千面人


台湾のゲームメーカーIGSの対戦格闘ゲーム『黄飛鴻(Alien Challenge)』の登場人物。
アメリカ軍により液体金属を元に作られた人型兵器
全身が液体金属である為、自身の体を様々な形に変形させ戦うことが可能
勝利時には巨大な手に変身して、Vサインをする。
専用ステージはワシントンD.C.の国会議事堂と桜並木をバックに戦う。
なんかステージ中央に軍用ヘリが陣取っているが、千面人はアメリカ軍の兵器なので監視も兼ねているのだろう、多分。

動画では、飛び道具で攻撃する際の掛け声がうまく聞き取れない視聴者から「ウンババくん」、
酷いものだと「○ンコのフン」などのコメントをされる。
後者の場合、通常カラーの千面人が黄色いことからシャレにならない。

+EDでは…
意訳「カモンベイビー!!乗ってけよ!!」

普通の人間の姿になる事もできるようだ。しかも中々のイケメンである。
この姿と試合中の姿、どちらが素顔なのかは永遠の謎。
残念ながら、この姿で戦ったり勝利時に素顔を見せることはなく、
他のキャラと違って登場時に変身するわけでもないので、このことを知ってるプレイヤーは少なかった。


MUGENにおける千面人

     
ドマイナーゲームのキャラを作る事で有名なmass氏による物が存在する。
原作が高火力なゲームである為、全体的に火力が引き下げられている。…それでもかなりの物だが。
その他、空中ガードが可能になっていたり、超必殺技に暗転演出が追加されていたりと、
比較的新しい年代のゲームに合わせた仕様変更が加えられている。
標準で10段階調整可能なAIが搭載されている。

この他、前述した専用ステージがReginukem氏によって公開中。




出場大会

削除済み

その他