ゼクス

  • ゼクス(レイフィ氏) - この項目で解説
  • ゼクス(レイ氏) - ロボカイで解説


「敵のようだな!」


+プロフィール
格闘スタイル:音巣対流拳・虚空
誕生日:10月1日
年齢:41歳
出身地:不明
身長:192cm
体重:85kg
血液型:O型
趣味:鍛錬
好きな食べ物:日本料理
得意スポーツ:弓道、剣道、柔道
大切なもの :研究所の者、シオン
嫌いなもの :無駄な戦い、虐殺
+キャラ設定
ゼロによく似た外見のネスツ幹部。研究所『No0』の最高責任者。
ただ、ゼロと顔は違っており、クローンなのかどうかは不明。

常日頃から鍛錬を怠らず、向上心は高く、常に新しいことに挑戦している。
音巣対流拳を独自に改良し、『虚空』を開発。

実力はあるが、幹部にしては甘い性格をしており、上からは信用されている(イグニスを除く)と同時に嫌われていた。
そのことから、重要な役割を持つ施設「研究所No0」を任されることとなる。
+研究所No0とは?
研究所No0とは?

ネスツの中でも極秘クラスの研究施設。主にネスツに忠誠を誓わない者に強力なマインドコントロールを
かけるための施設であり、ネスツの中でも最先端の科学が使われていた。故に、存在を
知っているものはイグニスオリジナルゼロなど一部であり、うわさが流れるばかりとなった。
当初の目的は危険視されたものの洗脳、粛清、再教育の場だったものの、
シオンが来てからは技術面がネスツの中でも屈指の物となり、機材もそれと同じように良い物がまわされた。
現在はその機材などを使って研究者たちの研究の場となっていたり、人として生きる自信の無いK'クローンの最終的な収容施設のような役割となっている。


日本通であり、日本のことは詳しいし同時に好き。
家事、料理、を完璧にこなす(家庭的な意味で)完璧超人。
お酒は体に悪いから嫌いだが、べつに弱いわけではなく、むしろ強い。

上記のように、ネツス幹部の中では割と良心的な方らしく、
イグニスの死亡後に施設にいたクローン体たちに彼らを自由にすると宣言している。
バルトスノーのように一部ゼクスを慕い、その後も彼についていくと決めた者も存在する。)
誰にでも優しいのだが、シオン(禍忌を裏切った男とは別人)に対してのみ他と違うように接している。
シオンの過去を知っているからであろうが、ストーリーが準備中で不明。

レイフィ氏が作成したAKOF参戦予定キャラ。こっちのゼクスではない
ゼロをベースに頭部はオロチ(orミズチ)のものを使用している。
Evil Soulと似通っているが、あちらが肌が毒々しい紫色で半裸なのに対して此方は褐色肌でゼロのマントを着用している。
プロフィールを見ると、日本関係には興味があるらしい

性能

技のモーションも改変元と同様だが、光の刀を振り下ろす超必殺技が使える。
また、ゼクス特有のシステムが搭載されている。
+特殊システム
特殊システム

  • 虚無の魔闘気
必殺技に虚空珠を消費するようになる。
一部使わないものも存在する。
  • 虚空珠
パワーゲージ500毎に一つストックされる(最大八個まで)。
これを消費することによって必殺技、超必殺などが使用できる。
  • 陰陽の呼吸
何もしていない時ゲージが自動回復をするシステム。
体力が50%以下になると回復量が増える。
  • 虚空壁
地上でCを押すことによって発動する当身技、上中下段全ての打撃と投げを取ることができる。
しかし、代わりにふっとばしが無くなっている。
出が早く、ゲージなどの消費も無い。
  • 剛拳
こちらのコンボ補正がかからなくなる。

また、7P~12Pでボスモードとなり、性能が上昇する。
デフォでAIがある他、Nori氏によって5段階に調節できるAIが製作されている。
MAX3超必殺技には別演出バージョンも存在する。


出場大会

出演ストーリー



添付ファイル