マッギョ


ブラック
ひふが かたいので すもうとりに ふまれても へいき。でんきを ながすとき わらいがおに なる。

ホワイト
うみべの どろに うまって えものを まちかまえる。 えものが さわったとき でんきを だして しびれさせるのだ。

分類:トラップポケモン
タイプ:じめん・でんき
高さ:0.7m
重さ:11.0kg
特性:せいでんき(直接攻撃を受けると相手を一定確率で「まひ」状態にする)
   じゅうなん(「まひ」状態にならない)
隠れ特性:すながくれ(天候が砂嵐だと回避率が上がる)

任天堂の育成RPG『ポケットモンスター』に登場するポケモンの1匹。初出は第5世代『ブラック・ホワイト』。
開発陣の「最も薄いポケモンを出したい」という謎の発想から生まれた、平らな体をしたヒラメやカレイに似た姿のポケモン。
水底で獲物を待ち伏せし、うっかり踏みつけた相手を放電で攻撃するなど現実でいえばデンキウナギやデンキナマズに近い生体。
ちなみに地面タイプ電気タイプを併せ持つ初のポケモンである。
タイプの関係で魚のくせに水タイプの攻撃には弱かったりするが、こっちも電気技で水タイプの弱点は突ける。

原作におけるマッギョ

種族値

HP: 109
攻撃: 66
防御: 84
特攻: 81
特防: 99
素早: 32

セッカシティや周辺の湿地部分に野生のマッギョが生息している。
季節が「冬」のときは湿地が凍ってしまうので深みのある部分で波乗りをする必要がある。

倒した時に得られる努力値はHP+2、波乗り中であればほぼマッギョしか出ない(水中の影で稀にガマゲロゲが出ることもある、HP+3の努力値)ため
努力値稼ぎの対象としてはかのビクティニと並んで効率が良い。
ただ、こちらの技によっては特性の「せいでんき」で麻痺させられたり、
「こらえる」を使ってHP1で耐えられたりするので努力値を数えながら作業するのは少々手間がかかる。

総合種族値は471とさほど高くはないが、耐久面で優れており配分には無駄がない。
技も「ほうでん」「だくりゅう」「ヘドロウェーブ」といった攻撃技から
「でんじは」「あくび」といった補助技まで割と幅広く覚える。
また、普通だと不利な相手に対しては、運ゲーになるが無理やり即死攻撃の「じわれ」を放つ手もある。
第六世代では、でんきタイプはまひ状態が無効になるという特徴をもった。そのため特性の一つ「じゅうなん」は限定的な状態を除いて
全く意味のない死に特性となってしまった

その独特な見た目や鳴き声、アニメーションでの笑い顔などネタには事欠かず、オタマロと並びある種の人気を確立している。
(奇しくもオタマロの進化系であるガマガルとは出現場所が同じ)
マッギョを愛するプレイヤーを「マギョラー」「マッギャー」と呼ぶとか呼ばないとか。

アニメのED『ポケモン言えるかな?BW』(歌:つるの剛士)では 大トリという輝かしいポジションになり 、マッギョの発音とその見た目で視聴者達を破顔させた。

そして、アニメ本編『ポケットモンスターベストウィッシュ』ではなんと レギュラーキャラクターの持ちポケモン となり、出世魚の道を歩み始めている。

そして2012年、全国のポケモンセンターにてマッギョグッズが大量に発売されることが決定。2月11日に実際に発売された。
その数何と 28種類。
公式が病気ってレベルじゃねーぞ


MUGENにおけるマッギョ

こぜに氏によって2011年7月に公開された。氏ならしょうがない

原作通り防御力が高めで、特性の「せいでんき」によりこちらの打撃を受けると一定確率でひるませるようになっている。
相手のステート終了に合わせて落下する「とびはねる」や発動中に受けたダメージを倍返しにする「がまん」など癖の強い技が多い。
分類の"トラップポケモン"らしくバリアーのように使える「10まんボルト」や触れると発動する「ほごしょくマッギョ設置」など相手の足元をすくう技も豊富。
「だくりゅう」「じしん」等のほぼ全地判定技、直接相手を狙う「かみなり」や「いたみわけ」など、逃げ場を封じるようなゲージ技、
更には一撃必殺技の「じわれ」までも搭載するなど見かけに寄らない強烈な性能はまさに”罠”である。

AIは入っていないが判定の小ささや技性能のおかげで意外と強キャラとも渡り合えたりする。
IX氏の外部AIが公開中。

また、7Pカラー以降は「マジマッギョ」モード、12Pカラーは「マッギョ様」となり非常にカオスになる。
+ マジマッギョの詳細


出場大会




添付ファイル