ゲッコー・モリア

「キシシシシシシ!!」

「早くおれを海賊王にならせろ(・ ・ ・ ・)!!! ()ぐに!!!」

『週刊少年ジャンプ』連載の漫画『ONE PIECE』の登場人物。

条件付きではあるが世界政府によって海賊行為を公認された『王下七武海』の一人。
身長 6m92cm 、年齢48歳の大男で結構高齢。七武海に入る前の懸賞金は3億2000万ベリー。
「他力本願」*1がモットーで好きな言葉は「お前がやれ」であり、大体の事は部下に任せている様子。

10年程前、新世界において現在の七武海・海軍本部と並ぶ三大勢力の一つ四皇の一人である『カイドウ』と渡り合ったとまで言われたが、結果はモリアが全ての仲間を失う形(恐らく全員死亡)で大敗している。
この体験からか、「仲間なんざ生きているから失う」と仲間を失うことに対してトラウマ染みた考えを持つようになり、
「死んでも代えの利く無限の兵士」であるゾンビを主な部下とするようになった。
そんなトラウマを抱えつつも似たような状況のサー・クロコダイルと違い海賊王への夢は諦めていない。
スリラーバーク編以降も再びゾンビ軍団を結成しようと考えるなど、中々諦めが悪い性格のようだ。
実は海賊王を志すと明確にしているキャラは意外と少ないので、まだこれから何か起こすつもりなのかもしれない。
実際、「海賊なんだ、海の上ならどこでもいい」や「本物の海賊には『死』すら脅しにならねぇ」といったセリフや、『自分が「麦わら」に倒されると世界政府が危惧している』と知ったときに本気で怒っていたりと、意外にも海賊の誇りを持った性格である。

「カゲカゲの実」の能力者で自分の影を自由に操る事が出来る
影を武器に変えて攻撃したり影を身代わりにしたりとその用途は多彩。
また、影は「本体に常に付き従う『もうひとつの魂』」であり、他人から切り取った影を死体に入れる事でそれを部下とできる(影は『影の支配者』であるモリアに絶対服従する)。こうして生み出された部下はゾンビと呼称された。
ゾンビの戦闘能力は影の持ち主の戦闘力に、ゾンビの強靭さは影を入れる肉体の強靭さに比例するため、
強力な戦闘能力を持つ持ち主の影と強い肉体を組み合わせれば、影や死体の元の持ち主よりも強いゾンビを作り出すことが可能。
更にゾンビなので不死身であるという、かなり都合の良い兵士を量産できるという恐ろしい能力である。
ただしゾンビは塩とが弱点で、塩を体内に放り込まれる、炎で死体を燃やされるなどされると、影はモリアの支配下から外れてしまう。
前述の理由からゾンビが部下の大半を占めるが、そうでない部下も3人だけいる(後述)。その3人とモリア自身をあわせ、『スリラーバークの4怪人』と呼ばれた。

+ カゲカゲの実の詳しい能力。ネタバレ要素多数

本編ではスリラーバーク編で初登場。村をひとつ乗せた巨大船「スリラーバーク」にてルフィ一味の影を奪おうとし、一時強力なメンバーの影を手に入れる事に成功したが、
影を入れると戦闘力が加算される性質を逆に利用され、100体の影を使用したナイトメアルフィにより形勢逆転され敗北。
最終手段として「影の集合地」を使用したが、影を制御しきれずに判断力を失い(そもそもいくらパワーがあろうとゴムであるルフィに打撃は効かない)、
ルフィの猛攻によってダメージが限界点に達し、全ての影を取り戻されるという完全敗北を喫した。
その後部下達の手でなんとか生き延び、エースの処刑をめぐるマリンフォード頂上戦争にも参戦。
しかし、ゾンビ兵はあっけなく弱点をつかれたり、白ひげの援軍に打ち負かされるなど他の七武海に比べて目立った戦果を挙げておらず、
その終戦後政府の命令を受けた他の七武海により「役立たず」として殺されかける。
しかし突如消滅(おそらくアブサロムが助けたものと思われる)し行方不明となる。
世間では頂上戦争で戦死したという虚偽の報道がなされ、七武海を除名された
実際は消えた際には瀕死の状態であり、生死は不明であるが…今後の再登場に期待される。

名前は「月光」や「蝙蝠(ゲッ「コー・モリ」ア)」、「Gecko(ヤモリ)」、「モリアオガエル」など、色々掛かっているらしい。
ケッロー・モリヤ?違う違う。

CVは同作でジンベエの声も担当している宝亀克寿氏。

+ 主な部下達


MUGENにおけるゲッコー・モリア

Revolber氏が製作したものが公開されている。
ドット絵板の氏のイラストにダウンロード先が書いてあるのでほしい人はチェックしよう。
手書きだが枚数が多くぬるぬる動き、また音声もアニメから多数持ってきている。
その分ファイルのサイズは大きめだが相応にクオリティもかなり高い。

かなり巨大なキャラで喰らい判定がかなり大きく、「原作でジャンプしてるシーンが一度もない」ということでジャンプも出来ない。
技は原作を中心にアニメやゲーム「アンリミテッドクルーズ」からも取り入れられており、一部格ゲー的にアレンジも加えられている。
主には自分の影を操り攻撃をする。影に攻撃を当てるといったん消えるので、出が早い攻撃を持つキャラなら潰せなくは無いが
後ろから攻撃してくる技もあり簡単ではない。また本体を攻撃されると影も消えるという弱点があるので
近づかれたら移動中無敵のダッシュや当て身技を使い逃げるか、影を引き寄せて身代わりにするといった行動をすると原作っぽい。

特殊なシステムとして「影法師ゲージ」と「影吸収量」がある。
「影法師ゲージ」は画面下にあるゲージの事で一部の技を出すのに必要。それらの技を使うと消費され攻撃を当てると回復していく。
「影吸収量」は必殺技の「俺の力となれ!」を使うと増え、一時的に一部技の威力が上がる。
重ね掛けが可能で何回も使ってから攻撃を当てるととんでもないダメージが出る。

また、条件は面倒だが即死級の超必殺技を複数持っている。
AIは簡易とのことだがデフォルトで搭載されている。
2015年の11月にyanagi氏によるAIが公開された。

専用ステージも製作されている。

出場大会

その他



*1
よく誤解されているが、「他力本願」は決して「他人の力に頼り切って物事を成すこと」という意味ではない。
仏教の一宗派である浄土真宗の開祖・親鸞聖人が生前よく用いていた言葉であり、「他力」とは「他人の力」ではなく「阿弥陀如来の御力」のこと。
「『南無阿弥陀仏』と唱えれば、どんな人でも死後、仏様から救っていただける。お浄土へ行かせていただける」という意味の言葉である。
親鸞本人もこの言葉が一般大衆に勘違いされて広まったことを気にしていたらしく、
経文などでもなるべくこの言葉を使わないようにしていたという逸話がある。「仏力本願」と言い換えたりとか。
と言うわけで原義からすればモリアのモットーを表すのにこの言葉は不適切なのだが、彼が登場した時点で既に誤解の方の意味で使う者が多数となってしまっており、
「お前じゃ役不足だ」「貴方では役不足ですわ」のように誤用も定着してしまえばその意味も正しくなるのが言語の特徴であるので、今は特に間違っているとはいえない。