T-8P型







格闘技:総合格闘
出身国:某国兵器開発室
身長:192cm
体重:238kg
製造年月日:1993年12月25日
血液型: -
年齢: -
好きな物: -
嫌いな物: -

「お前はスクラップ工場行きだ!

  地獄で会おうぜ、ベイビー!!」

1994年に彩京が製作した格ゲー『バトルクロード』のキャラクター。
NATOが極秘開発した戦術サイボーグの試作機。
無限に学習する演算装置を内蔵し、銃器類の扱いに長ける。
今回、新型サイボーグD-9F型の格闘能力テストに比較体として駆り出されるが、自重からくる純粋な破壊力は、新型をはるかに上回る。

誰もがどこかで見たような気がするが、あえて言わせていただくとするならば ターミネーター っていうかシュワちゃん
名前もT-800をイジっただけ(T- 8Pyaku )であり、上のセリフも『ターミネーター2』のあのセリフそのまんまであることは言うまでもない。アスタラビスター、ハハー!
骨格は金属(確認できるのはD9-Fだけだが)で、グラサンを外すと瞳(視覚センサー)の色が赤いが、これらも元ネタに忠実である。
ここまで遠慮なくそのままだと凄味すら感じるのは気のせいではあるまい。もしコイツが喋るなら間違い無くボイスであろう。
シュワちゃんが使える格ゲーはバトクロだけ!  え?コマンドー?あれアクションだからノーカンだよ
格闘スタイルも、空手やボクシングといった代表的な格闘技が並ぶ中、堂々と サイボーグ (実際には総合格闘技だが)としての出場である。リ…アル…?*1
どうでもいいが彩京公式サイトではD-9F型と 画像が になっている。

エンディングでは、「テストの結果は上々」という事で量産され、普及率が 一家に一台 にまでなるほどの大ヒット商品(?)となった。
一家に一台シュワちゃん と考えると、とんでもない世界だが。


原作での性能

D-9F型と共にサイボーグ枠での出場。なおサイボーグ枠のみ全ての性能が同じ完全な同キャラ。
詳しくはこちらを参照されたし。

打たれ強さが並でしかなく、頭部が打たれ弱く気絶しやすいというのも全く同じであるが、
こっちの場合は元ネタのことを考えると、余計になんでやねんとツッコみたくなってしまう。
T-8Pがもし涙を流せるのなら、泣いていい。


MUGENにおけるT-8P型

+ですからー氏製作 アレンジ仕様
  • ですからー氏製作 アレンジ仕様
やはりというべきか案の定、シュワちゃん吹き替えといえばこの人、玄田哲章ボイスが多分に使われている。
ターミネーターに加えコマンドーのメイトリクスの台詞もじゃんじゃん聴けるので 組合員 には堪らない。
なぜか挑発やイントロで 敵をベネットと間違えている が、旧式サイボーグなので仕方ないだろう。

性能は「コンセプトは突進溜めキャラ」と氏のメモに書いてある通り、
アーマー付きの突進技「ターミネートアッパー」でガンガン突っ込んでいくキャラ。
通常技もリーチがやたら長いので使いやすく、対空には飛び蹴り「ニーミサイル」と対空投げ「ハイアングルジャーマンスープレックス」がある。
ゲージ技は判定が強く削りもでかい、ぶっぱでも十分強い「G.E M134」、
「ハイアングルジャーマンスープレックス」の強化版「ターミネートクラッシュ」と威力も性能も高いものが揃っている。
さらに「ターミネートクラッシュ」ではコマンドーでサリーに対して発言した あの名台詞 を披露してくれる。
壁際でのニーミサイルからターミネートクラッシュのコンボは、一部キャラには入らないものの、お手軽超火力コンボである。
ですからー氏の愛に満ちた、かなりの強キャラと言えよう。

Mouser氏のシェーファーにですからー氏のボイスパッチを当てれば
夢の玄田ボイスシュワちゃん対シュワちゃんも可能だ。

AIは標準で11段階調整可能なものが搭載されている。
+The_None氏製作 アレンジ仕様
  • The_None氏製作 アレンジ仕様
こちらも当然のようにアーノルド・シュワルツネッガーのボイスを使用している。
ジングルオールザ・ウェイ、バットマンなど地味に声の元は広い。
チェーンコンボ持ち、ワイヤーダメージありとコンボ性能は高め。
敵を凍らせる飛び道具Cyber IceballからのCyber Shootで技が変化するのはK'のようでもある。
コマンド投げCollateral Damageは掴みから方向キー下から時計回りというマッスルボマーのようなコマンド。
The Self-Terminatorではポチッとなしてしまう。威力は高いのでなかなか使いやすい。
イントロ、勝利ポーズではシュワ映画のシーンを再現しているのもがあるが、なぜか翡翠が現れるものもある。
AIも搭載。ニコ動では弱めだが…。
+パピット氏製作 「ルナパパ」
  • パピット氏製作 「ルナパパ」
ですからー氏作のT-8P型に目からビームを発射する必殺技と超必殺技を追加、カラーパレットの変更、
ボイスの変更を行った改変キャラ。変更されたボイスも玄田哲章氏のものなのだがキャラ名の通り
『瀬戸の花嫁』に登場するT-800のパロディキャラ『ルナパパ』を演じている時のものとなっており、
T-800のような台詞に加え、螺子の飛んだ親馬鹿台詞やギャルゲーのヒロインにコスプレした時の台詞を発する。
こっちもイントロで相手を娘と間違える時がある。AIは元々ものから追加されている必殺技に対応されている。
さらにはにゅう丸氏により(見た目のルナパパっぽさの)強化パッチが作られており、これを適用するとさらにルナパパっぽくなる。

ルナパパを知りたいならこれをとりあえず見ろ、でなければお前をターミネートする

出場大会

凍結


*1  なぜリアルな格闘技をウリにしておきながらシュワちゃんを、いわんやサイボーグを出すという暴挙に出たのか?
それはリアルなゲームと言ったな?あれは嘘だもう一体のサイボーグ、D-9F型のモデルに関係している。

D-9F型のモデルは格闘家のディック・フライなのだが、彼の異名がそのものズバリ「サイボーグ」で、おそらくは
ディック・フライをモデルにしたキャラを出そう→本当のサイボーグにしよう→じゃあもう一人はターミネーターにしよう
という流れでこうなったのではないかと思われる。
いわゆる解る人にだけ解るネタの類であり、最初にシュワちゃんありきで考えられたワケではないのだ。
…まぁこれは経緯の推察であり、リアル指向のゲームにサイボーグを採用した理由の説明には一切なっていないんだけれども。