ウロボロス

「刺激的にやろうぜ・・・。」


+プロフィール
格闘スタイル:暴力
誕生日:1月30日
年齢:不明
出身地:不明
身長:183cm
体重:60kg
血液型:O型
趣味:無し
好きな食べ物:カロリーメイト
得意スポーツ:特に無し(基本的に何でもこなせる)
大切なもの:自分
嫌いなもの:邪魔者、偽善者
+キャラ設定
K'のクローンの一体だが、どこの研究所で作られたのか一切不明。
K'のクローンというのも事実か怪しい。
ただのKシリーズと違い、炎の色が緑で身体能力が高い。
K’アーツに似ていて違うものを使う。

戦い(戦争)が好きで、戦いに意味を求める奴は嫌い。
戦争屋(戦いをするために作られた者)がそれだとなおさら嫌い。

+ストーリー
薄暗い路地道を男…K'クローンは走る。
その体は既にぼろぼろで、何かから必死に逃げてきたようだった。


くそ、あんなの勝てるわけがねぇ!!


口を開きながらも必死に走る。
既に息は上がりかけていたが、止まるわけにはいかなかった。


暫くして、ようやくK'クローンは立ち止まる。
何とか追っ手をまいたようだった。
それを確認してからK'クローンは壁に背を置き、呼吸を整える。
思い出しただけで震えが走る…それほどに、男の強さは圧倒的だったのだ。


こちらは三人がかりだというのに、男はいとも容易く二人を倒した。
あっという間の出来事だった。
勝てるわけがない…そう思い逃げるのがやっとだった。


足音がした。K'クローンはそちらのほうを向く。
そこには、あの男が居た…
緑の短髪、少し緑のかかった服、中に赤い色のシャツ、両手に黒いグローブをはめた男が…


ち、畜生!! もう来やがったのかよ!!


すぐに男のほうを向き、戦闘隊形に入る。
男は気だるそうに構え、こちらに一歩ずつ近寄ってくる。


…K'クローンに勝ち目は無かった。


「これで、十人ほど死んだか…まだまだ腐るほど居るがな」
そう言うと、ウロボロスはその場から離れる。


彼のKシリーズ狩りは、まだ幕をあげたばかりだった…



レイフィ氏が作成したAKOF参戦予定キャラ。ある忍者の技ではない。
K'がベースとなっており、緑色の炎を操る。
理由は不明だが、Kシリーズを狩猟している。
氏の他のAKOFキャラ「研究所No0」関係者のストーリーにおけるボスキャラらしいが、
現状では詳しいことは不明。
佐井間白虎氏によってボイスパッチが作成されている。

同名の凶キャラについてはこちら

性能

改変元を踏襲したモーションを使用した技があり、弱通常技>強通常技>特殊技>必殺技>超必殺技へとつながる専用のシステムも完備。
1P~6Pの場合、最初は「手加減モード」という状態で、攻撃力の低下・特定の技の使用不能などの
制限がつくが、MAX2「-code Old King-」を使うことで「本気モード」に移行できる。
7P以降は常時本気モードでこれらの制限はない。
12Pを選んだ場合「ナイトメアモード」呼ばれる状態になり、以下の効果がつく。
  • 防御力上昇(100~130)
  • 攻撃力上昇(100~130)
  • ゲージが常にMAX
  • MAX2、MAX3の制限解除
  • ダッシュがステップ制に
  • MAX3で敵に近寄る速度が上昇
この状態では、氏曰く「普通に凶性能ゆえ、動画使用は計画的に」とのこと。


デフォルトでAIが搭載されている。

出場大会



添付ファイル