イヴ

  1. イヴ(BLACK CAT)
  2. イヴ(ELSWORD)
  3. イヴ(デモンブライド)
  4. イヴ(hanma氏)
  5. イヴ・ノイシュヴァンシュタイン

イヴ(BLACK CAT)


「私、まだ実力でトレインに勝ってないから」

『週刊少年ジャンプ』に連載していた矢吹健太郎作のアクション漫画『BLACK CAT』に登場するヒロイン。リンスレットは?
血液型はAB型。身長144cm。体重36kg。年齢は推定11歳らしい。
アニメでの声優は福圓美里氏。

闇の武器商人、トルネオ=ルドマンの元にいた研究者チームによって生み出されたナノマシン生体兵器。
初登場時は、トルネオの元で感情なく人を殺す殺人兵器として扱われていたが、
主人公トレイン=ハートネットの相棒スヴェン=ボルフィードに出会い、彼との接触で自我が芽生え、
彼が示す自由を欲し、以後トレインとスヴェンと共に行動し掃除屋としての道を歩む事になる。

体の中から無尽蔵にナノマシンを生成することが出来、それらは血液中を通って体の中を駆け巡っている。
また自ら望む性質のナノマシンを生み出し操作することも可能で、体を変身(トランス)させることで様々な形態で戦う事が出来る。
それらはイヴの知識や人格が成長していくにつれ、変身の速さや精密さが向上するため、本人の成長と共に戦闘力も上がる。
序盤は自分の腕を刃に変えていただけだったが、背中から羽根を生やして空を飛んだり、
髪の毛を変化させ拳を作り攻撃したり、その変身能力は作中でも多数。
着ている服もナノマシンで分解・再構築出来るようで、作中でも人魚(マーメイド)に変身する際服装を鱗等に変えていた。

心の成長と共に体も成長していくようで、トルネオの元にいた時は年齢が11で止まっていたが、スヴェン達と共に行動していき、
その短い間に急激に体も成長していた。
物語終盤で過去の自分と一緒に並ぶ場面があり、その絵を見てもその差が見られる。
実は、トルネオの元にいた研究者のリーダー、ティアーユ博士の遺伝子を基に作られたクローンであり、
外見の特徴は非常に酷似している。

性格は基本的にクールだが優しい一面がよく見られる。たまに子供っぽい所も。
自分を救ってくれたスヴェンには心の底から感謝しており、とても慕っている。その関係は親子に近い。
いつかスヴェンのパートナーになるため、現パートナーのトレインをライバル視しており、何かと突っかかる子供っぽい所も見せるが、
イヴが窮地に立たされるとトレインが助けてくれる場面が多く、実際は物凄く信頼している。

物語の最後では、一人前の掃除屋になるためトレイン達と仕事をしているが、どうやら身長が足らなくてライセンスがとれない様子だった。
しかし、後に描かれた読み切り版で遂にライセンスを取得。身長の問題はクリアできる程に身体が成長した模様。

その設定や戦い方、キャラクターの性格から察するに、元ネタはスクウェアのゲーム『ゼノギアス』に登場する少女「エメラダ」だと思われる。

+ 同作者の次作では…


『ジャンプスーパースターズ』でのイヴ

ニンテンドーDSのゲーム『ジャンプスーパースターズ』では、
まさかの主人公であるトレインをサポートキャラに押し出し、たった一人バトルキャラとして登場した。
性能はスピードタイプで扱いやすい技が多いが、その分体力の基本値が最低クラス。ナノマシンの効果で微量回復はするがあまり発揮する場面はない。
リーチが長い技と、敵を吹っ飛ばしやすい技が揃っており、タイマンならかなりの強さを発揮するが、乱戦には溜めが大きい必殺技が仇となり不向き。
三段ジャンプで乱戦からの脱出も容易だが、空中技の性能はそれほど高くないため油断は禁物。
ヘルプで空中ダッシュを付け、敵の様子を窺いながら牽制し、隙あらば吹っ飛びが強いランス等を使っていくのがベスト。
壁際ではゴールドラッシュが強く、敵をそのまま外に押し出しすことが出来る。戻ってきたら羽根を当ててそのままリングアウトも可能。


MUGENにおけるイヴ

『ジャンプアルティメットスターズ』のドットを使ったものがZ.A.I.氏によって作成された。ドットはJUSだが性能はオリジナル。
リーチの長い「髪の毛パンチ」から始まり、投げ技や無敵付き昇竜である「フェザーアッパー」、
溜めは長いがガー不でダウン追い打ちも出来る「ハンマー」等、技は使えるものが揃っている。
ゲージ技は判定が強い「ゴールドラッシュ」、飛び道具技である「フェザーブレット」、速い突進系技「ランス」等。
同氏作のトレインと比べ機動力が低い代わりにジャンプが三回出来るのが特徴。
最新の更新で、PS2のゲーム『機械仕掛けの天使』のボイスが搭載された。

AIは搭載されていないが、KURON氏によるものが存在する。5段階にレベル調整が可能。
蓬莱氏のAIも存在したが、現在は公開されておらず入手不可。


出場大会

更新停止中
凍結




イヴ(ELSWORD)

「はぁ・・・・何か面白いこと無いかな?」

プロフィール

名前 : イヴ-EVE-
性別 : 女性型ナソード
年齢 : 年齢不詳
武器 : ナソードギア(NASOD GEAR)

韓国製オンラインアクションゲーム「ELSWORD」にて、サービス開始から少し経ってから追加されたプレイヤーキャラの一人。イメージカラーは ピンク*1
ナノマシン生命体フラグメントの能力者?違うよ、ナソード生命体だよ。
日本での担当声優は能登麻美子女史。韓国では、長門有希御坂美琴といった人気ヒロインを担当するウ・ジョンシン女史。

ポーカーフェイスで自分では「感情なんか持ってない」と言っているが、実際にはそうでもない。
現在の文明を見下している傾向がある。
小柄そうな印象があるが身長はやや高め、だがしかし女性陣3人の中で一番胸が小さい。というかもはや絶壁である。
ナソード(いわゆるロボット)の女王であり、無口無表情キャラ。「ナソードギア」と呼ばれる小型のメカを二体常備しており、黒がモビ、白がレビと呼ばれる。

原作でのイヴ様

ナソードが滅亡した時代に目覚めたイヴは
自分の能力を使用して同族を甦らせようと決心し、
自分のエネルギーを動力源としてナソードコアを修理し、彼女は再び眠りについた。

しかし、彼女を起こしたのは、ナソードコアを破壊してしまったエルス達だった。
イヴは怒りを表したが、エルの力を再び取り戻す為、
エルス達の後を追った方がいいと判断し、エルスを探しに行く。

上記のストーリーを簡単に噛み砕くと「ボスを蘇らせ自身は封印されていたが、ボスを倒した弾みで目が覚めちゃったため、破壊した主人公一行についていく」という経緯。
上記のストーリーの通り自身では無表情と謳っているが、敵側の粗末なナソード兵器や主人公エルスを模した植物型のボスに憤慨したり、ボスラッシュステージをクリアしたときに大喜びしたりなど、テキストではなかなか感情豊かな感じだと思われる。ボイスでは能登麻美子女史の演技もあり、徹底的な無表情なのだが。
また、日本語版ではキャラ付けのためか何故かボクっ子になるなどの設定改変がされている。その点で後者のイヴとも被ってる気もするけど気にするな!

2chELSWORDスレでの愛称は「イヴ様(ゲーム内でプレイヤーキャラの一人であるラシェや後述のオベロンにこう呼ばれる)」「イヴ天(イヴ様マジ天使の略でありイヴの天ぷらや天ぷら食べてるイヴのことではない」。

原作中の性能

ナソードギアで叩いたり、何もないところからメカを呼び寄せたりするスタイル。そして2段ジャンプ(ついでにティッシュ)と空中ダッシュが可能、ダッシュジャンプで上昇ダッシュになったりと機動力はプレイヤーキャラ中随一となる。
攻撃面では、出し切ってもダウンさせないコンボであるZZZXのビンタコンボ(通称ブレイナー)を始め、リーチが長く巻き込みやすいダッシュジャンプZをZ攻撃3段目からキャンセルして着地のループ、ため時間があるがMPとダメージの効率がかなりいい「メガエレクトロンボール」など、コンボ能力は高め。これでMPを回収して広範囲のスペシャルアクティブスキル(言わばゲージ技)で殲滅していくのが基本的なスタイル。
スペシャルアクティブは無転職状態で使いやすいものが少ないが、槍を召喚して突きからの放電を放つ「イリュージョンスティンガー」と大型ロボを召喚して焼き払う「ディメンションリンクガーディアン」の2つが強力。技の少なさは転職することで克服可能、そもそも無転職でいる時間が短いので序盤はこの2つのみで十分。
欠点は他のキャラに比べて防御性能が弱いこと。単純な防御力の数値が低めなことと、他キャラにある無敵時間つきのアクティブスキルが無いため「回避不可能な攻撃をスキルですり抜ける」という戦法が出来ない。
故に機動力を活かしうまく場所取りをすることが要求される。

転職では、大量の武器召喚により戦うスタイル「コードエキゾチック(コードネメシス)」と、パートナーメカを呼び出すことに特化した「コードアーキテクチャー(コードエンプレス)」に派生する。
+ エキゾチック、ネメシス側の性能

+ アーキテクチャー、エンプレス側の性能

MUGENにおけるイヴ

ぽよたん氏が製作したコードエンプレス仕様のものがアップされている

グラフィックはゲーム中のCGをキャプチャ、氏曰く「あまり原作再現はしておらず、それっぽさ重視」とのこと。AIも搭載されている。
AIレベルの設定はできないものの、「100スキル重視」「200スキル重視」など立ち回りの簡易設定が可能。詳しくはread me参照。

+ システム解説

「キミとボクでは戦闘能力が違うの」

出場大会



*1
詳しい理由は不明だが、白だとわかりにいし、黒だと兄貴分キャラであるレイヴンと被るからだと思われる。



イヴ(デモンブライド)









「アタシのシャウトでイっちまいな!」



 国籍:?
 誕生日:7月12日(蟹座)
 年齢:?
 所属:-
 身長:170cm
 体重:52kg
 血液型:B
 CV:渕上舞
 キャッチコピー:「律動を刻む叛旗の女王(クイーン・オブ・ロック)」
アルカナハートでおなじみのエクサムが作った対戦格闘ゲーム「デモンブライド」のキャラクター。
本名は青森りんご。
性格は契約しているベルゼブブを踏みつけたりすることからかなりのドS。あとセリフがエロい
容姿はロングの黒髪が特徴で、シャツの前を開け放し、ミニのタイトスカートを穿く。

大事変前より東京の裏社会でバンド活動をしている謎の女。
スラム街を仕切る反教団勢力の中心人物でもある。
歌手として有名で闇咲紅花からは憧れを抱かれている。イヴは天羽零彗をバンドに勧誘しているものの毎回断られている。

つま先の大振りの刃を武器に、蹴り技を主軸にして戦うキャラ。機動力が高く翠星連舞脚の追加攻撃によるガード崩しが可能。





「蹴ってくだせぇ!女王様ァ~ん!」



属性:蟲
大罪:暴食
CV:遠藤大輔
イヴのカリスマ性に惹きこまれ契約を懇願した悪魔である……が、イヴに虐げられる事に喜びを感じる、つまりは重度のマゾヒスト。イヴのことは「女王様」と呼んでいる。
これでいいのか地獄の王。彼女が知ったらどんな顔をすることやら……

MUGENにおけるイヴ(デモンブライド)

Flowrαlliα氏のアルカナハート3仕様が存在する。mugen1.0専用。
足技オンリーのためリーチが長く、飛び道具もそこそこ強力。しかし動作がやや大振りで切り返しに不安がある。
コンボ火力が高めで、状況によっては永久も可能。
ホルン氏の外部AIが公開されている。AIレベル、立ち回りレベル、ガードレベル、反応レベルが設定できる。

出場大会





イヴ(hanma氏)

「さぁ、始めよう。無意味で無意義な戦いを」


名前      不明
格闘スタイル  不明
誕生日     不明
年齢      不明
出身地     不明
身長      不明
体重      不明
スリーサイズ  不明
血液型     不明
趣味      不明
好きな食べ物  不明
得意スポーツ  不明
大切なもの   不明
嫌いなもの   不明


アルティ・ガーネットなどの製作者であるhanma氏が「私の最後にして最大の問題キャラ」と銘打って公開したキャラクター。
残光事件の元凶となった人物であり、残光続編のラスボスを務める予定らしい。
某Kシリーズが同じ名前のマシーンを使役しているが、関連性は無い。
外見や能力はシルヴィ・ガーネットに酷似しているが関係は不明。一人称は「僕」。
また、特徴として不死身の肉体を持ち、文字通りいかなる手段をもってしても殺すことができない。
しかも、殺されながら相手に気色悪い言動を繰り返す趣味の悪い性格の持ち主。
シェルター等の障害を一瞬で消し去る強力な力を有しているが、
本人をして「勝ち運が一切ない」と言わしめる凶運の持ち主であり、
アヤカ・フォンステッドとタネもしかけもないじゃんけん勝負を100回ほどして、
あいこ2回以外全て負けというとんでもない結果を見せている。
現在はアヤカのネスツ調査に勝手についてきては、死にまくっているらしい。


残光続編のラスボスとされているが後述の理由でAKOFの企画への参戦予定は無い。



性能

氏が以前公開していたボスシルヴィをベースとしている。
そのため技構成はシルヴィと似通っている。
通常シルヴィとの差別化として、剣に「白」と「黒」の2種類があり、モードチェンジすることで性能が変わるようになっている。

現在は「覚醒イヴ」と「通常イヴ」の2種類が公開されている。
当初は覚醒版が公開されていたが、諸事情で通常版の方に差し替えられた。
覚醒版で遊びたい場合は、ファイルを別途DLする必要があるので注意。
「イグのん以上の実力を持ってるのにスペランカーにすら勝てないキャラ」というコンセプトで作られただけあって、
ダメージを一定値受けると体力を満タンにしたり、条件を満たすとMUGENを強制終了させる技を使ってくるなど、一言でいえば論外キャラにあたる。
ただしやる気スイッチをONにせず、そのまま使用すると誰が相手でも戦うことなく負ける。
やる気スイッチをONにして戦える状態にしても最終的にはやっぱり負ける。
負けることを前提にしたキャラのためか、敗北メッセージが用意されている。


通常版は設定上では過去のイヴで、服装が一部異なるほか、覚醒版の論外要素がオミットされている。
とはいえ、ベースがボスシルヴィだけあって高性能に変わりは無く、
全ての技がシルヴィの上位互換のようなキャラに仕上がっている。
こちらは覚醒版と違いちゃんと勝つことが可能であるが、ボイスやイントロなどの演出がオミットされている。
こちらはSilvanの外部AIが公開されている。



両キャラともAKOFの規約から外れた強さを持つため、AKOFへの参戦キャラとされていない。


使用上の注意

使用に当たっては以下の条件が設けられている。
  • データの転載禁止
  • 音声データの流用厳禁
  • 専用イントロ対応希望の場合は要事前相談
~覚醒版のみ~
  • 無許可での動画使用禁止(要事前相談)

MUGEN界隈では、製作者の意向を無視したために公開停止になることも少なくないため、十分に注意しよう。



出場大会







未分類大会情報




添付ファイル