T-8P型







格闘技:総合格闘
出身国:某国兵器開発室
身長:192cm
体重:238kg
製造年月日:1993年12月25日
血液型: -
年齢: -
好きな物: -
嫌いな物: -

「お前はスクラップ工場行きだ!

  地獄で会おうぜ、ベイビー!!」

1994年に彩京が製作した格ゲー『バトルクロード』のキャラクター。
NATOが極秘開発した戦術サイボーグの試作機。
無限に学習する演算装置を内蔵し、銃器類の扱いに長ける。
今回、新型サイボーグD-9F型の格闘能力テストに比較体として駆り出されるが、自重からくる純粋な破壊力は、新型をはるかに上回る。

誰もがどこかで見たような気がするが、あえて言わせていただくとするならば ターミネーター っていうかシュワちゃん
名前もT-800をイジっただけ(T- 8Pyaku )であり、上のセリフも『ターミネーター2』のあのセリフそのまんまであることは言うまでもない。アスタラビスター、ハハー!
骨格は金属(確認できるのはD9-Fだけだが)で、グラサンを外すと瞳(視覚センサー)の色が赤いが、これらも元ネタに忠実である。
ここまで遠慮なくそのままだと凄味すら感じるのは気のせいではあるまい。もしコイツが喋るなら間違い無くボイスであろう。
シュワちゃんが使える格ゲーはバトクロだけ!  え?コマンドー?あれアクションだからノーカンだよ
格闘スタイルも、空手やボクシングといった代表的な格闘技が並ぶ中、堂々と サイボーグ (実際には総合格闘技だが)としての出場である。リ…アル…?*1
どうでもいいが彩京公式サイトではD-9F型と 画像が になっている。

エンディングでは、「テストの結果は上々」という事で量産され、普及率が 一家に一台 にまでなるほどの大ヒット商品(?)となった。
一家に一台シュワちゃん と考えると、とんでもない世界だが。


原作での性能

D-9F型と共にサイボーグ枠での出場。なおサイボーグ枠のみ全ての性能が同じ完全な同キャラ。
詳しくはこちらを参照されたし。

打たれ強さが並でしかなく、頭部が打たれ弱く気絶しやすいというのも全く同じであるが、
こっちの場合は元ネタのことを考えると、余計になんでやねんとツッコみたくなってしまう。
T-8Pがもし涙を流せるのなら、泣いていい。


MUGENにおけるT-8P型

+ ですからー氏製作 アレンジ仕様
+ The_None氏製作 アレンジ仕様
+ パピット氏製作 「ルナパパ」

出場大会

凍結


*1  なぜリアルな格闘技をウリにしておきながらシュワちゃんを、いわんやサイボーグを出すという暴挙に出たのか?
それはリアルなゲームと言ったな?あれは嘘だもう一体のサイボーグ、D-9F型のモデルに関係している。

D-9F型のモデルは格闘家のディック・フライなのだが、彼の異名がそのものズバリ「サイボーグ」で、おそらくは
ディック・フライをモデルにしたキャラを出そう→本当のサイボーグにしよう→じゃあもう一人はターミネーターにしよう
という流れでこうなったのではないかと思われる。
いわゆる解る人にだけ解るネタの類であり、最初にシュワちゃんありきで考えられたワケではないのだ。
…まぁこれは経緯の推察であり、リアル指向のゲームにサイボーグを採用した理由の説明には一切なっていないんだけれども。