村紗水蜜


「あ、申し遅れました。私は村紗、この聖輦船の船長です」
「貴方の持ってきた飛宝は歓迎しますが
  この世界に未練ある人間の乗船は お断りしています」

『東方Project』の登場キャラクター。初出は『東方星蓮船』4面ボスとしての登場。
名前の読みは「むらさ みなみつ」。ファンからの愛称は「キャプテン・ムラサ」「ムラサ船長」等。
舟幽霊で「水難事故を引き起こす程度の能力」を持つ。
二つ名は「水難事故の念縛霊」(星蓮船)「惨憺たる大海原」(ダブルスポイラー) 。
専用BGMは『キャプテン・ムラサ』。

+ 詳細な原作設定

+ 二次創作での扱い


MUGENにおける村紗水蜜

毎度おなじみminoo氏による黄昏改変ドットのものが公開されている。
アンカーを使ってのパワータイプキャラで、アンカーということで相手を引き寄せたりもする。
錨つながりか、なんかどこかで見た技もある。
全体的にコンボは強力だが、切り替えし技が乏しいと、攻めている間は強いタイプのキャラとなっているようだ。
デフォルトAIは入っていないが、切干氏が仮公開版時に∞ろだに公開していたAIをSkydriveにて再公開していた。
(現在公開停止、使用には制限が有るので注意)
またカルフム氏による11段階に調整可能なAIもブログにて公開されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14376343

最後に製作された『星蓮船』初出のキャラであり、彼女の完成により『星船』キャラがMUGENに揃った。

+ 大会ネタバレ

またこの他にも、のりものとしての村紗水蜜、キャプテンムラサも公開されている。
声は毛利元就になっているのは水軍繋がりであろうが、船ではなくバイクに乗っている。

出場大会

【キャプテンムラサ】

出演ストーリー



*1
元ネタは舟幽霊の伝承そのまま。舟幽霊とは彼女の設定にもあるように船に憑りつき沈めようとする海の妖怪。
手に持った底の無い柄杓は昔から伝わる舟幽霊の撃退方法である。
舟幽霊は『しゃくしくれ(柄杓ちょうだい)』と船に乗るものにしつこく訴えかけ、
いざそれを正直に海に投げ込むと無数に柄杓を持った手が出現して海水をひたすら船に汲まれ沈められてしまうので、
底抜け柄杓を投げて水を汲めないようにする(orそれに気付かれる前に逃げる)とされるところから。
他に撃退方法としては「握り飯をやる」「俺は土左衛門(水死体、つまり仲間)だと名乗る」等がある。
また島根県隠岐の怪奇現象ムラサについては、近年の研究で正体は 夜光虫 と呼ばれるプランクトンの群体と判明した。

*2
ちなみに1000年前にはまだ「幻想と実体の境界」や「博麗大結界」は存在しておらず、幻想郷は単に妖怪が多く住む辺境にすぎなかった。
人間は妖怪退治を生業とする少数派が定住している以外は、危険な土地であるとして近づきもしなかったようだ。
彼女がこの地に封印されていたのも偶々ではなく、このあたりの事情が絡んでいたのかもしれない。