カティマ・アイギアス

「剣神と謳われた奥義、御見せしましょう。」

ザウスのシミュレーションRPG『永遠神剣』シリーズ(PC版は18禁、PSP版は15歳以上対象)の登場人物。
第三作『聖なるかな』、第四作『聖なるかなスペシャルファンディスク』、PSPの『聖なるかな ―オリハルコンの名の下に―』、に登場している。
CVは桜川美紅氏。

原作でのキャラクター

達が最初に飛ばされた「剣の世界」で出会うことになる少女。
元はアイギア国の王女であったが幼少の頃に家臣であったタラバダラバによるクーデターにより国を追われる。
その後は身分を隠しながら反乱軍の元でアイギア国復興のために戦っていた。
望達の協力の下、ダラバを倒し国を復興させ女王に即位する。その後国をほったらかしにして望達と行動を共にすることになる。
元々王女だけあって礼儀作法も身につけており、上品にして優雅な雰囲気を持つ。それこそこれのメンツに紛れてても違和感が無いくらい
一方で軍育ちであるからか性格は淑やかではあるがサッパリしており、正義感は抜群。
言動も基本的には落ち着いているが、空気の読めない一部の人間には毒舌を発することもある。
転生前が剣神であるからか見た目の割に非常に力が強く、腕相撲では無敗を誇るなど素の肉体能力も高い。
また、剣技も抜群。永遠神剣を持つと身体能力が向上することもあって作中でもトップクラスの腕前。先のダラバとも最後は一騎打ちでけりをつけた。
性格立場能力的に旅団の中でもまとめ役の側に入ることが多い。
もちろん、女性らしいところもありかわいいものが非常に大好き。特にちびものべーを前にしたときは完全に壊れた様相を示す。
前世は剣神アルニーネ・アケロ。破壊しか出来ない剣の神である自分はジルオルの眷属と考え、ジルオルに惹かれていたらしい。

所持永遠神剣は第六位TNTN「心神(しんしん)」。黒色をした大剣で刃を振動させ高い破壊力を発揮できる。
守護神獣はホラーエレメンタル「アイギアス」。代々アイギア国に伝わる神獣。見た目は非常にいかついが、カティマに非常になついておりかわいい様相を示す。

人気が出る要素を多分に持っており、異世界組の中では最初に登場するなどシナリオ中でも出番が多い、ゲームユニットとしての性能も高いなどの要素もあって
人気はかなり高く人気投票では第三位であった。カティマルートの評価は低いが

原作中の性能

見た目どおり、属性は黒。力自慢で武器も大剣とくればパワータイプとなってもおかしくは無いのだが黒属性ということもあって実はかなりのスピードキャラ。
元々のIP修正が高くファイナルベロシティにより高速行軍が行え%攻撃により後半のHPインフレにも対応可能とかなりの強ユニット。
ただし、これらは最強属性と言われる「聖なるかな」の黒属性3人に共通する要素。
ソルラスカは高い攻撃力と建築能力、高いIP修正。はサポート能力が優秀。
では、カティマはというと先の二人よりも最前線で長く働ける期間が長いことにある。ソルラスカが強くなるのは%攻撃が有効になってからなのだが
カティマは全体攻撃の紫晶國裂斬が非常に優秀で%攻撃がなくても常に第一線を張れる。最終盤においてもソルラスカほどではないが
サポートを入れれば敵を一撃で葬ることも可能な%攻撃により無双が可能。ファイナルベロシティはIしか覚えないものの後衛への直接攻撃などサポートもこなせる。
同属性にソルラスカがいるため最強に上げられることは無いがいるといないとでは大違いの超便利ユニットである。

参考動画


MUGENにおけるカティマ・アイギアス

Z.A.I.氏による原作スプライトを元に作成されている。IF氏の暁絶を参考にしたとのこと。
原作のゲーム部分でなく描写部分を元に非常に重量感のあるパワーキャラとなっている。
基本システムは他のなるかなキャラと同様空中ダッシュ、2段ジャンプなどがあるが地上はダッシュではなくステップタイプとなっている。
なお、ステップは対飛び道具には無敵。
通常攻撃は出の遅い2種類であるがどちらにも攻撃判定発生の直前まで有効なアーマーがついている。
このアーマーは必殺技にもついており、デフォルトでは通常攻撃は2Hit、必殺技は3Hitまで耐えられる(コンフィグで設定変更可能)。
アーマーという名ではあるがダメージは減少せず、投げに対しては無力なので相手にもよるがアーマー任せでごり押しはできない。
基本的には相手の攻撃にあわせてアーマーをぶつけて潰していくまさにパワータイプの立ち回りとなる。
+超必殺技の性能

1ゲージ

黒属性の強力スキルであるガード崩し設置の「アイアンメイデン」と、敵をスローにする「ファイナルベロシティ」はもちろん搭載されている。
ファイナルベロシティはソルラスカと同じく、絶のベロシティより効果時間が1/3になっている。
アイアンメイデンは他二人と違いカティマの攻撃発生が遅いため、使い勝手が若干変わってくる。
弱攻撃がガードされた時にキャンセルで使うと良い感じに崩せる。
空中ガード不可の「北天星の太刀」は、全技の中で一番発生が早く威力も範囲も強め。
コンボの〆や対空、切り返しなど使う場面は多い。

2ゲージ

地上に剣を突きさし、地上全体に攻撃する「紫晶國裂斬」はダウン追い打ちにも使える技。
発生も早いが威力はそこまで高くないため、ダウン相手のトドメ等に使うと効果的。
「メディテイション」は使用後自らの攻撃を当てるとゲージがMAXになるゲージ回復技。
使用後すぐに行動出来、少しの間敵が停止するためコンボの合間に組み込むことが可能。コンボの隙消しとしても優秀である。
メディテイション使用後は、数秒の間ゲージ技が使用不能になるが。
上手くまわしていくとゲージをふんだんに使った立ち回りも可能。
ただし、メディテイションには使用回数制限があるため計画的なご利用を(1ラウンドに2回、コンフィグで調整可)。

3ゲージ

「心神」による乱舞技の「布都御魂の太刀」は、動作中無敵の強力なカットイン技。
ゲージを奪う効果もあり、ダメージも5割と強力なスキルである。
神獣アイギアスを召喚する必殺技「ディバインインパクト」は、使用直後に2回、その後時間差で5回敵を斬る。
その性能のためコンボ繋ぎや固め等が非常に優秀で、通常コンボと少し絡めるだけで10割いけるという超性能技。
メディテイションで回復した後は、ぜひともこちらを狙っていきたい。

通常攻撃の発生が遅い分、ゲージ技は発生が早い物が多く無敵も多い。
上記のアーマーはコンボゲー等攻撃を連打出来る相手に非常に弱いため、ゲージ技に頼らなければいけない場面が多い。
総合の性能はなるかなキャラの中でもそこそこだが、全体的なコンボ火力が高く、攻撃が当たれば一気に持っていける一発キャラと言った所。

コンフィグで、根性値およびゲージの自動増加、ダメージ反射の特殊ガード、ファイナルベロシティのゲージ回収、アイアンメイデンのゲージダメージについて
onoffを設定することも可能(デフォはoff)。
2014年8月の更新で上記スイッチ全てが自動的にONになる「ハードモード」、
更に火力&ゲージ上昇速度二倍、防御力半減、各種ゲージ技威力増大などが施される「スーパーハードモード」スイッチが搭載された。

リュウセイ氏によるAIが存在していたが、現在は公開されていない。
普段は敵の攻撃を潰しながらメディテイションを狙って、3ゲージ技を叩きこむ戦法をとってくるが、
ライフが減ったりAIレベルが高いと、容赦なく10割を狙ってくるAIとなっていた。

また、Try氏によるAIも公開された。
AIレベルの他、ファイナルベロシティの使用条件やガード不能攻撃によるハメを使用するかなどを選択可能。
更新により10割スイッチ(リュウセイ氏のものとはまた別の動き)やアーマーモードへの対応、強攻撃のガード可否などが追加された。
現在氏のSkyDriveで公開中。

出場大会


添付ファイル