ガンダムヘビーアームズカスタム

   「俺はトロワじゃない。物心ついた時から戦場にいる、名も無い兵士だ。」

形式番号 XXXG-01H
全高 16.7m 重量 7.7t

『新機動戦記ガンダムW_Endless_Walz(以下EW)』に登場するMS(モビルスーツ)。
TV版で活躍したMS「ガンダムヘビーアームズ改」とは設定上同一の機体なのだが、EW公開にあたってカトキハジメ氏によってリデザインされた。
呼び方は「ガンダムヘビーアームズ改(EW版)」「ガンダムヘビーアームズカスタム」など。
パイロットはTV版と同様トロワ・バートン。

TV版との性能の違いは、片手ではなく両手に実弾式ダブルガトリングガンを装備(TV版はビームガトリング)、
さらにミサイルは肩のホーミングミサイルと足のマイクロミサイルが逆になっており、弾数もそれぞれ増えている。
なお、ナイフがなくなった、とされているが小説版では弾切れになった本機がナイフを使っている場面がある。
また、カラーリングが元の赤とは違いダークグリーンとなっている(ゲーム媒体などだと紺に近い色にされることも)。

四機とは違い、TV版との外見上の変更はほとんどなく、カラー変更だけにとどまっている。
これはヘビーアームズの設定上どうしても無骨なデザインにせざるを得なかったようで、翼やマントと言った有機的な物は付けられていない。
しかし、作中では何気にMS大のピエロの仮面を付けてたりしている。性能には関係ないので、おそらくトロワの趣味。
とは言え、カメラアイを半分隠して大丈夫なのだろうか…
スパロボではトロワ本人までわざわざピエロの仮面を付ける。

作中では、すべての弾から信管を外し戦場に降り立ち、敵を殺さずに戦うという戦法をとっていた。
敵のサーペントは自身の量産型とも言える機体であるため、おそらく使用しているガトリングは規格が一緒のはずだったのだが、
トロワは敵から弾を奪うようなことはしていない。おそらく信管が抜かれてなく、敵を殺してしまいかねないからだろう。
マリーメイア軍との抗争後、役目を終えたヘビーアームズはデスサイズサンドロックと共に持ち主の手によって自爆された。

余談だが、いくら信管を抜いた状態とはいえ、全身爆薬庫のヘビーアームズで大気圏突入するという無茶っぷりは良くネタにされている。


各種ゲームでのヘビーアームズ

PSソフト「新機動戦記ガンダムW THE バトル」ではOVAデザインで「ガンダムヘビーアームズカスタム」の名義で登場。
ガトリングとミサイルによる遠距離タイプの機体。
ちなみにエネルギー消費技はダブルガトリングのみ。ミサイルはエネルギーに関係なく使用可能。

「Gジェネ」「スパロボ」などにおける立ち位置はアレンジ前の記事が詳しい。
+ 『EXTREME VS』では


MUGENにおけるガンダムヘビーアームズカスタム


天田志朗氏からTHEバトルのドットを用いたものが公開された。
スウェーやスラスター(3段ジャンプ)、必殺技などだいだい原作通りどおりのようだが、以下のような違いがある。
  • しびれ攻撃未実装
  • エネルギー制限がないので、ガトリングの弾切れが起きない
  • 超必殺技は標準のパワーゲージを1ゲージ消費
  • 体力30%以下のときに2ゲージ以上あれば防御力上昇
  • 1ボタンでハイパーアーマーが付く。性能は以下の通り
    • ハイパーアーマー時の見た目はハッチをフルオープンしている
    • (ハッチオープンなのになぜか)防御力大幅アップ
    • 使用できる技が4つのみ
    • 振り向き、ジャンプ、スラスター不可
    • 速度ダウン
    • ガトリングにエネルギー制限あり(ただし自動回復する)
    • 1ボタンでアーマーをOFFにできる

また、Z.A.I.氏によるスーパーロボット大戦APのスプライトを使ったヘビーアームズカスタムも公開されている。
両腕がガトリングガンのため通常攻撃はバルカンと胸部ガトリングとなっており、必殺技で専用のゲージをそれぞれ消費する。
また、マイクロミサイルとホーミングミサイルはOVAではなくTV版と同じ型がホーミング、脚がマイクロである。
最新の更新で、まさかの昇竜技「曲芸ジャンプ」が追加。弾が切れてもクルクルジャンプで戦えるようになった。
リュウセイ氏によってAIも公開されている。


出場大会



添付ファイル