ガンキャノン


「ミハル…俺はもう悲しまないぜ。
 お前みたいな娘を増やさないためにジオンを叩く。徹底的にな!!」

ロボットアニメ『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツ(以下MS)、型式はRX-77-2、UC0079年ロールアウト。
主役であるガンダムのサポートをするために開発されたMSであり、ガンタンクと並ぶ文字通りの名脇役でもある。
ガンダムと同系統のV作戦により開発されたMSという設定があるため、コア・ブロックシステムなどのガンダムとの共通点が多い。
劇中ではカイ・シデンが搭乗、劇場版ではガンタンクから乗り換える形でハヤト・コバヤシも搭乗した。
この他に独断で出撃したセイラ・マスの乗るガンダムを追って出撃したアムロ・レイも搭乗した事がある。
このガンキャノンは、ア・バオア・クーの戦いで大破、破棄されるまで活躍した。
作中ではその砲撃能力を発揮しガンダムを度々アシストした他、
真正面からリック・ドムのバズーカを受けても破損しない耐久性の高さに加え、
弾が無くなったらそこらに転がっていた岩を投げつけて敵を撃破する、
敵MSを後ろから突き飛ばして破壊するなど、脇役に留まらない名シーンが非常に多い。

主な装備はガンダムとは別型のビームライフルに、肩にマウントされたキャノン砲、頭部にはガンダム同様のバルカン砲を装備。
ビームサーベルなど白兵戦用の装備は無いが、接近戦に持ち込まれても素手による格闘で応戦が可能
(玩具用にナイフ状の「ヒートジャック(ヒートナイフ)」と言う武器も設定されていたが大人の事情からか無かった事に)。
肩のキャノン砲は換装が可能なようで、劇中には登場しなかったが「スプレーミサイルランチャー」という武器も存在する
(無かった事にされたヒートジャックと違い、こちらは商品化やゲーム出演に恵まれている)。
また、「量産型ガンキャノン」「ガンキャノンII」といった派生機も後付け設定としてデザインされている。

ガンダムより重装甲で、ガンタンク同様に砲撃を得意とする
(ただしゲームでは主役補正のせいか、ガンダムの方が固い事も多い)。
そしてガンタンクと異なり素手ながら十分な格闘戦をこなす事も出来る「距離戦向けメカ」(ただしゲームでは格闘が出来ない事も多い)。
実際に上述のアムロ・レイが搭乗した際には素手でザクIIを撃破しており、その基本性能の高さが窺えるだろう。
この能力と外見は、所謂「距離戦向けメカ」の手本の一例となった。
(ガンタンクは人気が無かったため無視された。下半身キャタピラなんてダサいし
OVA『機動戦士ガンダム0080』では量産型ガンキャノンが登場した……のだが、
劇中では出撃直後にケンプファーに僅か5秒で撃墜されてそのまま映像作品に出てこない、
「恐らく映像登場時間最短記録の金字塔を樹立するMS」と言わしめるほどであった。

……のだが、実は他にきちんと出演している映像作品が存在する。
OVA作品『SDガンダム 夢のマロン社 宇宙の旅』において、宇宙旅行に出発したSDガンダムキャラ達のツアー一行が、
時空の狭間に放り込まれ、なんと宇宙世紀本編の世界に飛ばされてしまい、一年戦争最前線のジャブローに迷い込んでしまう。
その際、流れ弾から逃げるSDキャラ達の眼前に現れたのが、この量産型ガンキャノンだったのである。
はじめはMSにしては微妙なサイズの彼らに躊躇したものの、取り敢えず両肩のキャノンを発射。
SDキャラ達を彼方へ吹っ飛ばしてしまった。
ちなみに本機体は量産型であるものの、カイ・シデンの搭乗したものと同じ108号とナンバーが付いているので、あるいは………
(状況証拠としてこの作品では「デザインは0080準拠だがカラーリングはTV版準拠」というMSが幾つか出ている)。
OVA『機動戦士ガンダム0083』にも「ジムキャノンII」と言う同コンセプトのMSが登場している。

また、RXシリーズの3機の中で最も完成された機体であるという設定がある。
その完成度が評価され、コアブロックシステムをオミットした以外は、
ほぼオリジナルのままの量産機が生産された機体でもある(前述の量産型ガンキャノンとは別物)。
この量産型は「宇宙、閃光の果てに…」や「ジオニックフロント」等の各種外伝作品で見る事が出来る。

しかし時代が進み、UC0087年の『機動戦士Ζガンダム』のMS世代になると、
ビームライフルの性能向上と一般化により、中~遠距離狙撃機体というカテゴリー自体が消滅してしまった。
要はガンダムタイプ(近距離戦向けメカ)のΖガンダムでもガンキャノンより射程が長くなってしまったため、専用のカテゴリを設ける必要が無くなったのである。
更に同じ時代のはずのUC0079年を舞台にした『機動戦士ガンダム第08MS小隊』でも、
狙撃用ビームライフルの射程は(ガンタンクの)キャノン砲と同等かそれ以上という描写がされてしまった。
尤も砲撃と狙撃では用途が違うし、巨大な冷却装置がセットで運用には難があり、MSが運ぶ移動砲台と言えなくもない。
MSである必要が無いシステムだが。

一応はUC0088年にメタスをベースとしたガンキャノンディテクター(長距離砲撃はMA(宇宙戦闘機)に変形して行うと言う名前が同じだけの別物)が製造され、
UC120年代ではMSの小型化を図る「フォーミュラ計画」の一環としてキャノンガンダムやGキャノン、Gキャノン・マグナ等も製造されていたが、
技術力の向上により機体の基礎性能も上がるにつれ、純粋な砲戦用MSはその数を減らしていき、
ジェスタやF90、Vガンダムの様な汎用機にキャノン砲を追加するというタイプが主流となっていった。
またはガンダムF91の様に最初からキャノン砲を搭載しているが、どんな距離でも最強な万能型の登場によりそもそも不要となっている。

+その他のバリエーション・オマージュ
  • フルアーマーガンダム・ガンダム6号機マドロック
共にガンキャノンのようにキャノン砲、追加装甲を装備したUC0079年のガンダム。
ただし、追加装甲を装備したフルアーマーガンダムはデータだけの機体で実戦参加が疑われているという設定。
マドロックは開発に関わった士官が連邦軍でも屈指の砲術のエキスパートとして設定されている為か、
主に活躍した小説版ジオニックフロントにおいては、「むしろガンキャノンを参考にした設計と運用法を与えられた機体である」という旨の記述がある。

  • リメイク漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』におけるガンキャノン
本作ではガンキャノンは物語開始前から量産されている旧式機で、ザクIIより弱い。
そのためやられ役として撃破される描写も少なくないが、ア・バオア・クー戦ではカイ機とハヤト機は原作と異なり破損する事なく物語を終了している。
また、当作品でもガンダムがキャノン砲を担ぐオプションが存在する。

  • 外伝作品『機動戦士ガンダム サンダーボルト』におけるガンキャノン
設定としては本編のガンキャノンと同一の機体という設定なのだが、
『サンダーボルト』においては多くのメカが現実の宇宙船や宇宙ステーションなどを彷彿とさせるリアルな方向でのリデザインをされており、
ガンキャノンもその例に漏れずデザインにかなりのアレンジがなされている。
大きな変更点として、キャノンの装備位置がジムなどと共通した宇宙用の大型バックパックに変更されている。

劇中では主人公が所属する「ムーア同胞団」に補充されてきた学徒兵の機体として登場。
同僚のジム・ジムキャノンと共に出撃し、ガンダムの強襲で大きな損害を被ったジオン相手に奮戦するが…。

  • 『機甲戦記ドラグナー』
ファーストガンダムのオマージュ作品である『機甲戦記ドラグナー』では、
主役機の1機であるドラグナー2型(通称D-2)がガンキャノンのコンセプトをしっかり踏襲している。
またD-1にもフルアーマーガンダムのようにキャノン砲を担ぐ追加装甲があったが、作画が面倒だったのでパージして敵にぶつけた事で失われた。
ガンタンク?D-3は電子戦特化機ですが何か?
なお、D-1にも「アサルトナイフ」が装備されていたのだが、大人の事情により使われる事は無かった。D-2じゃないのかよ。
そもそもD-1はレーザーソードを装備しているので完全に非常用だが。エクシア?知らん。

  • 『ガンダム00』2ndシーズン
リボンズ・アルマークが搭乗する機体、リボーンズガンダムは「リボーンズキャノン」という砲撃形態に変形可能であり、
ビジュアルもガンキャノンっぽく変わるとしっかりオマージュされている
(というか先にキャノンが出て来て最終回に続いたため、
 お茶の間は「どうせ変形するか0ガンダムに乗り換えるに違いないラスボスはガンキャノンなのか」と騒然となった)。
なお、「リボーンズタンク」への変形機構も搭載する予定だったが没になったという裏設定(リボーンズガンダム・オリジン)が存在し、
どっかのAC作品に出てきそうなフロートタンクっぽい感じに変形する。キャタピラつけて最終決戦は流石にダメだったかー
余談だがなんでリボーンズガンダムがキャノン(と初期設定ではタンク)に変形するかというと、パイロットのリボンズ・アルマーク役の…じゃなかった、
蒼月昇氏が「一人V作戦をやりたい」と提案したため。流石超大型新人、並みの新人には恐れ多くて出来ない事を言ってのける。
設定上では元々はキャノン、タンク、ガンダムは別々の機体で、三機による連携を前提として設計されていたようだが、
リボンズ・アルマークが「他人をまったく信用しない上にあてにもしない」性格であったため、三機を一つにまとめたリボーンズガンダムを設計したらしい。
あ、ちなみに上記で「ラスボス云々」とか言ったけど、最終話の途中で破壊されて全視聴者の予想通りリボンズは0ガンダムに乗り換えましたとさ。
鳴り物入りで出てきて予想通りってそんなわけないだろと思われる人もいるかもしれないが、
1stシーズンでも金ジムと言う前例があったので00だといつもの事である。
更に主人公も最終決戦では1stシーズンの主人公機に乗り換えており、因縁の旧式機対決となっている
(因縁とは、少年兵だった頃の主人公の前に突如現れ戦争を終わらせた0ガンダムの存在こそが、彼の「ガンダム=神」と言う考えの元であるため)。

ちなみに外伝作品ではリボーンズガンダムのプロトタイプとして1(アイ)ガンダム、及びGNキャノン(ガンキャノン)が登場している。
直球過ぎるネーミングとか言っちゃダメ。

ゲーム作品においても、主人公機であるガンダムのお供という事で多くの作品に登場。
ガンダム(ホワイトベース隊)が出てくる作品なら参戦確率はほぼ100%と言っても過言ではないだろう。
本来の機体がないので代わりに乗っているケースもあるが。
スペック面に関しても作中での扱いを色濃く反映しており、中距離での戦闘が得意となっている。
『スパロボGC』及び移植版の『XO』ではドラグナーとも競演し、D-2とも一緒に並んで戦う様が見られるようになった。
『機動戦士ガンダム 連邦VSジオン』を筆頭に、「VSシリーズ」と呼称されるゲームシリーズにももちろん登場しており、
ガンタンク同様に遠距離砲撃が可能な機体となっている。
+作品ごとの詳細とか色々
ガンダムvs.シリーズでは、『連邦vsジオン』~『エゥーゴvs.ティターンズDX』の宇宙世紀シリーズと、
PSP版『ガンダムvs.ガンダム』並びに『ガンダムvs.ガンダムNEXT』に参戦。
共通してビームライフルとキャノン砲の併用で弾数管理がしやすく、重めながらそこそこの機動性も持つ。
格闘も一応あるが、発生に難があるものが多く自衛および確定追撃用の域を出ない。あと何故か格闘モーションはほぼ全て打撃系のプロレス技。
ΖΖガンダムの件といい、カプコンのガンダムチームとプロレスは切っても切れない関係にあるようだ。

『連邦vsジオン』では着地直前に空中からキャノンを撃ち、着地硬直狙いの相手をカモにする戦法が目立った。
が、前述の通り機動性はそこそこ止まりなので、可変機登場によりスピードアップした『エゥーゴvsティターンズ』では評価を下げる事に。
PSP版『ガンダムvs.ガンダム』並びに『ガンダムvs.ガンダムNEXT』ではカイが固定パイロットとなり、
新たに特殊格闘で岩をブン投げるようになった。れっきとした原作再現である。
岩はかなりの耐久性があるので飛び道具の大半を打ち消して飛んでいき、弾速が遅いものの誘導性は高く、
さらに高威力な上に弾数無制限。ライフル・キャノンと併用すれば余裕のある弾数管理が出来る。
なお、岩を破壊出来る飛び道具は相手のガンキャノンの岩、モビルアシストを除くとバスターシールドだけが確認されており、
名前に反して石破天驚拳では破壊されない。
さすがに天驚拳を打ち消しはしないとはいえ、カイはどこの岩を使っているのか…。
地上で使う場合は岩を地面から取り出すのだが、どう見ても岩なんてなさそうなグリプス内部やフロンティアI外壁でも平気で取り出す。
空中で使う場合は空から岩が降ってくる。どちらにしても謎の岩である。
小ネタとして岩投げ後に下入力でダウン状態に移行し、その状態で左右に入力すると『連邦vsジオン』時代のダウン移動が使用可能。
モビルアシストはミハルの操るガンペリー。ゆるやかに突撃しながらミサイルを6発発射する。主に牽制や相手を動かす用途に使われる。

その後、VSシリーズが次世代の『EXTREME VS』シリーズに移行した後はガンダムのアシスト攻撃としての登場にとどまっていたが、
家庭版で展開した新作『VERSUS』、及びアーケードの新作『EXTREME VS2』にて久々にプレイアブル化。
『EXVS2』では最低コスト帯の1500コストとして参戦。
『NEXT PLUS』『VERSUS』同様BR、キャノン砲、巨岩などの射撃武器を駆使して戦う射撃向け機体なのは変わらないものの、
今作では後サブ射撃のキャノン砲連射を地上で使うと、入力中に限りロック距離が無限になるという唯一無二の特徴を持つ。
これにより、遮蔽物さえなければあらゆる距離から相手にプレッシャーを掛けたり、着地を取ることが可能。
ただ、相手もその事をわかっているので実戦では非常に狙われやすく、使い手の自衛能力が問われる。
覚醒技は特殊射撃の岩投擲の強化版「岩投擲【巨大】」。

『Gジェネレーション』シリーズでもやはり知名度の高さ故か、参戦回数自体は多い。
容量問題のある携帯機シリーズ以外は大体出ている。
ただしガンダムやガンタンクほど発展性・将来性があるワケでないため、「キャノン持ち」として設計素材としてキープされるのが関の山で、
機体の性能自体はまぁまぁ使える程度なので愛がなければ使われない。大体は開発でガンダム系に移行されるだろう。
なお、『OVER WORLD』では各種砲撃機とリボーンズガンダムの組み合わせで設計出来る。
まぁ、最初のマスターがリボンズでない限り使う機会は皆無だが…。

一方、スーパーロボット大戦シリーズでは旧シリーズ(第二次~第四次およびF・F完結編)でこそ皆勤賞だったが、
αシリーズ以降はΖガンダムの原作再現から入る事が多くなったせいか、登場機会が少ない。
さすがにファーストガンダムがストーリーに絡む『GC(XO)』や『OE』などでは出てくるものの、
機体だけ参戦の作品ではハブられる事が多い。
ガンダム、ガンタンクと合体攻撃がある『GC(XO)』はいいのだが、『OE』だとグループ単位で見ても、
ラストシューティングが追加されるガンダム、地上戦の鬼である機動戦士ガンタンク、移動役及び宇宙戦に強いGファイターと、
周囲が尖り過ぎててどうにも影が薄い。主な用途は精神コマンド要員のカイさんの運搬などと言われる事も
そんなガンキャノンだが、実は初代『スーパーロボット大戦』では 数多のガンダムに囲まれてガンダムチームにいる という謎の優遇を受けていた。
ガンダムチームで他に主役機じゃないのは百式(別名:δ(デルタ)ガンダム)だけなので、本当になんでガンキャノンがいるんだと突っ込みたくなる
マジンガーチームサポートロボがいるがそもそも主役機が少ないから仕方ない。
 サポートロボがいないゲッターチームは1話限りのゲストメカであるテキサスマックとゲッターQまで出張ってるし)。
チームにいるという事は、 主人公にする事が出来るという事でもある 縛りプレイじゃない限りしないだろうけど
HDリメイク版では、本編クリア後の追加要素として一度でも仲間にした事のある機体でドリームチームが編成可能になったので、
主人公として活躍させるならならこの機能を使わない手はないだろう。
なお、オリジナル作品のみで構成されたOGシリーズでは、新規機体としてガンキャノンをオマージュした「シュッツバルト」なる機体も登場する。

『機動戦士ガンダム』から『0083』までの機体を網羅した、オンライン対戦型ゲーム『戦場の絆』にも登場。
最前線から一歩引いた場所から弾幕を張ったり、あるいは前衛の攻撃を避けて硬直の出来た敵機を狙ったりする「射撃」カテゴリーで登場
(ただし「狙撃(ジムスナイパー)」と「砲撃(ガンタンク)」があるので5種類あるカテゴリーの中では真ん中の射程)。
兵装を選べば、相手拠点に大打撃も与えられる(本作では専用の兵装以外で拠点を攻撃しても雀の涙にしかならない)。
ただし、対拠点兵装を選ぶと全機体中でも屈指の高コストになってしまうので、味方機のチョイスを見て空気を読む必要がある。
また、敵も拠点防衛の為に『08小隊・震える山』で自らを犠牲にしてでもガンタンクを破壊したグフカスタムのごとく攻撃を仕掛けて来るだろう。
キルデス厨なら怪しいが。

『ガンダムトライエイジ』では0弾「進化への序章」から参戦。
…なのだが参戦が早過ぎたせいで型落ちが著しく、高レアも0弾Mレアのみと正直不遇。
同期で扱いの近いガンタンクが割り切った高耐久・低スピードと、地上・砂漠適性の高さでまだ需要があるのに対し、
性能的によくあるガンナータイプのテンプレで地形適応にも恵まれない(一つも◎以上の適性がない)上に、
どういうわけか「赤い機体」にカウントされていないためリボーンズガンダムをはじめとする大量の上位互換機に押されている。
逆に考えれば適正が×の水中・砂漠以外ではそつなく戦えるという事でもあり、
敵の攻撃から味方をかばう「鉄壁」や、ラウンド開始前に攻撃しダメージを与えると同時にアタックを減少させる「狙撃」など、
アシスト用として考えれば優秀なアビリティが揃っている。
特に特定機体と出撃させると強力な効果が発揮する「小隊」はかなり有用になっており、
ガンキャノンの場合はガンダム、ガンタンクと出撃させるとラウンド1突入時にGパワーが+4される「ホワイトベース隊」。
Gパワーは必殺技発動時に必要になるため、序盤から強力な必殺技でガンガン攻める事が出来る。
アビリティを生かしきる事が出来ればチームを支える縁の下の力持ちになってくれるだろう。
そういった意味では原作再現されている……のかもしれない。
OPERATION ACE 06では機動戦士ガンダム放送開始40周年記念のキャンペーンカードの1枚として収録され、0弾以来の高レアとなった。
必殺技は「パワフル・キャノネード」。
両肩のキャノン砲で敵を狙撃し、ダメ押しにもう一発食らわせる。
下位必殺技「240mm低反動キャノン砲」も肩のキャノンを使用した攻撃となっており、通常技(パンチorビームライフル)の使い回しではない。

パイロットのカイ・シデンも同時参戦。TV版準拠なのでハヤト・コバヤシは専用機パイロット対象外。乗った事のあるアムロ・レイも対象外。
登場する全弾においてノーマル止まりであるため主人公達と比べるとパラメータ上昇値は低めだが、
パイロットスキルは一度だけ受けるダメージを半減、撃墜時敵のスピード-1000等地味に強力なものが多い。
この辺りもらしいといえばらしいか。

また、「肩に大砲を担ぐ」というシンプルかつ分かりやすいデザインから、それっぽい見た目を指すスラングとして使われる場合がある。
このwiki内の項目で言うとこの方とかこの子とか(後者は生みの親に「そう呼ばないで」と言われているが)。

+大人の事情
実は元々は『機動戦士ガンダム』の企画が煮詰まる以前、
『フリーダムファイター』と呼ばれていた頃の主人公機「機動歩兵」はガンキャノンに近いものであったが、
監督の意向により、俗に言うスーパーロボット風のデザインを経てガンダムが主人公機になったという経緯がある。
その後主人公機のデザインが描き直されたのに続き、現在のガンキャノンが描き下ろされた。

ガンタンクは「キャタピラメカは子供に人気があるから出すように」と言うスポンサーの命令が原因。学習してないのか?
某シリーズで新幹線やドリルメカが常連なのも同じ理由であり、仕舞いにはドリル列車なんてのもあった。
監督の富野氏はそれが気に入らなかったらしく、スポンサーの枷が外れた映画3作目では、宇宙に上がった際に前述の通りガンキャノンに替えてしまった。
足なんて飾りとはいうが、宇宙ではキャタピラは足枷にしかならなかったようだ。
Gメカとコアブースターも同じ経緯があり(パワーアップメカを出せと言うスポンサー、玩具玩具した内容が気に入らない監督)、
映画版ではGメカに替わって戦闘機のコアブースターが登場している。
その結果ビグ・ザムへの特攻が「Gメカにガンダムを格納し、一撃食らっても次に繋げられる」勝算のある作戦から、
単なる捨て身の突撃になってしまった為に賛否両論になってしまった。

そういった経歴を持つGメカだが、実は映画版でもア・バオア・クーでの決戦にチラッと写っている。
映画版では別の連邦軍艦隊に配備されていたのだろうか。


MUGENにおけるガンキャノン

ギャンなどのガンダムキャラを多く製作したtaurusac195氏の物が確認されている。
2パンチ2キックの4ボタン仕様で、グラフィックは『機動戦士ガンダム EX-REVUE』の物、英語ボイスも入っているがカイの声だろうか。
パンチやキック等の格闘らしい通常技の他、飛び道具としてキャノン砲からピンク色の砲弾が放たれる(元ゲーム準拠)。
ビームキャノンじゃねえんだからさ。モバゲーのガンダムロワイヤルでビームキャノンっぽくなってるのだが
キャノン砲は立ったままと伏せながらの上下撃ち分けが可能、強版なら3連射するがギリギリコンボにならない絶妙すぎる発射間隔。
超必殺技はちゃんと連続ヒットするキャノン連射。
1ゲージなのに800ダメは叩き出すが、これは氏製作キャラの基準LIFE値が 3000 である事が一因であろう。
外部AIは確認されておらず、そのまま戦わせても強い印象は無いが、
超必の火力が(MUGEN全体で見れば)べらぼうに高いため事故勝ちも有り得ると言った所。

なお、ファイルの解凍について少々特殊な部分があるので、初めての氏のキャラを手にする人は注意。
詳しい事は同氏制作のギャンの項目を参照。

出場大会

削除済み

出演ストーリー



添付ファイル