世刻望

「全て無くなっても、俺は諦めない!だから!」


ザウスのシミュレーションRPGシリーズの『永遠神剣』シリーズ(PC版は18禁、PSP版はCERO C)の登場人物。 「せとき のぞむ」と読む。
第三作『聖なるかな』及びPSPの『聖なるかな ―オリハルコンの名の下に―』の主人公、第四作『聖なるかなスペシャルファンディスク』にも登場している。通称は「んへ*1」。
CVは島崎比呂氏。

原作でのキャラクター

物部学園に通う学生。この手のゲームのお約束としてもてまくるが超が付くほどの朴念仁。
だが、やるときはやる男。ただし、自分の身を省みない悪癖がある。
幼馴染に永峰希美、親友として暁絶がおり絶望した!、いずれも同級生。また、先輩の斑鳩沙月とも仲がよい。
普通の学園生活を送っていたのだが、ある日文化祭の準備中に物部学園ごと同級生達と共に異世界に飛ばされてしまう。
そして、沙月から世界は樹形図のような分枝世界がたくさんあり、それを滅ぼそうとしている「光をもたらすもの」という集団がおり
それに対抗する旅団という組織に沙月が所属していることを教えられる。
これを放置すると自らの世界も危なくなることを知った望たち物部学園御一行は旅団と協力しながら世界を学園ごと(ものべーの上のため移動可能)
移動しながら世界を助けつつ仲間を集めていくことになる。
なお、絶とは一時斬り合うことなるが和解して仲間になった後は非常に仲がよく、ヒロインたちからあらぬ疑いをかけられるほどである。

所持永遠神剣は第五位「黎明」。形状は二刀一対の直刀。
守護神獣は人型の天使「レーメ」。
レーメを名づけたのは望。由来は「れいめい」の神獣だから。
+ ネタバレ注意

ちなみに人気は低く、公式人気投票では18位。ヒロイン達はおろか、男キャラの絶やソルラスカ、神獣のレーメやものベー、敵キャラのエヴォリア以下である。
比較対象となるソゥユートの人気が高すぎるのも低評価に拍車をかけてしまっている感がある。
ゲーム自体の出来が「永遠のアセリア」に比べると落ちるのも大きい。
(主にシナリオとゲームバランスで。ただ細かなシステム面はかなり改善されている部分も多い。 それとCGも

原作中の性能

属性は白。主人公として攻防いずれも高い性能を誇り、非常に頼りになるユニット。
……なのだが、聖なるかなはIP修正に応じて行動順がまわってくるシステムをとっている。
そして、望のIP修正は全キャラ中でも最底辺。結果、前線にたどり着く前に戦闘が終わることがほとんどである。
もちろん、高いIP修正を持ちファイナルベロシティまで持つと組み合わせて前線に運ぶのも
出来なくは無いがそこまでするほど強いわけでもなく、それならもっと早いユニットと黒を組み合わせた方が早くクリアできるのである
(クリアターンに応じてクリアランクが変わりボーナスがもらえるためクリア速度は非常に重要)。
強さ自体も昔のスパロボのマジンガーZよろしく、強いのは最初だけ。防御はまだましだが攻撃力が微妙なのである。
特に最高難易度に必須の%攻撃スキルを覚えないので相手のHPがインフレしだすと完全に役立たずになってしまう。
最終パッチにより最高難易度の最後に覚えるスキルがようやく%攻撃スキルになったのだが、 属性以外の 他のヒロインたちのルートスキルのほうが
よほど便利でやはり立つ瀬が無かった。
一応、それ以外のサブ仲間よりは使えるくらいには強いのだが、シナリオ上の描写における望の強さは圧倒的であり
大活躍している状況が幾度となく描かれるのに、実戦でやることは先行部隊の撃ちもらしの残党処理という落差がどうにも情けなさを際立たせる。
SLG部分では最強・シナリオでは未熟者の前作主人公とはこんなところでも対照的だが、プレイヤー的に印象が悪くなるのはどちらかと言うと……
ゲーム的な部分と設定の乖離はままある話だが、それが悪い方向に傾いてしまったいい例である。

参考動画


MUGENにおける望

ナツユメ氏による原作スプライトを使用したものが公開されている。
神剣は叢雲でレーメも聖レーメだが、望はナル・ハイエターナルになってない設定とのこと。
また、黎明のモードも追加されている。
叢雲に食らい判定が無いため、牽制としては強力。
浮かせ技から追撃が可能なためそこからのコンボが主力となる。
ゲージ技は強力だがゲージ効率がそれほどいいキャラではないのでゲージの吐きどころは考える必要がある。
デフォルトで簡易AIが搭載されている他、suzuki氏によるAIが製作されている。


その後の更新で、叢雲版にNHE化スイッチが搭載された。このスイッチをONにした状態で12Pを選択すると、
性能が原作のレベル99時のものになる(Life8200・ATK550・DEF500 ライフは一桁下がっている)他、ナル・ハイエターナル状態になる。
+ 具体的な変化(readmeより抜粋)
この状態になるとレアアクマスーパーメカ翡翠といった面々を瞬殺し、
鬼巫女範馬勇次郎12Pなどに勝つ事が出来るようになる。
また、作者によればVer1.19のGM諏訪子に勝率2割ぐらいとのこと。
ランクとしては準神クラスかと思われる。


また、多くの聖なるかなキャラを作成したIF氏による望も公開されている。
叢雲を持ち、レーメが聖レーメになっているため、ナル・(ハイ)エターナルになった状態だと思われる。
キャラ性能としては、削り効果こそ付いているものの 通常技にも必殺技にも下段が存在せず投げもない ため立ちガード安定。
ゲージが溜まればアーマー付き近距離でガード不能・遠距離でコンボ可能に性能変化する突進技の「オーバードライブ」や、
ヒットした相手を拘束する「グラスプ」が使えるようになるため、それらを主軸に戦うべきか。
3ゲージ技は全体的に強力で、空中ガード不能でヒット・ガード問わず相手ゲージを2まで破壊する「ネームブレイカー」、
発動から攻撃まで時間差がある全画面攻撃の「オーラフォトンレイジ」や高威力の「イモータルウィル」がある。
特に「イモータルウィル」は出こそ遅いものの、
発動から攻撃終了後まで無敵が続き、画面の大半を覆う上フルヒットすれば約600ダメージ(ガードされても300ダメージ)
という凄まじいものになっている。
注意点としてはアーマー属性を持つゲージ技のオーバードライブ、エクスプロード、オーラフォトンブレイドを使用する場合、
暗転中無敵が設定されていないために相手の飛び道具などが重なってしまうと即死するため注意(IF氏曰く一応仕様らしい)。
また更新により一撃必殺技も搭載された。
瀕死時に3ゲージ消費で発動し、出の遅いガード不能のクロスディバイダーを放つ(この部分のダメージは200ほど)。
このクロスディバイダーの溜め動作中に打撃攻撃を受けると発動し、原作風演出のイモータルウィルを発動する。
成立時攻撃前に現れるパーティーメンバーに敵キャラのエヴォリアが混ざっている事もあるが気にするな!
更新版では氏自身によるAIが搭載された。
唯一の必殺技の昇竜技から強攻撃のクロスディバイダーに繋ぐコンボでゲージを溜めつつ強力なゲージ技を狙うAIとなっている。
が、飛び道具も突進技もゲージ技なため、相手が遠距離特化型の場合何もできずにやられる事も。
強さとしては(相性もあるが)デフォルトAIのユーフィーと互角程度。

また、多くの聖なるかなキャラのAIを製作したTry氏によるAIも公開された。


その他、ファイムパッチなどを製作したY.K氏によりIF氏の叢雲版とナツユメ氏の黎明版を元にして作られた望(+ジルオル)も公開された。
望は1P~5Pが黎明版、6P~11Pがナル・エターナル版となっている(エターナル化しているのに武器が黎明なのはFD版だかららしい)。
ジルオルは黎明版をベースに、ディフェンススキル・サポートスキルの技が殆ど削除されより攻撃特化の性能へと変化している。
+ 変化内容(readmeから抜粋)
なお、望とジルオルはDEFファイルで選択可能。
望・ジルオル共に現在のところAIは搭載されていない。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18853880

出場大会



*1
「ナル・ハイエターナル」→「NHE」→「んへ」。
語感の間抜けさからもお察しだが、どちらかと言えば蔑称である。



添付ファイル