永遠のアセリア


「ん、まかせろ」

Xuse製作の永遠神剣シリーズ第一作であるSLG『永遠のアセリア』のヒロインの一人。
「永遠のアセリア」は、エターナルになった後の名前で、スピリットの時の本名は「 アセリア・ブルースピリット 」。ブルーという名が示す通り属性は青。
CVはPC版が清水香、PS2版とOVAでは浅野るり、ドラマCDでは小倉結衣。
小倉氏は舞台劇でも俳優としてアセリアの役を担当している(当時は「すがのえみこ」名義)。

所持神剣は永遠神剣・第七位『存在』。主人公高嶺悠人が召喚されたファンタズマゴリアの内の一国ラキオスに所属するスピリット。
敵の攻撃を全く恐れないその戦闘スタイルから「ラキオスの青き牙」と恐れられるが、実は何も考えずに突撃してるだけだったりする。
ファンタズマゴリアではスピリットは兵器のようなものと考えられており、基本的に人権などは有していない状態であり、
アセリア達スピリットのほとんどもそれに疑問を持ったりはしていなかった。
アセリアが悠人と出会った当初は非常に人間味に乏しく任務を淡淡とこなすだけの存在であったが、
他の国との戦いを悠人と共に過ごす中で次第に打ち解けていくこととなる。
また意外に手先が器用で、ペンダントのようなアクセサリーを作る(剣の手入れと同じようなものらしい)ことを趣味にしており、
悠人の妹の佳織に『求め』の欠片を使ったペンダントを作ったりもしている。
ただ料理の腕前は壊滅的で、一度キッチンに立った時は家事の達人の助けを持ってしても大惨事が巻き起こった。
そのためかアセリアルート以外のEDでは任務の合間に料理の修行に明け暮れる姿が描かれている。
戦闘力に関しては、貧というよりも微。具体的には157cm 74/55/75のAカップ。
なお、これほどのまな板でも攻略可能ヒロインの中では全五人中三位。追加ディスクヒロインを入れても七人中四位と真ん中である。
年齢は21歳であるがファンタズマゴリアの1年は240日。つまり、地球換算すると……じゅうさn。まぁ人間ではないので年齢に関しては問題無いだろう

+ 後半の展開、ネタバレ注意

原作中の性能

ゲーム中の使い勝手は全難易度を通してヒロイン中一番。
主にその絶大な攻撃力を生かした前衛としての活躍が主になるだろう。
エターナル化すると自身の強化技も追加されるため、オールラウンダーとしての運用も問題なくなる。
ポゼッションで強化→エタニティリムーバーと攻撃すればほぼ大抵の敵は一撃の元に切り伏せることも可能。
ただ、ヒロイン中一番といっても他のヒロインが、
  • 魔法に対してを通り越してマグネシウムリボンのごとく燃える。尤も彼女に限らず本作の緑属性は全員マグネシウムリボンだが
    (メイン盾属性として最高の物理防御力を持つが、魔法防御力は0で更に2倍ダメージ。『聖なるかな』では2倍でなくなったが、やはり魔防0)
  • 超晩成で序盤は使い勝手が悪い。赤属性。
  • 最初は敵として登場するので参入が遅い。黒属性。
  • ラキオス王国王女(途中から女王)であり戦闘に参加しないので、使い勝手以前の問題。
と言った面子なので、消去法という感もある。
これは各ヒロインはエターナルになると強力なスキルを得られるのだが2周目に入ると当然初期はエターナルでなくなるため貴重なスキル枠(3つ)を圧迫してしまう。
そのため、覚えさせないことも多いのでその恩恵をあまり受けられないことも大きい。
続編の『聖なるかな』ではスキル入れ替えが可能になり改善されていたのだが、
その後出た完全版(というか全部のせのスペシャル版)アセリアでは旧仕様のままであった。それくらい何とかしておいてくれよ。

『永遠のアセリア』の青属性はアセリアのみならず、属性全体として非常に重要な色である。
これは、敵の赤のサポートスキルによる火力が非常に高く、サポートを無効化するサポートスキルを持つ青に一定以上のレベルがないと詰みかねないこと、
および(攻撃可能回数は少ないものの)直接攻撃力が高いので攻撃面での切り札となることにある。
その能力の高さを続編の青属性ヒロインたちも受け継いでいてくれれば…。

参考動画



MUGENにおける永遠のアセリア

泉戸ましろを製作した素熊氏による手描きのものが公開されている。現在ver1.02。
これで全技の搭載が完了したようである。動画の最後に製作中のドットが見えたりしたが。
『永遠』を持ったエターナル状態であり、通常技のモーションはましろを改変し原作のモーションを参考にして描かれている。
基本システムはましろと同様EFZのものを使用している。
地上コンボをメインにするましろとは対照的に空中コンボを重視する作りとなっている。
原作のサポートスキルはゲージ技となっており、相手の動きを止める、強制的にコンボを繋ぐ、ゲージをゼロにする等の効果がある。
唯一のゲージ使用の攻撃技である3ゲージ技「エタニティリムーバー」はほぼ即死級の威力を誇る。
またサポートとして旦那などを呼び出す技も持っており、ユーフォリアはゲージが上昇し、悠人はRFゲージの上昇速度が上がる。
全体的に高性能となっており、凶クラスを想定した性能にしているとのこと。
コンフィグで全サポートスキルをかけた状態にしたりサポートスキルの効果を永続化させたりも可能。
また、12Pを選択すると%攻撃(全攻撃割合ダメージ)化や防御力上昇が付与された金カラー性能のゴールドモードが起動する。
ただしデフォルトではdefファイルに記述が存在しないため、使用する際はdefファイルに「pal12=aselia.act」の様に書き加える必要がある。
代理公開先のゼクルス氏によるAIがデフォルトで搭載されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15654666

+ 各種技解説

また、まっしろ氏により製作されたボイスパッチがデフォルトで搭載されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15610089

2015年11月には旦那の改変パッチなどを製作した練習不足氏による改変パッチが公開されていた。
性能強化や無敵増加など複数のスイッチを搭載し、凶から準神まで対応可能。
現在は公開停止。

2016年4月には烏羽色氏による改変版が公開された。
こちらは某ゲームの某キャラを再現して作られたもので、元ゲーにおけるコンボや挙動の再現度は高い。
サポートキャラとしてユーフィーも呼べ、悠人とのコンビネーションアタックも使えるが技を使うにはスタミナゲージが必要。
スタミナゲージは時間経過の他ゲージ溜めでも回復するが、元キャラと違い溜め続けてもパワーアップはしない。
そのかわり技はパワーアップ後仕様になっている。
またオリジナル要素としてアイスバニッシャーが詠唱時間に比例してダメージと範囲が拡大するようになっている。 つまりは黒棺
最強技のエタニティリムーバーは強化技のビクトリーバースト中のみ使え、元キャラの超必殺技同様出は極めて遅いが当たれば即死する技となっている。
具体的には オーバーフロー+落下即死+超即死トムキラー
コンフィグでただの大ダメージにも出来るが、直死やプレイヤー消去にする事も可能(後者は非推奨)。
ただし発動後は自殺するため当てないと負けるので注意。わたし自身がエタニティーリムーバーになることだ。
一応設定で発動後の挙動を即自滅、Life500減少、Life250減少、変化なしから設定可能。
3Dの原作と違い避けられにくいがアセリアの背後画面半分ほどに行かれると当たらない。
この他、コンフィグでビクトリーバースト時の性能強化を友情(消費スタミナとダウン値減少)・努力(防御力アップ)・勝利(攻撃力アップ)から選択可能。
1Pから6Pまでカラーが上がるほど攻撃力も上がる他特殊カラーも搭載しており、
7P~11Pがライフ管理に加え条件を満たす間NOKO+カラーに応じて攻撃力上昇、12Pは対神仕様となっている。
デフォルトで簡易AIを搭載しているが、AI製作は歓迎とのこと。
注意点として、容量がやや重い(更新で多少軽くなったがそれでも解凍前で約55MB、解凍後で約82MB)ので注意。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28638651 http://www.nicovideo.jp/watch/sm28700057


プレイアブルなmugenキャラが完成する前から、アセリアは既にニコmugenにおいてかなりの知名度を持っていた。
それはのストライカーとしてである。
ユーフィーがピンチになりアセリアを呼ぶと、娘の敵の背後から正々堂々と『永遠』で何度も切りかかるのである。
子供の喧嘩に親が出るを地で行くあまりにもひどい光景からついたあだ名がモンペ(モンスターペアレント)。
まあ、ニコmugenにいる大抵の親子関係は悪い中、仲むつまじい光景と言えなくも無い。

出場大会

更新停止中

出演ストーリー

掃除屋 ガーネット



添付ファイル