GERTRUD


バラは僕らの女王様へ   悪いお花はギロチン送り
ヤァ!チョンと切れ   ヤァ!切り落とせ

                                        ──使い魔たちの囃し歌より

薔薇園の魔女。性質は不信。なによりも薔薇が大事。その力の全ては美しい薔薇のために。
結界に迷い込んだ人間の生命力を奪い薔薇に分け与えているが、人間に結界内を踏み荒らされることは大嫌い。
                       ――公式サイト「魔女図鑑」より

アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』に登場する魔女。公式な名称は「薔薇園の魔女」であり、
“GERTRUD”は本編登場時に表記された文字列(通称「魔女文字」)を、有志が製作した対応表により解析したもの。
書籍『魔法少女まどか☆マギカ 設定資料集』によると、読みは「ゲルトルート」。
同作における「魔女」の定義はキュゥべえワルプルギスの夜の項を参照。

アニメ本編において最初に登場した魔女であり、
粘液と薔薇に塗れた頭部に加えて巨大な蝶の翅、無数の触手と醜悪さを押し出した外見は、
視聴者に『まどか☆マギカ』における“魔女”がどういうものかを一見で理解させた。*1
カイゼル髭を生やした毛玉のような外見の使い魔“Anthony(アントニー)”並びに“Adelbert(アーデルベルト)”を操る。

原作においては第2話「それはとっても嬉しいなって」に登場。
第1話の時点で使い魔に鹿目まどか美樹さやかを襲わせたり、OLを自殺未遂させたり暗躍したが、
巴マミに自身の結界に侵入されてしまい、直接対決の末に彼女に討ち取られた。

なお、設定資料によると性質は「不信」であるにも関わらず、魔女の中で最も使い魔思いの魔女であるとされ、
一度に三種類(Anthony、小さなAdelbert、大きなAdelbert)も使い魔を持つのはこの魔女だけで
彼らのお髭を整えてあげるのも魔女自身がしており、劇中でも使い魔が殺された際に初めて動き出すなど
この一派の仲の良さは随所に見られる。

+ その正体

また、使い魔の“Anthony”はスタッフ・キャスト達に「キモカワイイ」と評判だったらしく、最終話にもちょっとだけ再登場している。

ちなみに、ページ冒頭の囃し歌は魔女文字の解読の切欠となった。
ドイツ語の歌と一緒に表示される魔女文字が、歌詞と対応していたのだ。


MUGENにおけるGERTRUD

ワルプルギスの夜の作者である、にんにく氏によって製作されたものが2011年8月23日に公開された。
原作の性質同様、試合開始時は相手をガン無視し、攻撃されるなどして初めて敵意を向ける。
ハイパーアーマーを常備しており、攻撃速度はゆっくりしている反面、威力は高い。
「肉質」、「薔薇園」、「怯み」など、様々な要素の変化によってスペックが変化する仕様となっている。
なお通常の大きさはとても大きく画面に入りきっていない。そして恐ろしく強い。
大きさを変えることで強さが変わるため普通のキャラと戦わせるときは大きさを変えて戦わせるといいだろう。

DLは以下動画に記載されたアドレスから。 人操作で本気バージョンを撃破した動画

他にはコイツのストライカーとして登場したりしている。

出場大会

出演ストーリー



*1
「シナリオには彼女を見たさやかが『うわっグロい』という台詞があるのに
 実際には見た目が可愛いらしいので、どうしたものかとシリーズディレクターに相談したのですが、
 とくに誰も疑問は感じてくれなかったみたいで残念でした」
(公式ガイドブック内 劇団イヌカレー両氏のコメントより)

……あえてコメントは差し控えたい。



添付ファイル