ノスフェル


「こいつだけは……絶対に許さない!」

2004年に放送された特撮作品『ウルトラマンネクサス』に登場した怪獣
人間を捕食する異形の怪物・スペースビーストの一体であり、「フィンディッシュタイプビースト」に分類される(fiendish=悪魔的な)。
身長5~50m、体重3万9千t(最大時)。皮を剥いだネズミを思わせる牙を生やした外観が特徴。
名前の由来は『吸血鬼ノスフェラトゥ』という映画のタイトルに使用されて以降、吸血鬼や不死者の事として使われるようになった
ノスフェラトゥ”であろう(前述の映画に登場する吸血鬼は、突出した前歯や鉤爪などネズミに似た特徴を有する)。
後述する不死性や、人間を怪物化するという点では吸血鬼の類に似通ってるとも言えなくもない(血は吸わないが)。

主な武器は伸縮自在の長い舌、並びに両手の鋭い爪。前者は主に人間を絡め取って捕食する際にも使用し、
後者は闇の巨人ダークファウストを(事故ではあるが)背後から貫き、一撃で即死させる威力を劇中で見せている。
飛び道具は持たないはずだが、PS2ゲーム版のみ腕から放つ黒いエネルギー弾「ダークボウル」を必殺技とする。

最大の特徴は口の中に備えた再生器官であり、それさえ無事なら肉体を破壊されても何度でも再生可能
その他、殺した人間の死骸に自分の細胞を植え付けて、自らの傀儡「ビーストヒューマン」に変異させたり
額からの光線や眼球からの触手で人間を体内に取り込んで人質にするなど、悪質な能力とそれを活かす知能を併せ持つ。

原作では第11話「人形 -マリオネット-」から、第17話「闇 -ダークネス-」までの7話にかけて登場。
ビーストを操る闇の巨人ダークメフィスト=溝呂木慎也の配下として非道の限りを尽くした。

+ 劇中での詳細な活躍(以下ネタバレ)

そのグロテスクな外観のみならず、数多くの登場人物を無情に屠り去ったうえに、
えげつない戦法によってネクサスやナイトレイダーを翻弄し、 6週間も出ずっぱりでひたすらに主人公の心を抉り続ける という
鬱展開の一翼を担ったことから、DVD特典映像でも「これほどの憎まれ役を演じた怪獣もウルトラシリーズでは珍しい」と評されている。
それ故、視聴者の印象にも強く残った怪獣でもあり、『ネクサス』怪獣の中では知名度・人気はそこそこ高い。

以降の映像作品には登場していないが、『ウルトラマンギンガS』の外伝小説『マウンテンピーナッツ』で久々に登場。
こちらでは著者の作風、そして小説媒体という地の利を最大限に活かしてTVシリーズ以上の凶行に及んでおり、
ある意味ジャミラと並んで同作を象徴する怪獣となっている。
(同作は他著者によるウルトラシリーズの外伝小説共々、アンソロジー『多々良島ふたたび』に収録)
+ その惨状(以下ネタバレ)

(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)


MUGENにおけるノスフェル

スミス中尉氏が手書きで製作したノスフェルが2011年7月26日に無限ロダで公開された。
現在も随時更新中であり、同ロダの閉鎖後は製作動画内にDLリンクが用意されている。
支援専用キャラのアンノウンハンドを除けば、初めてMUGEN入りした『ネクサス』怪獣である。
殆どの技が味方殺し技である事が特徴で、原作第1~4話に登場したペドレオンをストライカーとして呼んだり、
超必殺技時のカットインが前述のリコの絵であったり、板を齧ってゲージを溜めたり、
死亡してもリザレクションで復活するなど(一ラウンド一回のみ)、原作における挙動などを再現したキャラクターに仕上がっている。
2011年8月28日の更新で簡易AIも搭載された。

英語スペルは公開当初は「Nosfell」だったが、2011年9月12日の更新以降は「Nosferu」表記となった。
また、ガード時やイントロに登場するウルティノイド系キャラのドットは、muu氏のニセウルトラマンの改変とのこと。
ザギさんとのタッグ時や敵対時、対小清水亜美、対アーマードコア相手の特殊イントロが実装されており、
ウルトラセブン魔法少女にはトラウマを抉る凄惨なイントロが用意されている他、某隊長が相手だと……
また、謎ジャムやられも搭載されている。

素の性能も強いので、腕に自信があればプレイヤー操作で特撮ヒーローに挑んでみても良いだろう。

出場大会

出演ストーリー



*1
尤も、この『マウンテンピーナッツ』という作品は『ウルトラマンギンガS』の前日談という触れ込みではあるのだが
実際に映像作品と世界観を共有した物語であるか微妙な点も少なくない。
例を挙げれば、『ギンガ』世界ではスパークドールズが関わる以前はウルトラマンも怪獣も出現した事例が無い筈だが、
小説では異星人由来の技術であるメテオールが存在してたり、またジャミラの正体をマウンテンピーナッツ総司令が既知してたりと
SD登場以前より人類が怪獣と戦っていたかのような(より言えば『メビウス』辺りの延長線上的な)描かれ方がされており、
本作は厳密な意味で映像作品と地続きの外伝ではなく、原作設定で言う「レベル3マルチバース」相当の派生的なパラレル宇宙と考えた方が妥当かもしれない。
少なくともワンゼロの件も含め、映像作品と完全には同一視しない方が色々と矛盾が起きないのも確かである。
というかむしろ、『ギンガS』視聴者からして見れば本作を正史扱いにされたら冗談抜きでたまったもんじゃない。

実際、舞台である降星町の名称が、小説では「星降町」と表記されている部分が多々散見されているため
著者の小林氏も意図的に本編とは違う世界線の物語として執筆した可能性も否めない。
アンソロジー集に収録された際には「降星町」に修正されていたので、単なる誤植だった可能性も高いが。



添付ファイル