美神令子







「極楽へ、行かせてあげるわ! 」

1991年から1999年まで「週刊少年サンデー」で連載されていた椎名高志の漫画『GS美神 極楽大作戦!!』の主人公。
1993年4月から1994年3月までの期間に『GS美神』のタイトルでアニメ化もされ、
1994年には原作と同じ『GS美神 極楽大作戦!!』のタイトルで劇場公開もされた。2009年にはパチスロ版も登場した。
アニメ版の声優は『らんま1/2』の久遠寺右京などを演じた鶴ひろみ氏。パチスロ版の声優は三石琴乃氏。

優れた容姿とバツグンのスタイル*1(身長164cm、B/W/H:90/58/90、Fカップ)を持ち、常にボディコンなのが特徴。
その格好故、パンチラや時に全裸を披露することもあるが(アニメ版の放映時間は日曜朝)、椎名故致し方なし
一般人とは比べものにならない程の非常に高い霊力を幼少より持っており、依頼で妖怪や悪霊などを退治する
ゴーストスイーパー(略称:GS)」なる職に就いており、 ライトセイバー 神通棍や精霊石等といった武器を使いこなす。
潜在能力を引き出す修行をした後は神通棍を使う際に霊力のムチのような形状になる。
ちなみにこの修業は精神と時の部屋的な効果があるが、能力的な成長期を過ぎていたために横島などと違い多少時間経過が発生している。

性格はとても我が儘でプライドが高く高飛車。
ゴーストスイーパーとしての腕は超一流だが、代わりに超高額な依頼料をふんだくる。*2
ちなみに何処ぞの闇医者と違い、自分絡みで余程の理由がない限り貧乏人を自ら救済したりはしない。*3
金と他人からの恨みをたんまり抱え込んでいる極道の親分などが主なお得意様。
一度霊的事案を解決する公的機関「オカルトGメン」(要はオカルト専門の警察官。公務員)になったときは、
あまりの薄給に発狂しかけた
そのがめつさは人外にも広く知られており、味方である神族などの軍勢が敵の超兵器の標的にされかけたときに、
中々信じようとしない彼らをなんとか説得しようとして、「全財産かけてもいいから!」と言ったら、
全員が「あの美神令子が全財産?」と、信じて逃げたほど。
その一方で、従業員である横島忠夫(声:堀川亮のアルバイト高校生)やおキヌ(声:国府田マリ子の幽霊)への給料は極度に渋る。
横島は時給250円(後に255円にアップ)、おキヌは日給30円
連載当時と現在では物価が多少違うとはいえ言うまでもなく労働基準法を逸脱しているが、
横島は金目当てというよりはスタイル抜群の美人の傍にいられることを喜び、
おキヌは幽霊故に生活費諸々が必要ないため(性格が天然なうえに死んだのが300年前なため、世間知らずというのもあるが)、
2人ともそれなりに満足しているのだが。

基本的に 外道な 合理性・効率性及び結果を重んじる性分で、卑劣な手段・戦法も平気で使い、敵・味方問わず色々な者から 「最低」「クソ女」「鬼」 などと言われている。*4
それと関係しているのか、後にゴーストスイーパーの弟子となった横島の成長や、彼に対する恋愛感情を素直に認めていない。
しかし、何だかんだ言いつつも面倒見の良い面もあり、GS見習いとなった横島が初めて一人で除霊をすることになった時は、
こっそり後をつけ、ピンチの時に気付かれないよう手助けをしている。
極端にがめつい面も、照れ隠しをしている部分があるらしく、師匠や仕事仲間からの救援要請などには
口では文句を言いつつも駆けつけている。今風に言うなれば、極度のツンデレである。 デレることは滅多にないけどな!
その為、意外にも仲間たちからも慕われ頼られている。
まぁ、その仲間たちも 頭がおかしい 奇人変人に人外ばかりだったりするが。

+ 本編ネタバレ

いかなる神や魔に対しても決して恐れる事の無い、というか例えば敵対したとある神に対して
「年増」「おばはん」とか平然と言ってのける程に『恐怖心』という概念がほぼ完全に欠落している彼女ではあるが、
実はゴキブリが超がつくほどの苦手である。
事務所にゴキブリが大発生した時は、某猫型ロボットよろしくミサイルで周辺一帯を吹き飛ばそうとした程。
ただしとある薬で人型になったゴキブリは普通にしばき倒している。

+ その前世は……?

尚、作者のお気に入りなのか、一種のファンサービスなのかは不明だが、氏の後の連載作品にゲストとして顔を出すことがある。*5


MUGENにおける美神令子

Werewood氏のものが存在している。
ドット絵はスーパーファミコン用ソフト『ゴーストスイーパー美神 除霊師はナイスバディ』のものを使用。
原作ゲーム

AIはなく技も6種類程度しかないが、所々アニメ版の音声が使われていたので懐かしく感じられた。
……が、現在DL出来る最新版では、何故か音声がこのキャラのものへと差し替えられている。

出場大会

その他出演動画



*1
このスタイルを維持するためにも莫大な金や労力を掛けているようである。
その為か太った者を見下す発言をし、作中ではある魔神像の前で「デブ」「自己管理の出来ない不摂生」など罵詈雑言。
(なお作者は「漫画家って不摂生になるよね」と単行本の折り返しでコメントしているので微妙に自虐か)
怒りに触れて呪われた美神は、その真相が重力操作であると発覚するまで体重計の動きを見てルームランナーで猛ダッシュを始めるなどする。
無論それには一切効果がない、どころか余計に増えているのに怪しむ事なく暴走。
周囲が気づいて止めるまで、とにかくカロリー消費の為に動いて憔悴するほど「デブった」「痩せなければ」と、見栄と意地を張る為に空回りをかましている。

*2
上述のように、彼女は神通棍や精霊石を始めとしたありとあらゆる霊的攻撃アイテムを使いこなす。
しかし他の仲間と違って(費用が掛からない式神などのような)特殊能力による攻撃手段を持たない上、神通棍以外の主力武器は軒並み高額な消耗品。
(破魔札1枚 数万円~数千万円 、精霊石に至っては 1粒数億円
除霊に要する経費の額を考えれば、法外な請求報酬も無理からぬことなのだ。
追記すると「節約」も困難である。破魔札の下限は確かに数万だが、低額札は能力も比例して低く、
横島がケチって低額札を使った時はほとんど効果がなく相手を怒らせてしまい、結局それなりの金額の札を使う羽目になった。
逆に精霊石はSTGで言うボムであり、強い魔神の攻撃などから身を守る切り札として劇中何度も活躍している。つまり金をかける=強い=命を守るが成立した世界なのだ。
精霊石に関しては攻撃型の能力を持つ同業者たちも買い求めており、「ジャパンマネーは生きていた」と驚かれるような巨額が飛び交っていたりもする。

……それを抜きにしても本人が金にがめついのは確かだが。巨額の脱税を指摘されたりしてるし。
尚、除霊や悪魔祓いには複数の方法があり、「霊力を込めて聖書を読む」「成仏するよう説得する」という方法もあるのだが
(美神のGSとしての師匠は神父)、「まどろっこしい」「性に合わない」などの理由で、そうした方法をとる様子はない。
また、とある事情で軍事利用を目的に人工的に生み出された魔獣と戦った際には
「人造魔獣じゃない、本物のアンタと戦いたかった」という発言もしており、強敵と戦って捻じ伏せるのが楽しみの一つでもある様子。
ちなみに自前で核シェルターを持っており、その中には大量の金塊などを隠し持っていたりする。

*3
この辺は彼女の前述の部分、師匠の神父も影響している。
彼はいわゆる聖人的というかお人よしな聖職者という性格で、聖書による除霊などが行えるのもあって謝礼を断るような清貧型の生活をする。
しかし美神は「あの客からは普通に取れたはず」「自分が貧乏生活でどうする」といい人すぎる神父の仕事が対価に見合っていないのに怒っていた。
尊敬する相手の歯がゆい行動への態度ではあるが、この事もあってかカネと、そしてそれを使った自分の享楽的な生活=現世利益最優先!という態度が強いようである。
某闇医者ともう一つ違う点としては、世間や人の評価を気にしてメンタルが普通〜弱い時の方が優しくなる事か。
自分のせいで何かあって後ろめたい、流石にこれはやりすぎたかと感じた時に妙に優しくなったりする。

*4
とは言え、美神たちの敵が行う行為の中には「魔界と人間界の反転(人間界が魔界化する。環境は激変し、作中では陸に上がった魚のように人類は死ぬと魔族が言っている。
世界すべてがメガテン系で言う異界や受胎後の東京のようなものと化すと言ってもいい)」など、
正々堂々やって負けたら人類すら終わるレベルの内容も普通に含まれている。
世界滅亡の危機レベルでなくても、早急に対処しないと人的被害が出るような事件が多かったし。
美神など一部の強いスイーパーが対抗できるだけで、妖怪などは基本的に人間よりずっと危険で強いものも普通にいるのだ。
勝つ手段が多いに越したことはない職だから多少はね?

また、広範囲に根を張る植物型の敵に呪いをウィルス化した弾丸を打ち込むなどは普通のものと見られている。
美神の言われるあれこれは、一般的なバトルものにおける人質など”戦士の風上にも置けない”とか”鬼畜外道”のようなものと言うより
相手のプライドとか正統派の性質をスルーしているという、変化球や隠し球に対するブーイングのような面が大きいと思われる。
相手を小馬鹿にして怒らせ、冷静さを失わせるているのは「そういう戦術」ともいえる。

*5
ただし、『絶対可憐チルドレン』では、おまけ四コマのおまけとしてアニメ版のDVDボックス発売記念の宣伝に登場。
小学生時代のと横島が兄妹かと思う程セクハラのレベルが同じである。