、一挙一動が非常に滑らかでぬるぬる動きまくる。
(ちなみに、maruhen氏の制作キャラの中では最もファイル容量が大きかったりする。)

上記の画像を一目見れば分かるが、所謂巨大キャラである。
高い攻撃力と広域のリーチを備え、さらに一部の必殺技にはハイパーアーマーが付加される。
アーマー中に攻撃されると被ダメージが1.2倍になる反面攻撃力が上乗せされる、肉を切らせて骨を絶つ仕様。
巨体で重く、地上では地面との摩擦が強く働く(=ヒットバックが小さくなる)ために
小技の連打などが標準的なキャラより多く当たってしまう。
逆に空中での連続技は、独自処理(敵のHitDefに設定されたyaccelを受け付けない)により
北斗系のキャラらが持つ様なステートを奪うもの以外の普通の浮かせ技は
食らってもたいがいその場でダウンしてしまうのでかなり入りにくい。
また、原作同様巨体に似合わぬスピードを誇る。
MUGENにおいても原作さながらに、豪快に暴れまわる姿を見ることができるだろう。
+ 各種技解説

レベル制のAIがデフォルトで搭載されており、10段階のレベル設定が可能。
初期設定のAIレベル(5)は強ランク程だが、レベルが上昇するにつれて
攻撃速度アップ、コンボの増加や投げからの追撃といった具合に戦法のバリエーションも強化される。
MAXのAIレベル(10)では上記の空中コンボ殺しも相まって、凶ランクに相当する強さになる。
逆にレベルを下げると、攻撃速度の鈍化・投げやゲージ技の不使用といった弱体化がなされ、
並キャラでも戦える程度の強さに抑えることが可能。この様に強さを事細かく変更することができる。

+ おまけ


「どこへ行く?貴様の心臓はまだ動いているぞ。

 戦え!!肢体がちぎれるまでこのオレと…!」

出場大会

出演ストーリー



*1
+ ...