ズフィルード

「さあ、いでよ…バルマリィの創世神、ズフィルードよ…!」


バンプレストの『スーパーロボット大戦』シリーズに登場する、ゲームオリジナルのロボット。
初出はこいと同じく『新スーパーロボット大戦(以下新スパロボ)』。以後、様々な作品で登場する。
しばしば「ズフィールド」と誤植されるが、「ズフィ ルー ド」が正解なのでお間違えなく。

バルマー帝国最強の機動兵器と呼ばれる機体。バルマー帝国の超大型母艦「ヘルモーズ」に一機ずつ搭載されている。
その形は定まっておらず、メギロート等の偵察兵器が敵対勢力の情報を採取し、
体を形成している物質「ズフィルードクリスタル」が自らの形を得た情報を元にした姿に変えていく。
スパロボαでは幾度もSDF艦隊と戦ったため、魔装機神サイバスターや真ゲッターマジンカイザー等の情報を参考に形成された人型タイプ、
αの文中、そして第三次αに出てきたズフィルードは、ゼントラーディの艦隊と争っていたため、顔が正面に付き体が大きなクリスタルの塊となる戦艦タイプであった。
その性能は、たった一機でゼントラーディの一個艦隊を壊滅させられるほど。

αで出現した人型タイプは準ラスボスポジションだけあって非常に性能が高く、火力面では前哨戦のヘルモーズともども極悪な攻撃力を持ち、特に必殺技のジーベン・ゲバウトは装甲とHPをフル改造したスーパーロボットでも一撃で即死or瀕死に追いやるほどだった。
第3次αの戦艦タイプはHPが高く、さらにバリアや移動後使用可能なMAP兵器を持っているものの、αほどの厄介さは見受けられなくなった。 あと非常にダサい。

パイロットは主にラオデキヤ・ジュデッカ・ゴッツォ。
ゼ・バルマリィ帝国辺境銀河方面監察軍所属の第7艦隊司令官であり、ヘルモーズの艦長も務めている。
副長ユーゼス・ゴッツォと共に地球圏にやってきて、念動力者「サイコドライバー」や、数々の超兵器を発掘・採取するために地球へ偵察・攻撃を仕掛けてくる。
非常にカリスマ性が高く、数々の部下に加え、地球圏の名高い人物たちを味方に引き入れる手腕をもつ。
+ その正体(αシリーズ設定)


MUGENにおけるズフィルード

hyuga氏によるαのスプライトを使用したものが公開されている。
元のスプライトがかなり古いが、MUGEN上であまり違和感なく動かされている。
氏のキャラ特有の派手なカットインやエフェクトはもちろん搭載され、戦闘が非常に賑やか。
攻撃中にはスーパーアーマーが付属され、単発火力が非常に高いボス仕様となっている。
AIは標準搭載されている。

出場大会

  • 「[大会] [ズフィルード]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル