ティーラ






「フフフ・・・愚か者が・・・」





タイトーから発売された対戦型格闘ゲーム『カオスブレイカー(ダークアウェイク)』のラスボス

ダークエルフという種族の女王。
封印された太古の竜を復活させ世界を破滅させる事を目論み、その為に種族問わず多くのものを生贄に捧げてきた。
ゲーム中に出てくるプレイヤーキャラのダークエルフがやっているのも生贄探しである。
命令に従ってるというよりは自分が竜の力を手に入れる為だけど。

ストーリーでは辿りついたキャラを最後の生贄にすべく戦う。
敗北すると自らを生贄にささげ、竜を復活させる。

戦闘では判定の強い通常攻撃と性能のいい飛び道具や超必殺技。
そして超反応のダッシュ相殺と投げを駆使するCPUのラスボスらしい戦いをする。
一部の攻撃がガードして確反なのでそこで反撃するのが主。

ステージBGM

家庭用が発売された当時のコンボムービー(今はもっとやばい)


MUGENにおけるティーラ

Werewood氏(現:Borewood氏)により製作されたものが存在する。
MUGEN1.0専用…と書かれているがwinでも問題なく動作するようだ。
単体で戦うものと、マンティコアと名無き王(ドラゴン)を引き連れて戦うものが存在し
それぞれ別のdefがあるのでそれを登録すればいい。マンティコアと名無き王も同様に単体として使える。

単体の性能としては攻撃判定が非常に強い、というかでかい。
そして自重しなければほぼどこからでも10割コンボが可能。
技も波動、昇竜、突進、当て身、設置とそれぞれ性能が良い物がそろっている。
特に超必3つに至っては発動中完全無敵でうち1つがガード不能。
ただし超必以外は無敵が無く、外した時の隙は大きめで、特に設置の距離を見誤ると手痛い反撃を受ける。

3体で戦う方はマンティコアや名無き王に行動をさせる技が追加されているが、一部の技が封印されている。

両方とも標準でAIが搭載済み。
他には闇ポッポ氏がロダにてデフォルトAIを元に3体セット用の外部AIを公開している。
そして2017年12月10日、くねくね氏によって単体用のAIが本体同梱で公開された。
10段階にレベル調節可能で、昇竜系の技である「ライジングサンダー」が追撃可能になった為 永久にお手玉が可能
離れていると高性能な飛び道具を連発し、迂闊に接近すれば容赦なく昇竜での永久を叩き込んでくる。
この他、ジャンプ高度にも調整が入っている。のだが、上記の戦法が強力すぎてあまりその恩恵が感じられなかったりする。






「主よ!わが魂を最後の糧に!」






出場大会