塚本千紗


1999年に発売された、Leaf作の18禁ゲーム『こみっくパーティー』(移植作は全年齢)の登場人物。
隠しキャラを除き、ヒロインの中では最年少の16歳。見た目が幼い所為で小中学生と間違えられる事も。
また、渡辺製作所の同人格闘ゲーム『The Queen of Heart's』シリーズの実質第三弾である『Party' Breaker』にも参戦している。
CVは馬場澄江氏。

経営が苦しい印刷所「つかもと印刷」が実家であり、その手伝いを一生懸命頑張る健気な女の子。
ただし、台車に過剰な印刷物を載せて暴走させ人や物にぶつけたり、印刷機を壊したりとかなりのドジっ子でもある。
主人公が同人世界に入る際、オフセットの本を出す為印刷所を訪れる事により知り合うことになる。
主人公のことを「お兄さん」と呼んで慕っており、ファンディスクの『猪名川でいこう!!』では他のヒロイン達のことも
「○○のお姉さん」と呼んでいた(○○には名前が入る)。
ただ、 中学生である立川郁美のことまで「郁美のお姉さん」なんて呼んでいた ため主人公から即座に突っ込まれた。
流石の千紗も、中学生以下だと思われていたことにはかなりのショックを受けた模様。
ちなみに、外見や言動からは想像もつかないが彼女の通う高校はかなりの名門校で、成績の方も極めて優秀なんだとか。

癖は「にゃあー」。
前述のドジな行動をする際に、慌ててこの台詞を言うことが多い。
割と特徴的な口癖ではあるが、同作には「ふみゅ~ん」だの「ぱぎゅ~」だのと言った特徴的すぎる口癖のキャラがいるため、
比較的普通の口癖としてファンからは親しまれている。

好きな食べ物は焼きおにぎりであり、真夏の海にお弁当として作ってきた。
しかも 顔ほどのサイズもある巨大な焼きおにぎりを


『Party's Breaker』での性能

原作通り、台車を暴走させて攻撃する他、原作で「にゃあにゃあ」言ってた所為か、フェリシアに良く似た技を多数持っている。
またフェリシア同様、画面端の壁に張り付くことも可能。

ダッシュが同作で唯一ステップになっている為、機動力が低く、前進中にはランダムでこける事も。
ちなみに、このこけなのだが、 リプレイ中にもランダムで発生する ため、コンボを撮ったリプレイでコンボに失敗したりする事も……
それは「リプレイ」なのか?

それにしても大事なお客様の同人誌が詰まったダンボールが大量に投げつけるのは、原作通りとはいえ印刷所の今後が心配になる姿である。
……念のため言っておくが、決して意図的に投げつける訳ではない。原作では。


MUGENにおける塚本千紗

時間の国けい(とけい)氏によるものが存在。
伊吹川氏のサイト(無限高校)で代理公開されていたが、2013年に公開を停止。
基本的にPB仕様だが、オリジナルの超必殺技が追加されている。
AIも簡易的なものが標準搭載。
ぽや氏が大会で使用したAIも氏のSkyDriveで公開されている。

どこからか出した台車を大量にぶつける姿から「台車の錬金術師」等と呼ばれることも。

出場大会

その他