ミズチ


「天上天下…」


格闘スタイル: 本能
出身地: WAREZ第8研究室の試験管
誕生日: 9月15日
身長: 変身前138cm、変身後202cm
体重: 変身前28kg、変身後28kg
血液型: AB型(RH-)
好きなもの: 自然現象
趣味: 瞑想
大切なもの: 地球
好きな食べ物: 穀物ならなんでも
嫌いなもの: 人類
得意スポーツ: 生後スポーツは何もやったことがない


NEOGEO BATTLE COLISEUM』に登場するボスキャラ、及び隠しキャラの一人。声優担当は堕瓏と同じ丸尾恒人。
WAREZが作り出したオロチクローン
だがオロチは生物では無く思念の存在である為、どうやって遺伝子を入手したのかは不明。
触媒となったクリスの細胞を用いた、という説が有力ではあるが詳細は不明となっている。
ちなみに子供の姿のミズチは黒髪で、クリスとの同一性はあまり見られない。

オロチより若干髪が長く、そして下半身が水面の様に揺らいでいるのが特徴。
使う技はほとんどオロチと同じ(所謂コンパチキャラ)であるが、性能としてはやはりオリジナルであるオロチの方が上である。

原作でのプレイヤー性能

プレイヤーキャラとしての性能は、火力は高く、ゲージ回収能力も高く永久もあるのだが、
必殺技の発生が遅く、立ち回りに難が有り上級者向けのキャラクターとなっている。
永久にも難があり、コマンドと相まって難しかったり、ゲージを要さないと繋げられなかったりとあまり安定しない。

+ 必殺技解説


ボスとしてのミズチ


ボスとして登場の際には、プレイヤーによる撃破後に突然老化し、衰弱死する。
そのエンディングは「こいつを倒してもまだ真の敵がいる」というような内容の、少々後味の悪いものである。
操作キャラクターとして使用した場合、エンディングにおいてオロチに呼び掛けられ、最終的に同化してしまう。
つまりどっちにしろ「ミズチ」という存在は消えてしまうのである。


しかしAIの関係上、KOF史上最弱のボスとまで言われたオロチに対し、
ミズチはSNKのボスらしく初心者が倒すには非常に困難なアルゴリズムである
プレイヤー仕様との大きな違いは、やはり火柱の数である。
ボス仕様のものは相手のいる場所に2発、自分の手前に1発と、合計3発の火柱を一気にだしてくる。
火柱の発生には微妙にタイムラグがあるのだが、それでもこの技を連発されただけで画面上を火柱が飛び交い、
近づくことが困難なのはいうまでもない。
さらに同じくボス仕様の「顕斎(うつしいわい)」の高火力、プレイヤー仕様と違って発生が早く
ダウン後もやたらとヒットする全画面攻撃「混(まろかれ)」と、実にボスらしさを充分に引き出している。


MUGENにおけるミズチ

MUGENでは神キャラのドット素体とされることが非常に多く、
そのあまりの多さからオロミズ系(オロチ、ミズチグラフィック使用神キャラ)という呼び方まで出来ているほど。
多数の神キャラが作られるほどのカリスマ性を持つ彼だが、神オロチの存在感が強いせいか、
はたまた原作のNBCの知名度がアレだったせいか、昔はオロチと混同される事が非常に多かった不遇のキャラでもある。
(当然だが、MUGENとは無関係である原作のゲームの動画で、「神オロチ、ミズチの原型」などと語るのはご法度である)。

狂以上の改変キャラについてはミズチ(オロチ)改変キャラまとめページを参照。

+ アフロン氏製作・プレイヤー仕様
+ 別府氏製作・プレイヤー仕様+XI風アレンジ
+ 別府氏製作・ボス仕様+XI風アレンジ
+ メタロ・ペサンテ氏製作・ボス仕様
+ TightRiam氏・ボス仕様
+ かたまゆ氏製作・アレンジ仕様・ノーマルバージョン
+ DLS氏製作・XIII風アレンジ
+ SAMSARA氏製作・準正凶化仕様
+ 雑魚氏製作・チートバグ仕様

ちなみに、MUGENのミズチは基本的に負けた場合ありえんと叫ぶが、
原作での負け台詞は「図に乗るな」である。
負けた割に台詞がやけに図々しいが、特殊投げ(シェルミーシェルミースパイラルなど。この技を喰らった時は全キャラが専用のやられボイスを発する)を食らったときにありえんと言うので恐らくゲーム自体の音声設定ミスだと思われる。

「下の下だな…」

+ コンボ例

国内某所にて、何故かcvが檜山修之氏になるボイスパッチが公開されているが、「きまりだーっ!」とか「おらおらーっ!」などとは叫ばず、檜山氏のキャラには珍しく落ち着いた口調で喋る。

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
  • ①①①第3回 トキ支配杯(タッグトーナメント)
更新停止中
凍結
非表示

出演ストーリー


「図に乗るな!」