アンドリュー






「自由と、平和の名の下に」

 武器銘: ホワイト・リリー
 流派: 家系に代々伝わる銃剣術
 生年月日: 1766年11月11日
 出身地: アメリカ バージニア
 血液型: A型
 身長: 191cm
 体重: 91kg
 好きなもの: 読書 嫌いなもの: 煙草
 コンプレックス: 女性に対する苦手意識
 剣の道について: 自らを厳しく律することを常とする
 尊敬する人: 両親
 特技: 乗馬、射撃
 平和だと思うとき: 紅茶嗜んでいるとき 
 好みのタイプ: 知的かつ聡明な思考と幅広い視野を持つ淑女



「持ち得る力を全部出し切ろう。これは私の挑戦なのだから。

   ──そう、私は最善を尽くすだけだ」


サムライスピリッツ天下一剣客伝』に登場したキャラクターで、この作品の主人公的存在。
祖国の名を賭け、銃剣を手に戦うアメリカ合衆国陸軍の軍人。ファミリーネームは不明。
担当声優は同作のタムタム橘右京も担当している石井一貴氏。

格ゲー界でもかなり珍しい銃剣を武器とする軍人で、イギリスからアメリカへと移住した豪商の家庭出身。
ちなみに眼鏡は伊達。彼が使用している「ホワイト・リリー」(白百合のこと。どこぞの春妖精ではない)は
父がアンドリューの母の愛称をつけた銃剣で、独立戦争以前に戦死した父の形見でもある。
時代背景から考えると、当時主流だったマスケット銃「ブラウン・ベス」だと思われる。

性格は謹厳実直かつ品行方正、人一倍愛国心が強い。
その一方で女性の扱いが苦手であるなど、精神的にやや未成熟な面もある。
ジョージ・ワシントン(後のアメリカ合衆国初代大統領)に見込まれるほど実力は高く、
独立戦争でも陸軍司令官として大いに能力を発揮し、手柄を立てた。
ワシントンや秘書のリチャード、アメリカの民衆からは大統領として彼の就任を望んでいたのだが、
権力欲が全く無い彼は自らが大統領になるつもりなど毛頭無く、ワシントンの跡を継ぐつもりも無かった。
このため、アンドリューは幻の初代大統領『第零代大統領』と人々から敬意を払われるようになる。
0番目みたいな言い回しは英語にないだろとか欧米人はゼロは良い意味では使わないとかいう野暮なツッコミは禁句。

父が目指していた「全世界の民衆の自由と平和のために世界政府を開く」夢を持つアンドリューは、
同じように「将来、世界幕府を開いて全ての民が笑って暮らせる世を作る」夢を持つ徳川慶寅の噂を聞きつける。
慶寅に興味を持ったアンドリューは鎖国中の日本にお忍びで入国し、御前試合に参加することになる。

「さあ、行こうか。
  いつか見た私の理想を目指して進むべき道を、ただ、前に──」

+ 以下、ストーリーネタバレ注意

通称は「閣下」。作中でも側近にそう呼ばれている。あるいはまんま「大統領」とも。
プレイヤーの間ではその風貌や性格などからアバン先生とも呼ばれる(技に至っては明らかにダイ大のパクry)。
ちなみに閣下はほぼ刀身しか使用しないので目立たないが、2Dサムスピの中でメイン武器に銃を使用する唯一のキャラである。
え?双六?アレは火器に入る…のか…?

端正な顔立ちに伊達眼鏡にピチピチタイツの下半身というアンバランスな外見、
ストイックな理想主義者にして女性が苦手…とまあ、明らかに狙ったキャラだったことは間違いないだろう。
いろはがいろんな意味ではっちゃけすぎたため、かなり影は薄くなってしまったが…。
なお誕生日の11月11日は1889年にアメリカのワシントン州が42番目の州として成立した日だが、
関連があるのかどうかは不明。

ちなみに側近のリチャード君、毎度勝利ポーズで出てきて次の予定を切り出してくるのだが、
たとえ、そこが魔界でも付いて来てごく冷静に次の予定を切り出す。・・・・すごい側近だ。
まあそんなこと言ったらどっかのダークストーカーズハンターの支払人やどっかの快賊錨娘の友達も大概だが。
というか同ゲーム内でも子分どもはまあまだいいとして、普通に付いてきてる家族(犬含む)までいる。大丈夫なのかアンタら。

原作での性能


他のサムライ(?)どもが刃物や鈍器や弓矢を振り回して野蛮な戦いを繰り広げる中、当然のように撃つ
尋常に勝負するのは無理な気がするが、あくまで銃剣術がメインなので大丈夫だった。
全体的にバランスが取れており距離を問わない戦い方ができるため、初心者にもオススメできる。

地上では、遠立ち中斬りや隙が少ない飛び道具「イーグルアロー」から突進技「イーグルブレイク」に繋げるのが基本
(ブレイクでアローに追いつくと、突進技 アバンストラッシュ・クロス 「イーグルクロス」に変化する)。
かなり動作が分かりやすいテレフォンパンチではあるが、ガードさせれば一方的に有利で削りながらペースを奪うことが可能。
対空は波動コマンドで出せる昇龍技の「ライジングスター」で安定する。無敵判定が無いため、早めに出さないと駄目だが。
ちなみに「ライジングスター」は追加入力で相手に銃剣を斬り下ろす「シューティングスター」へと派生するため、ヒット時は必ず入力するべし。
………のだが、追加の「シューティングスター」による叩きつけは実は受け身が可能で、N受け身から投げなどが間に合ってしまう。
相手や状況によっては、追撃せず起き攻めに移行した方がいいだろう。
しゃがみ強斬りでも対空はできるが、出がやや遅い。空対空は、近距離ジャンプで横方向に強いJ蹴り・J弱斬りを使うといい。
中間距離ではしゃがみ中斬りで立ち回るのが基本。立ち強斬りも意外とリーチがあるので、唐突に出すと当たることがある。
相手が嫌がって離れたらフェイントをまじえて「イーグルクロス」を意識させ、「ライジングスター」で落とすのが狙い目。
飛び道具を撃ってきた場合は武器飛ばし技で反撃するチャンスである。

この他、空中から銃剣の柄を振り下ろす中段突進技「スマートボム」や、
銃剣の柄でカチ上げ、ヒット時に追加で斬りボタンを押すことで、空中の相手に射撃で追撃する「グランドキャノン」、
ヒット時に「グランドキャノン」の追撃用の弾を増やす効果がある「ブルーアイ」を持つ(ただしラウンドが変わるとリセット)。
最大の16発まで溜めれば…(16:56頃から)

また、秘奥義として乱舞技「ゴールドラッシュ」と、武器飛ばし・武器破壊技奥義「スタチューオブリバティ(自由の女神)」を持つ。
前方水平に銃を撃つ武器飛ばし技は非常に発生が速く、相手の飛び道具をぶち抜く上にぶっぱなしてもリスクが少ない、と
剣サムの中でも屈指の性能を誇り、最も気軽に武器飛ばしを狙えるキャラ。
まぁ相手も警戒しているので、なかなかチャンスが来ないが。


弱点はジャンプ攻撃が全般的に弱く飛び込みにくい点と、剣サムで非常に重要な起き攻め受け身狩りがパッとしない点。
スピリッツは武器飛ばしが常に狙える剣スピが良いが、空中ガードがあり体力減少時に武器飛ばしが狙い放題になる斬スピ、
比較的発生の速い超斬りの一発がある怒スピ、そつなく戦える零スピなども悪くない。
ランク的には中堅~下位といったところ。

「胸に抱いた理想がある。思い描いた世界がある。

   そこに辿り着けねば、戦う意味がないんだ」


MUGENにおけるアンドリュー


現在、原作再現系で正規入手できるアンドリューは存在しない。下記の2体以外にkrunkest404氏も製作していたが現在入手不可。

  • もんたな氏製作 天下一剣客伝仕様
サムライキャラ製作に定評のある氏の作。
一部技のコマンドや性能にアレンジが入っている他、
6つのスピリッツ+家庭用限定だった魔スピが搭載されており、スピリッツゲージや零サム風の剣気ゲージも再現。
開発度75%ながら完成度は極めて高かったが、残念ながら現在は氏の活動休止とともに入手不可となっている。

数少ない動画出演

  • 大垣氏製作 月華の剣士アレンジ
直衛示源などの月華キャラを製作した氏による月華アレンジ。
剣サムの良心的火力と違い、月華らしい火力になっている。
エフェクトや演出面もしっかりと月華らしくなっており、
原作ではお手玉していた銃撃が超奥義以外だとコマ投げや乱舞奥義フィニッシュに撃つのみで重さを強調した演出になっている。
射撃ダメージはブルーアイを決めた数だけ永続上昇するので素直にコンボを決めるか、
昇華・乱舞奥義の事を考えてブルーアイで締めておくかの選択が重要となる。

ちなみに、モーションが完全新造になった潜在奥義ゴールドラッシュの、
フィニッシュ直前での相手の頭を連続で小突くモーションがなんとも ダサく 珍妙に見えるが、
氏曰くそのダサさがポイントとのこと。
とおもったら更新によって潜在奥義後半の演出が変更 普通にかっこいい締めになっている。
また、13年8月に全作り直しされシステム・性能面ともに月華らしさが上がっている。

AIはデフォルトでは入っていないが、月華キャラのAIを多数手掛けたHAL氏による外部AIが2012年2月に公開された。
なお、強さは「極>力>技」らしい。

出場大会

出演ストーリー

プレイヤー操作